鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

沢で遊ぶ。

9月29日 
5:30~18:00  晴
釣果 ヤマメとイワナ20匹くらい


えーと、そろそろ解禁って言葉がが現実味を帯びてきたので、その前に昨シーズンの釣行をまとめちゃおう。
と言うわけで、話は9月の最後。まだ夏の名残が残っていた季節。
外は雪に覆われている現在、何とも頼りない記憶を遡ってみる。
c0062039_19472098.jpg




今シーズンの禁漁を翌日に控えた9月の最終日曜日、あなさんと前回の続きに出かけた。
「また釣りに行きましょうね~」と別れても、お互い忙しくて再度釣りに出かけるってのは中々難しい。
だからこういう約束は話半分でするんだけど、あなさんからは前回の釣りの翌日に早速お誘いが来た。
は、早えー!しまかぜの如く早えー!!

でも現実はそんなにすぐに釣行を許してもくれず、このままでは禁漁になってしまうという直前になってようやく滑り込みぎりぎりで釣りに行けた。
そんなわけで朝寝坊の自分としては珍しく、暗いうちからあなさんと合流。
二人そろって気合いが空回り気味なほどやる気に満ちているのだ。
c0062039_19475314.jpg

その勢いのまま透き通った川に足を浸せば、冷たすぎる水が季節が秋に移ったことを教えてくれる。
ついでに暴走気味のテンションもようやく落ち着く。
沢にざぶざぶと分け入る格好で来ちゃったけど、いやこれ寒すぎて入るなんて自殺行為だよ。
c0062039_1949112.jpg

でも魚の機嫌は良いみたいで、あなさんに自作ミノーを渡したら早速釣ってくれた。
c0062039_19512244.jpg

こっちもあなさんのミノーでお返し。
本当にこのミノーは優秀だ。

この先、沢は小石が敷き詰められた浅瀬へと入っていく。
一転した穏やかな雰囲気は心安らぐけど、魚が居着いている場所は見あたらない。
お!一カ所だけあった。
河畔林の根元が水流にえぐられて、ほんの少しだけ深みができている。
ルアー一番の長所を利用して、魚に気づかれないほど遠くからその根元にキャスト。
ちょうどルアーが木の下を通過する時に、ぐんっとした衝撃が伝わってきた。
c0062039_19523232.jpg

すぐに浅瀬の方に引き寄せたので大した抵抗も見せずに岩魚はネットに収まった。
暴れる力が弱かったのでサイズ的にはまずまずぐらいかなーなんて油断していたけど、あなさんが尺あるんじゃない?と不穏なことを言い出すものだから、急に欲が出てきて計測してみる。
おお~!尺を超えてた。たぶん今年最後の尺物だ。
勧められて計っといて良かった~。
c0062039_1953596.jpg

沢の様子はさらに変化していくけど、勢いついた二人はもうどんどん釣り登って行く。
へそくらいまでの深さだったら飛び込んじゃう。
泳いだっていいくらい。
c0062039_19532565.jpg

あなさんは秋の色が降りてきた良い型の山女魚を釣り上げる。
自分は今年は(今年も?)こんな山女魚とは縁がないまま。同じ川で、同じルアーで、同じように(見える)釣りをしても何かが違うんだろうな。
c0062039_19535520.jpg

そんな腕前を持ったあなさんだけどカメラを向けると、途端にこんな感じ……。
「何かの違い」がこんなだったらどうしよう。埋められないぞ。
c0062039_19543042.jpg

幸いにして素直な岩魚は自分にも釣れる。
十分に釣ったので、こいつを最後に沢から上がることにした。

季節がめぐり、日差しに力が戻ってきたら
また続きへと出かけましょう。
ハンドクラフト展でちょっとだけ成長したミノーを持って。
c0062039_19545963.jpg


ヒットルアー  ニアキス  あなさんミノー  Reconquista
[PR]

by masuturi | 2014-02-12 07:55 | 釣行記2013
<< 艦で戦うゲームとかやってたら、... アキバの鱒。 >>