鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


感謝の気持ち。

9月23日
山梨の川 6:00~16:00 曇
釣果 イワナ3 ヤマメ2

今シーズンも秒読み段階に入ってきた。
この週末は思いっきり釣りしてやろうと思い、TABOさんを巻き添えにして川へ向かう。
c0062039_23544566.jpg

先日mogさんに譲っていただいた、新ミノーのお披露目の日でもある。
赤銅色の輝きは、ちょうど婚姻色を身にまとったかのようだ。
どんな動きを見せるのだろうかと、わくわくしてくる。

そんな気持ちのまま崖を転がり降りて行くと
なんと川には二人連れの餌師の姿。
挨拶をしてみると、ずいぶんと上まで釣るようだ。
TABOさんと、たった今降りてきた崖を汗だくになって再び登る。
林道をまた上流へと歩き出す。
今日はなかなか竿が出せない。期待が大きかっただけに、朝一からコレはこたえる。
c0062039_226245.jpg

堰堤の上から再入渓。
秋の長雨によって、川の水量はいつもの倍くらい。
にわかにできた沢がいくつも流れ込んでくる。

しかしそのいかにも何かが起こりそうな雰囲気とは裏腹な状況。
mogミノーは期待通りのヒラを打ってくれるが
ルアーを追いかけてくるのは、今年生まれた一年魚ばかり。
どうやら山奥での季節の進み具合は、想像以上のようだ。

しばらく行くと、思わず遡上の途中で一息つきたくなるような淵に出た。
川の流れは穏やかなので、少し距離をとってキャスト。
すぐにグイグイッと重くなる。
暴れているのはイワナ。それもなかなかの大物。
takiさん製のサスペンションフックは、フック自体が魚の引きをいなしてくれる。
このイワナもいくら暴れても、その力は吸収されてしまっている。実に優れものだ。
ところが調子に乗って強引に寄せてきたら、バチン!
魚の重さに耐え切れずにラインが切れてしまった。

………。
反省して、先行をTABOさんに譲る。
後ろから眺めていると、ずいぶんと釣り方が変わってきているのが分かる。
きっと今シーズンは色々な出来事があったのでしょう。
魚もそれに応えてくれている。
c0062039_2143944.jpg

変化に富んだ渓相を楽しみながら、堰堤までやって来た。
今日の釣りはここでおしまい。
今年の釣りもここでおしまい。

そんな気持ちでルアーを投げ込んだら
再び竿が絞り込まれた。
今度はサスペンションフックは手助けしてくれない。
魚に走られるたびに、あっちへオタオタ。こっちへオタオタ。
駆けつけてきてくれたTABOさんの声援を受けながら
なんとか引っ張り揚げたのは尺イワナだった。
c0062039_220292.jpg

魚に相手をしてもらい
山の空気を吸い
川で遊ぶ。
そして素晴らしい釣り人たちに見守られている。

自分は果報者だ。


ヒットルアー  mogミノー D-コンタクト 
[PR]

by masuturi | 2006-09-28 02:27 | 釣行記2006 | Comments(8)

小渓流にはバルサが似合う。

9月9日
真木川 13:00~18:00 晴
釣果 イワナ7 ヤマメ1

倒木やヤブに行く手を阻まれた小渓流で
ひっそりこっそり釣りをしたい気分。
午後から真木川にひっそりと降り立った。
c0062039_230527.jpg

こういった小さな川では、それに比してポイントも小さく儚い。
枝や葉に囲まれた30センチ四方の水面にルアーを投げ込む。
着水後すぐにルアーにワンアクション。
その間に食ってこなければ、やり直しだ。哀れルアーは引っ掛かってしまう。

そんなポイントには小さなバルサのミノーが最適。
浮力が強いバルサはバランスを崩してもすぐに元どおり。
今日はmogミノーの日だ。
c0062039_21301715.jpg

真木川は砂で埋もれている。
底石の見えない川で、一見魚は育てなそうに思える。
雲の真っ只中にいるので、湿気がひどく偏光グラスは使えない。
ところがよく見えないまま、油断してうっかり身を乗り出すと
浅場に浮いてた魚がさーっと姿を隠してしまう。
やる気のありそうだった尺イワナも岩陰にサヨナラ。

だけどもこれで今日の魚の居場所は分かった。
ぎりぎりまで距離をとって、そっとルアーを水面に置くように。
着水した瞬間にヒット。
何匹もの魚を走らせての成果だ。
c0062039_2291476.jpg

アジやイワシの背中が青黒く、お腹が銀色なのは保護色になっているためらしい。
海鳥が上から見たときは深い海に、大型魚が下から見上げたときにはきらめく陽光に。
生き残るために、背景に溶け込むようになっているとのことだ。

この川に住むイワナの背は白い色。砂の色。
見事に砂に溶け込んでいる。
ところがお腹は目が覚めるような、鮮やかな黄色だ。
いったいこのお腹の色には、どんな意味があるのだろう。
魚が居付いていることの主張だとしたら
これほど見事な宣言、ちょっとないぞ。


ヒットルアー  mogミノー チップミノー4S
[PR]

by masuturi | 2006-09-14 22:30 | 釣行記2006 | Comments(15)