人気ブログランキング |

鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

鹿留で寒い結果。

10月23日
Fish On!鹿留 7:00~11:00 晴
釣果 ニジマス5

鹿留で釣りの大会がある。
早朝5時という『ソレハ夜ダヨ』的な時間に集合したものの
寒さのあまり車から外に出られない。おいおい…釣りなんかしたら死んじゃうよ。
こないだまで夏だったのに。
汗とかだくだくだったのに。

寒くて頭が働かない。
『管釣りって、ようするに軽いスプーンを表層でゆっくり引っ張ってくりゃいいんだろ?』
という、偏見に裏打ちされた思い込みを
打ち消すだけの方向性が見出せない。
なので、それでやってみることにしよう。
ところがスタート直後に立て続けに何匹も釣れた(しかも全部バレた)。
これが原因で表層を狙い続けるという、誤算を犯すこととなる。

浮いている魚は、姿が見えて楽しい。
しかもそんな魚が、なまじ追ってくるから厄介だ。
ルアーまであと数センチ……のところまで追うだけ追ってきて、帰っていく。
そんなワルに翻弄され、弄ばれ、捨てられた。
あっという間に時間は過ぎ、気づけば前半は1匹しか釣れていない。


途中でボトムがいいよ、との有力情報をいただくも
今からではトップ集団に追いつくことも敵わなそうなので、このまま表層狙い。
ほとんどの魚は水面下に姿を消してしまったが
たまに変わりモノの鱒がちょっかいを出してくる。
周りの参加者たちは底を狙っている中、一人でそんな鱒を相手にしてみる。
変わりモノ同士ちょうどいい。

結局5匹で終了。
1位の27匹とはだいぶ差があるなぁ。



大会が終わり、池から殺気が消えたとたんに
魚たちはまた浮き上がってきた。
スプーンを表層に通してみる。
今度は群れを成して追ってくる。なんかどんどん釣れる。

遅いって!!(血涙)
c0062039_2121722.jpg

ヒットルアー マーシャルトーナメント1.2g マーシャルトーナメント0.9g 

by masuturi | 2005-10-23 20:43 | 釣行記2005
<< 鹿留の鱒は酸っぱいに違いない。 九月、十月。 >>