人気ブログランキング |

鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イマイチな日。

7月6日
南秋川 11:00~15:00 曇
釣果 ヤマメ8 イワナ1

首は腫れてるし、背中は痛い。
けれども雨はやんできたから釣りに行こう。

無理はできないので秋川の上流部にする。
ここだったら近いし、遡行も楽ちん。

檜原街道を奥多摩に向かって走っていると
ひょいとカーブを曲がったところに現れたのは警察官。
『はい、止まりなさい』
『はい、20キロオーバーね』
『はい、これ払っておいて』
自分がつかまったから言うわけだけども
こんな林道並に交通量の少ないところで、こんなことしてなんの意味があるわけ。

『あなた、なにがしたくて警察官になったんですか?』
と(自分がつかまったから)聞いてみたかったけどガマン。川が待ってる。

水量はかなり増えているものの、心配していた濁りはなし。
もうそれだけで、さっきの嫌な気分が吹き飛ばされていく。
こりゃ今日はいいかも…と思う間もなく、一投目からヒット。
15センチくらい。体色の濃い秋川ヤマメ。
c0062039_814579.jpg

アタリは多いのだけれど、釣れてくるのは皆このサイズ。
このまま続けても状況も変わらなそうだったので、沢に入ってイワナでも狙ってみよう。
せっかく水量も増えているし。

ヤブを掻き分けて堰堤をいくつか越えると、さっそくガレた滝。
c0062039_2141929.jpg

高さは10メートルくらいあるけど、滝壺の深さは30センチくらい。
そっとミノーを落とし引いてくると、どこに隠れていたかイワナが猛然と追いかけてくる。
おっ!もう少し!というところで、追いかけてきたイワナと目が合った。
一瞬見つめあい、その直後ハッと気づいてイワナも自分もあわてて物陰へ隠れる。

のん気なイワナだったらまた出てくるかなぁと
しばらく続けてみたが、この川でそんな魚はいなかった。
なんだか悲しい。
首をすくめていたせいで、いつの間にか首の痛みも増していた。


ヒットルアー チップミノー4S ツインクル45SD

by masuturi | 2005-07-06 23:46 | 釣行記2005
<< 岩魚さがし。 浅川クオリティ。 >>