鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今年もおしまい。

12月31日
Fish On!鹿留 6:00~17:00 晴
釣果 ニジマスとヤマメ20匹くらい

さて、今年も終わりだ(書いているのは新年なので妙な気持ちだが)。
年末の釣り納めに向かうのは鹿留。
恒例の奈良子カップは、まあいつものように振るわない結果で終了して
来年の釣り運に早くも暗雲が立ち込める。




このままでは今年を終われないので、表彰式を挟んですぐにまた釣りに行く。
大晦日なのに混んでるなぁ……日本は平和だ。
人の隙間を見つけてはディープミノーを沈めていく。
魚のいるところまで十分に沈めて、ちょんちょんと煽ると
興味を持ったニジマスがやって来る。

そんなことをしているとなべさんとから坊さんがなにやら遊んでいる。
クランクのみを使っての釣り勝負だ。
自分も混ぜてもらったのだが、水が澄んでいて追ってくる魚がよく見える。
追ってきて、追ってきて、追ってきて……あとわずか数ミリというところで、ふいっとUターン。

それがあまりに面白いので、あきちゃんとみやさん(ネタ要員)も誘ってコーヒーマッチ。
魚の扱いには人一倍精通している(はず)なべさんですら連続でバラすプレッシャーの中、一人また一人と順当に抜けていき、最後まで残ったのは自分とみやさん。
みやさん頼むよ、いつものようにネタを出してくださいよ!
ところが期待を裏切ってみやさんは釣ってしまう。
あわてた自分はせっかく釣った魚をありえないスピードで寄せてきて、あっさりバラす(もう何度目?)。メンタル弱いな。
いやー、冷えた体にコーヒーが美味い。
自分で買ったやつだけど。

最後はポンドに戻ってなぜかミノー縛り。
何も釣れなさそうな湖面に向かい、一同並んでひたすらミノーを投げまくる。
ところがしばらく続けているうちに、なんと野生児あきちゃんがロッドを根元からひん曲げている。
釣り上げたのは大イワナ。その後も6センチミノーでどんどん大物を釣っていく。
この男、やはりただ者ではない…。


時刻は夕刻。
あと数時間で今年も終わりだ……
今年一年を改めて振り返ってみれば……

って、そんな情緒まったくない!
いい年した大人が何人もやたらと熱くなって
もうなにもかも忘れてトゥイッチをしまくってる。
魚の活性が上がったのか、ずいぶんとミノーを追ってくるのだ。

目の前に魚がいるのに、昔を振り返っていられるほど老成してはいない。
過去の10匹もいいけど、自分が大切にしたいのは小さくてもまだ見ぬ1匹だ。
そら来た!イトウだ!
奮闘したけどでかすぎて、まったく寄せられないままバラしてしまった。


これで今年も本当におしまい。
2008年も釣りに行きますので、よろしくお願いします。
で、結局ミノーでは釣れなかったのと
隣であきちゃんがイトウまで釣っていたのはナイショだ。


ヒットルアー ツインクル45SD  ツインクル70S 



c0062039_18393041.jpg

[PR]

by masuturi | 2007-12-31 23:46 | 釣行記2007
<< 苦いスタート。 これじゃなきゃダメなんだ。 >>