鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ルアーフィッシングという生き方。

10月14日
丹沢の川 5:30~18:00 曇
釣果 イワナ7

今日は丹沢の最終日。
どうせ川は人でいっぱいだろうと
ある種、諦めた感覚で車を走らせる。
車止めにはすでに4台。
用意を整えているうちにも、次々に後続が到着してくる。
急き立てられるようにあわてて林道に足を踏み出す。
今日は雰囲気だけでも楽しめればいいだろう……いくらそう言い聞かせても、やっぱり心は落ち着かない。
c0062039_1983518.jpg

すっかり秋の丹沢は肌寒く、リュックの底にしまいっぱなしだった上着なぞ、久しぶりに取り出して着込む。
今年の釣りはいろいろな出来事があった。
時間があっという間に通り過ぎていったのも頷けるというものだ。

河原でタックルの準備をしていると、ガサガサと崖を下りてくるのは初老の男性。
嫌な予感。
『…釣りですか?』
『いや、わたしは山登り』
現金なもので、それを聞いた途端に表情もやわらぐ。
どこまで行かれるんですか?お気をつけて、なんて言葉まで口をついて飛び出す。
c0062039_19263782.jpg

冷たく透き通った水を前に、焦燥は似合わない。
もっとおおらかな気持ちで臨まなければ、大切なものを見失ってしまう。


別に、大きな魚を釣りたいわけじゃない。
たくさんの魚を釣りたいわけでもない。
そんなことのために山まで来ているつもりはない。

そりゃ魚が釣れればうれしいけど、釣れなくても楽しい。
ルアーフィッシングとは釣りであって、釣りでない。
目的は魚を釣ることではなく
魚を釣ろうとする過程であり、その過程で出会う困難や感動だ。
自分にとってそれは生き方そのものだ。

お金だってたくさん稼げればいいのだろうけど
それだけじゃ人生はちょっと寂しい。
生きること、幸せを求めることってのは
試行錯誤を繰り返すことそのものだ。

そして小さな魚が、自分の人生に彩りを添えてくれる。
c0062039_2034582.jpg

いくつもの滝を乗り越えて進んでいく。
沢は幾筋にも分かれ、流れは細くなっていく。
しかし、そんな流れにもイワナはしっかりと息づいている。

ピンと張り詰めた体はいかにも美味しそうだ。
だが今日一日さえ生き延びれば、あと半年は安心して暮らせるのかと思うと
どうしても持って帰ることはできなかった。
c0062039_20543271.jpg

まるで何かに魅入られたかのように
ふらふらと山の奥へ奥へと吸い込まれていく。
二俣を右に行ったつもりが、知らず知らずのうちに左俣を選択していたらしい。
なんだか見たことのない景色が続いていたが、そのときは気づかなかった。

やがて轟々と前方から音が響き渡ってくる。
見上げるほどの大きな滝が行く手を遮っている。
c0062039_213058.jpg

規模も雰囲気も十分の滝壺にルアーをキャストするが、魚はただの一匹も出てこない。
しかし、今ここで釣りをしているという
その事実だけで満足しておこう。
この続きは、また来年のお楽しみだ。

さあ、これから長い長い下山が待っている。
c0062039_21273792.jpg

たった今下りてきた山に向き直ると、帽子を取ってそっと一礼。
『ありがとうございました』
誰にも聞こえないように、口の中だけでつぶやいた。


ヒットルアー  アレキサンドラ50S  ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-10-15 21:27 | 釣行記2006

雨上がりの夜空に。

10月9日
丹沢の川 10:00~18:00 晴
釣果 イワナ10

せっかくの三連休は雨上がり。
少しは水が引いてきたであろう最終日に、山へ向かう。
c0062039_2151538.jpg

予想以上に水は多く
川の規模は倍くらいに、ふくれ上がっている。
いったい水量自体はどのくらい増えているのだろう……轟音が谷間に響く。

ところがこんな釣り日よりなのに
川に人影は見当たらない。
キレイに整えられた砂地についた足跡は鹿のヒヅメだけ。
まだ禁漁じゃないよな?と思わず不安になって辺りを見渡すと、不意に秋風。
c0062039_22283518.jpg

takiさんのサスペンションフックを取り付けたミノーを、流れのゆるいところに放り込む。
すぐにイワナが気づいて追いかけてくる。
速い流れに乗ったイワナの取り込みは難しい。
うかうかしていると落ち込みに巻き込まれてしまうし、強く寄せれば身切れする。
しかし、このフックは素晴らしい。
流れの中からイワナをするすると引きずり出してしまう。
c0062039_2343057.jpg

流れが速すぎて、どうしてもイワナが追いつけないときは
そっと上流に回りこんでミノーを一ヶ所で躍らせる。
やがて魅入られたかのように、透き通った川底から浮かび上がってくるイワナ。

どんどんと川を遡って行くと、山の稜線が近づいてきた。
川の流れは細くなり、釣りの終わりを予感させる。
秋の日暮れは早いので
帰りのことを考えると、そろそろ心細くなってくる。
c0062039_22294593.jpg

夕闇の空は美しい。
日没を迎えた、まさにその瞬間。
山は暗闇に沈み込んでいるが、空は一瞬だけ青く輝く。
都会のネオンにはかき消されてしまう、儚く暗い輝きだ。
この広い空の輝きを見ているのは、この山にいる自分だけ。
とても贅沢な時間だ。


ヒットルアー  mogミノー D-コンタクト  ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-10-10 23:30 | 釣行記2006

それから十年。

9月30日
大洞川 5:30~16:00 曇
釣果 イワナ3 ヤマメ3

秩父イワナが釣りたい。
当初の予定では、前日から山中に入り
小屋で一泊するつもりだった。
だけども寝坊したり、渋滞に巻き込まれたり
リールを忘れてしまったり、また渋滞に巻き込まれたり。
やっと秩父にたどり着き、蕎麦で一息ついたときにはすでに4時をまわっていた。

今日はもう釣りは諦めて、どっか行ってみようか。
秩父事件のクライマックス、椋神社なんてどうだろう。
ここで軍律五箇条を読み上げた瞬間。
現在までも含めて、日本で最も自由が間近に感じられた瞬間だったろうなぁ。
c0062039_20385875.jpg

実は以前にも椋神社に来たことがある。
大学の実習で秩父に来たのだが、途中で抜け出して
かねてから念願の『聖地』を訪ねたのだ。
あれから十年の歳月が過ぎた。

境内をそぞろ歩きながら、ふと考える。
この十年で自分は何が変わったのだろう。
あの時と何も変えることが出来ず、ただ時間だけが過ぎ去ったのではないだろうか。
なぜか焦る。
取り残されたような気持ちに陥る。

そんな自分を無視するかのような中学生のカップルがやってきた。
自転車を停めヘルメットをはずすと、神社にある水飲み場へ。
二人で水を飲み、腰を並んで下ろすと
なにやら楽しそうに話している。

21世紀になって5年が過ぎようとしていると言うのに
時間が止まったかのような、あまりにまぶしい光景。
二人を驚かすのもためらわれたので、そっとその場を離れる。

だけども、なんだかやる気がでてきた。
明日のために、今夜は道の駅の駐車場で早めに床につく。


待ちきれずに、3時半に起床。
車止めまでひたすら林道を走る。
ライトには次々に動物たちが映し出される。
大きな角を持った鹿、猪の親子、あの小さな白いのは穴熊か。
夜の林道は彼らの領域だ。

まだ暗い車止めで夜明けを待つ。
山際はようよう白くなりゆくが、川の様子は分からない。
そうこうしているうちに続々と車がやってくる。
ええい!もう待ちきれん!と釣りを開始。
c0062039_2263291.jpg

谷は深いけど、歩きやすい川。
水量も豊富で、普段自分が釣りしている川の倍ほどの規模。

魚はミノーと距離をおいて、ゆっくりと少しだけ追ってくる。
とても釣れそうに思えない。
川原に濡れた足跡が目立はじめたので
いったん林道に上がり、上流へと移動する。
c0062039_2236667.jpg

20分ほど歩いたところから
再び川に下りていく。
再会した川はずいぶんと小さくなっていた。
…と、思ったら川に流れ込む沢だった。
だけどこれくらいの規模の方がイワナ釣りらしくていいなぁ。
小さな落ち込みにポンとmogミノーを投げ込む。
スッと黒い影が近づく。

ドキドキしながらルアーを回収。
今の魚は確かに黒かった。
しかもこの日初めて見たやる気のある魚。
ようやく秩父イワナに会えそうだ。

規模の割に落ち込みは深く、流れは速い。
もう一度mogミノーを投げ入れるが
あっという間にバルサミノーは流されてしまう。
もっと重いシンキングミノーにも反応は一度だけ。
50センチ四方の小さなポイントにかれこれ20回以上もキャストを繰り返した後
最後の足掻きでスピナーを結んでみた。
キリがないので3回だけで終わりにしよう。
一投目……二投目…突然、ガツンと衝撃。
c0062039_094566.jpg

全体的に濃い体色。
おなかや斑点は想像していたようなオレンジ色ではなく
もっと茶色っぽい色合い。
言ってみるならば朱色。
まさに紅いイワナだ。

ホントはじっくり眺めていたいけれども
狭い沢なので魚を入れておくプールが作れない。
あわてて撮影をしようと思ったら、飛び跳ねて流れに戻ってしまった。
手元に残ったのはピンボケの写真が一枚きり。

すぐにもう一匹。
今度はもっと鮮やかな紅さだったけれども
こいつもすぐに川の中へ。

結局、この日魚が釣れたのはスピナーだけだった。
秋の釣り、しかもイワナの釣りはミノーが一番だと思っていたので少々…どころか、とても驚いた。
スピナーは水生昆虫をイミテートしたルアーだと言われている。
しかしスピナーを虫だと思っているのは、人間だけなのじゃないだろうか。
魚はただ回転するブレイドに警戒し、威嚇しているだけなのかもしれない。
そうだとしたら、秋こそスピナーの威力が最も発揮できる季節になる。
c0062039_0333382.jpg

いくつも続く堰堤を前に、そろそろ終わりにすることをを考える。
最後にもう一匹イワナ。またもスピナーで。
今度のイワナはだいぶ色が薄いな。


さぁ、よく遊んだ。帰ろう。
と思っても、林道は遥か頭上だ。
何十メートルもガレを登らなければ辿り着けない。
鹿の足跡が続いていたので、ここなら登れるんじゃないかと決心する。
他の場所は垂直に切り立った壁そのものだし。
ひたすら登り……
汗だくになってやっと林道……そう思ったら
c0062039_0402697.jpg

道がなかった。

今から十年後、今日と同じように釣りをしていられるだろうか。
体力はずっと落ちているだろう。
そう考えると、いつか行きたいと思っている源流釣行だって
そろそろ行けるようになっておかないと、時間はあまり残されていないぞ。

きっと十年なんてあっという間だ。
『いつか』も急がなければ。


ヒットルアー  ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-10-02 00:55 | 釣行記2006