鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ソバを待ちながら。

5月10日
鶴川 12:00~18:00 曇
釣果 ヤマメ9 ニジマス1

上野原は蕎麦の里だそうで。

なのでお昼は蕎麦。
鶴川沿いの蕎麦屋では『もみじ庵』が人気だが、いかんせん美味しくない(安いけど)。
もうちょい上流にある『花の里』はいい!
真っ黒な田舎蕎麦である。
これはもう誰がなんと言っても田舎蕎麦なのである。

このあたりの人々の話し方や食べるものは相模湖周辺よりも
むしろ奥多摩や秩父に近い。
近代以降の鉄道路線図を頭の中に描いてしまうと、うまく結びつかない。
しかしかつては峠から峠へと、山の尾根伝いの道が通っていた。
遮るもののない山間部では、五街道を代表とする平地人の道とは違い
その情報伝達速度は素早く、そして正確だった。

生糸の輸出を行うことによって国外の知識を蓄え、
やがて民主主義というものに出会う。理解する。
それが五日市憲法や秩父事件に繋がっていったんだな。

平地人を戦慄せしめた山村も今は昔。
蕎麦を待ちながら、そんなことを考えた。

c0062039_2148327.jpg


ヒットルアー チップミノー4S 

by masuturi | 2005-05-10 21:13 | 釣行記2005
<< 淵の魔力。 忍野の傷を癒す旅。 >>