人気ブログランキング |

鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

九月、十月。

10月1日
芝川 5:30~12:00 晴
釣果 イワナ1 ニジマス2

明け方、寒さのあまりに目が覚めた。
フリースを引っ張り出してきて、もう一眠りする。
前日から釣りに来ていたが、そのまま車中に泊まり
十月も釣りが許されている静岡にいる。
目的地は富士湧水の川、芝川。
c0062039_2215257.jpg

ゆったりとしたチョークストリーム。
こういった流れの雰囲気は大好きだが、実際に釣りをするのは苦手だ。
下手に足を踏み出すと、重い流れにさらわれてしまう(サムソンティーチャー!)。

今回も失敗。
あと半歩前に出れば、すいぶんキャストが楽になるなぁと
ウェーディングをしたら一気に胸まで沈んだ。
つつ冷たい!
まだ太陽が昇りきっておらず、水中はよく見えない。
そのまま流れのヨレだけで判断したら、えらい目にあった。
高原の朝は寒くて震えが止まらない。

今年からルアーが解禁になって
大勢の人間が訪れたためか、ミノーには反応なし。
両岸の木にはミノーの実がなっている。
そっとスプーンで探ってみるとニジマス。
湧水に磨かれた魚は1メートルもジャンプした。

c0062039_22303386.jpg

下流は小さなプールが連続していて、いかにもフライ向きの渓相。
人の手も相当入っているのだろうが、ゴミも少なく水もキレイ。
富士の反対側にあるイロイロな意味で有名な湧水の川も
本来はこんな感じだったのだろうか。

瀬尻でペアリングをしていたアマゴ(?)が、ルアーに威嚇を繰り返してきた。
もうそんなことしているの?ちょっと早いんじゃない?と、笑ったが
恋路を邪魔するのも野暮なので、ここらで切り上げることにする。

今日も釣りはできた。
だけども昨日釣りをしていた川では、十月の今はもうできない。
そんな当たり前のことに無常観を見ていた。
メメント・モリ。


ヒットルアー ピュア3.5g 

by masuturi | 2005-10-01 23:30 | 釣行記2005
<< 鹿留で寒い結果。 いつもよりちょっと遠くへ。 >>