鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

北の夏休み。

8月13日
一迫川支流 5:00~15:00 晴
釣果 ヤマメ25匹くらい

嫁の田舎は宮城県。
今まで知らなかったけど、これを聞いたとたん『でかした!』と叫んだ。
今年の夏休みは、おじいちゃん(会ったことないけど)やおばあちゃん(会ったことないけど)と仲良く過ごそうじゃないか!
ただ孫のダンナは夜まで帰ってこないので、あまり一緒に過ごせないのが申し訳なかったと今になって思うわけです。




c0062039_22133325.jpg

昨日は鬼首を流れる荒雄川で一日遊んだ。
堰堤で埋もれた本流に大量のニジマスを放流してC&Rと称している川だ。
大勢のフライマンに混ざって一人ルアーマン。
ニジマスも十分釣ったし、日差しはキツいし、どっか沢にでも入ってイワナなんぞ釣りたい気分。
ただC&R区間以外には人もいないが、魚もいないのである。


そして今朝。
猛暑の東京で描いていたイメージは『東北のクマでも出そうなブナの森で、ひっそりイワナ釣り(&たくさん釣れたら昼寝も)』だった。
朝靄が漂うこの穏やかな川は、まさにイメージにぴったり。
期待に胸を弾ませて、ヒザ位の流れに降り立った。

ところが、思わぬ誤算!
都会人の甘い夢だったことをイヤというほど思い知らされる。
アブが。
でかいの小さいの、常に20匹くらいのアブが。
そいつらがブンブン、ブンブン飛び回って
瞬時でも立ち止まろうものなら一斉に指先に集まってくる。
リールを巻いてても、チクッ!
ルアーを投げてフェザーリングしようとしたら、チクッ!
痛くて痛くて、釣りにならない。
残念だけどもっと下流に場所を移そう。
c0062039_22463341.jpg

今度は田んぼの間をゆったりと流れる里川。
ところどころにある深みを覗くと、ヤマメが何匹も泳いでいる。
さすが東北!
蜘蛛の巣がちょっと邪魔だけど、ポイントごとにヤマメが飛び出してくる。
c0062039_2331678.jpg

25~6センチのよく太ったヤマメ。
こんなのが次々と釣れるからたまらない。

ミノーにはもの凄い反応を見せるけど、追ってくるのは一度っきり。
二度目は絶対にない。
そのアンバランスさが妙におかしく、かつ難しい。
ところがミノーを変えると、またもの凄い追い方が復活する。
どうやら銀色のミノーの反応がいいみたい。
ここぞとばかりに、いろんなミノーが登場。
takiミノーにカムチューン、mogミノー……どれもこれもよく釣れる。
c0062039_2336295.jpg

見た目のショボさから、ちょっとだけ釣るつもりだった川で結局一日遊んでしまった。
尺ヤマメも何匹か混じって大満足。
夏休みはこれでおしまい。
久しぶりに太陽と田んぼに囲まれた夏を過ごした。
c0062039_23445074.jpg


ヒットルアー  さまざまなミノー
[PR]

by masuturi | 2007-08-14 23:48 | 釣行記2007
<< これも夏の思い出。 今日はそんな日。 >>