鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

鹿留超特急。

12月4日
Fish On!鹿留 7:30~12:00 曇/雪
釣果 ニジマス15匹くらい

我ながらよくやる…と思いながらも、釣具屋フィッシャーマンの大物釣り大会に参加。
なんか最近、鹿留でしか釣りしてないなぁ。
はっ!これってもしかしてベテラン(古強者)!?
じゃあそろそろ結果が出てくるのを、期待してもいいんじゃない。

いや待てよ待て。
大会は無欲で望まなくちゃ(ベテランの心得其の①)。
それと鹿留は寒いからその対策も(ベテランの心得其の②)。
あとは?あとはなに?
フィッシャーマンのお姉さんはかわいいってことぐらい?


曇ってはいるものの意外に暖かな朝、大会が始まった。
さて……魚の様子はどうだろう。
深みに潜っているらしく、まったく魚の姿は見えません。
それでも前日の奥多摩湖よりは遥かにマシなので
気にせずボトムを探っていく。

ぽつぽつと釣れてはくるものの…検量にはほど遠いサイズばかり。
風が吹いた瞬間だけライズがあるので
そんなときは表層を釣ってみる。
ちょっとだけ大きめの37センチ。
結局これが自分の最大サイズ。
優勝者は70センチくらいだったらしい。

大会の途中から雲行きはアヤシクなり、とうとう雪が降り出す。
初雪。
だけど大雪。どんどん振ってくる。
投げたルアーの行く先もよく見えない。
しかたないので、ここで中止。
もう弱音はいてたんで、正直助かりました。

記念品に管釣り入門ビデオをもらったので
隣で釣りしていた人にあげてしまう。
こういうのはもう伸びシロのない人間よりも、未来ある若者が見るべきなのだ。


ヒットルアー D-ダイレクト タング2.3g アルフ2.7g

by masuturi | 2005-12-04 22:32 | 釣行記2005
<< すそのは、むしろネコパークだった。 おおダムダム人。ダムダム人よ。 >>