鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最後のイワナ。

10月14日
神ノ川支流 15:00~18:00 曇
釣果 イワナ1

前日は手痛い洗礼を浴びてしまったので今日も釣りに行きたい。
嫁の顔色うかがいながら掃除に精を出す。
部屋の隅に積んであった釣具だって片付けちゃう(ふりしてフック交換)。
さらに洗濯も効をそうしたようで午後から釣りに行く。
さてどこに行こう?




c0062039_0363536.jpg

今年の最後は大滝を見に行こうと、少し日の傾いた林道を急ぎ足。
ところが入渓点を覚えていなくて、神ノ川本流を行ったり来たり。
ようやく沢の出会いについたときには午後3時。
ここから大滝まで行って4時半、帰ってくるのが5時。
日が暮れても林道にさえ出ればなんとかなるでしょうと
相変わらず自分の足を過信して沢に入っていく。
でも気はあせるので、ちょっとだけ小走り。
岩から岩へぽんぽんと飛び移っていく。
c0062039_12465810.jpg

今の時間は釣り人はいないが、一向に魚も見かけない。
二つ目の滝つぼでようやく魚を確認。
イワナらしいその魚影は白泡の中から何度もルアーを追ってくるのだけれど、勢いよく流されるルアーにどうしても追いつけない。
そんなことを繰り返しているうちに自分の方がじれったくなってきてしまい、諦めて滝を登っていく。一段と傾いた太陽がなんだかもの悲しい。


川や石の様子は抜群なのだけど、じっくりと丁寧に攻められない。
ルアーもあれこれと交換ばかり。
そして魚は一段と遠のいていく。

こうなったら滝は諦めて(もともと無理な時間設定だったけど)、最後に一匹釣って帰りたい。
そう考え直してみたものの、どこか気はそぞろ。
ぱらつきだした小雨が余裕のなさに拍車をかける。
もうダメかな……そんなことばかり考えていたところ、いきなり手元まで衝撃が走る。
がっつりとルアーを咥えこんで、狭い滝つぼを行ったり来たりするのはイワナだ。
大きさも引きもごくごく普通のイワナだったけど
ここしばらく釣った魚の中ではダントツにうれしい。
c0062039_13262448.jpg

これで気分よく帰れるはずなのに、今日はなんだか名残惜しくて
あの岩の上まで…
あのカーブまで……
そうやって少しずつ引き返すのを伸ばし伸ばしにしてしまう。
c0062039_13384032.jpg

魚も居つけないような樋状の滝が延々と続いているところで、ようやく帰る決心がついた。
蔓を引っ張り、食べごろのアケビを二つ。
イワナの思い出と一緒に、お土産にと持ち帰る。
自分の進む先からは、ぴぃーーっ!ぴぃーーっと鹿の鳴き声。
大丈夫、そっちには行かないよ。
これからうちに帰るんだよ。

今シーズンも怪我なく無事に終えられました。
ご覧いただいているみなさま、ご一緒した方々
どうもありがとうございました。


ヒットルアー  mogミノー
[PR]

by masuturi | 2007-10-20 13:50 | 釣行記2007
<< 釣りZANMAIな日。 早戸に秋風。 >>