鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


雲の中でのイワナ釣り。

5月14日
神ノ川 11:00~18:00 曇
釣果 イワナ6

雨がやんだら釣りに行こう。
それもイワナを釣りに行こう。
降りそぼる雨を眺めながら、昨日の仕事はそんなことばかり考えていた。

今朝は早くに目が覚める。
窓の外を確認すると雨はもう上がっているようだ。
すぐにでも釣りに行きたいけれど、まだ出かけない。
川の水はまだ落ち着いていないはず…。
まだまだ出かけない。
今頃は餌師が大勢乗り込んでいるだろう…。
まだまだ…。
まだ…ま……。
……。

しまった!二度寝だよ!
あわてて車を走らせる。
ゴールデンウイークも終わった道志みちは、車もほとんど走っていなくて快適。
c0062039_2262542.jpg

雨上がりの山は花の匂いに満ちている。藤の花は今が見ごろ。
車止めゲートからの同行者は孫右衛門滝を見に来たおじいさん。
滝の話を聞きながらの山道。


山を登っていくうちにみるみる雲が近づいてきた。
ところで『西遊記』の作者は、長安だか洛陽だか分からんけど
きっと都会から出たことないんだろう。
一度でも雲を間近で見ると、まさかその上に乗れるんじゃないかなんて発想は出てこない。
そんなことを考えていたら、いつしか雲の中に入り込んでいた。

川の水は少しだけ増えている。
濁りもなく、なんだか良さそうな予感がする。
c0062039_22391840.jpg

すでに人が入った後なのでイワナの警戒心は戻ってしまったようだ。
ぽつぽつと釣れてはくるものの、なかなかサイズは上がらない。

堰堤を越えるために、慎重にガレ場を登っていく。
雨上がりのガレ場はおっかない。一歩一歩、確かめながら。
小石大石いろいろ混じったガレ場は丹沢の象徴か。

堰堤を越えると、川原で準備をしている二人のテンカラ師の姿。
ここから先は行ったことがない区間なので、退渓できる場所があるのか聞いてみた。
『ずーっと上まで出るとこないから、戻った方がいいよ!俺達は暗くなるまで釣るからさ。6時まで!6時まで釣るからいいけど、戻りなよ』
そのギラギラした目に大きくウソって書いてあるんだけど。

『それじゃ先行くから』と言うもんだから、お菓子を食べながら小休止。
二人組の様子を見ていると、最初のポイントからすぐに釣り始めた。
故意ではないと言え、頭ハネをやっちゃってくれてるんだから
もっと上流から釣るものだろ……と、しばらく眺めているうちに疲れも取れたので釣りを再開。
ところがテンカラの遡行の遅いこと遅いこと。
あっという間に追いついてしまった。
『先、行きますね』と大人気ない態度を取って追い抜き返す。
渓流レースだ。


堰堤をふたつ飛ばして川に降りる。
すぐに次の堰堤。
その下の深みにルアーを投げ入れた1投目。
ずんっと突然重くなり、そのままの重さを保ったままジリジリと引き込まれる。
ざばっざばっと水を掻き分ける大きな尾。
これこれ!これだよ!これを釣りに来たんだよ!
c0062039_23391614.jpg

35センチという大きさに似合わない優しげな表情の雌のニッコウイワナ。
グラマラスなボディにオレンジ色の斑点がとても鮮やか!
一目見ただけで、いろいろあったことを全て吹き飛ばす。

帰り道の長い林道もあっという間だった。


ヒットルアー チップミノー4S D-コンタクト 
[PR]

by masuturi | 2006-05-14 23:54 | 釣行記2006

再出発。

5月5日
神ノ川 9:00~18:00 晴
釣果 イワナ4 ニジマス1

みなさんコンバンワ。
ツリガ下手夫デス。

いやね、もうダメ。ダメすぎ。
ゴールデンウイークなのできっと川は混み合っているだろうと、釣りに行くつもりはなかったのに
相方から『あたし実家に帰るから、釣り行ってきていいよ』と思いがけないお言葉。
こうなったら鬼のいぬまに……といきたいところだったが、なぜだかあまり気乗りしていなかった。
しかし連休の真ん中でぽっかり一日空いてしまって、ほかにすることもなかったので、とりあえず釣りにでも行くことに。
釣り人のくせに釣りに行く気がしないってのがまずダメ。
そして結局行くところがさらにダメ。
なんでもそうだけど、特に『遊び』は一生懸命にやらないと楽しくない。


帰りの渋滞が怖いので山梨方面は回避。
釣り人の少なそうな神ノ川に行くことにした。
BBQ渋滞にギリギリのところで巻き込まれずに到着。
神ノ川ヒュッテの周りには隙間なく駐車されているが、沢屋の車と信じて準備をする。
ところが身支度を整えてみると、偏光グラスを忘れてきたことに気がついた。
やっぱり今日は一生懸命じゃないなぁ…。

水の中がのぞけないので、魚がなかなか見つからない。
初夏の日差しばかりが眩しい。
タルミにちょいとミノーを投げて、流れになじませるために
少しだけそのままにしておいた。
どこからともなくスッと近づいてくる影。
魚だ!
すぐにトゥイッチをかけ、ミノーを動かす。
しかしアピールを始めた途端、魚はふいっと戻ってしまう。

またキャストして放っとくと、近づいてきた。
動かすとやっぱり戻っていく。
どんだけスレているんだよ!
下手に動かさない方が良いのかなと、スピナーにチェンジ。
今までの苦労はなんだったのか、と言うほどあっさりヒット。
釣り上げられてきたのは小さなニジマス。
あれー?ヤマメだと思ってたのに。
c0062039_12354317.jpg

上流に向かって大きく移動。
堰堤下の深みだけを探って、どんどん遡っていく。
途中でヤマメが二度ヒットしたが、首を振られただけであっさり針を外される。
ダメだなぁ。

幾つかの堰堤を越えたところにあったのは、轟々としぶきをあげる大堰堤。
これを巻くのは一苦労だな……ん?左側から行けそうだぞ?
途中まで行ってダメだったら戻ってこようと
渓流では決してやっちゃいけない、見切り発車で岩肌を登りだす。
おっと、巻き道を信じていたら途中で途切れてる。
川原までは20メートルほど。
重度の高所恐怖症である自分にとっては絶望的な高さだ。
右にトラバースすれば行けそう…なんだけど。なんだけど。
次の一歩が踏み出せない。

一旦下を見てしまったら、木に登りすぎたネコちゃんみたいに動けなくなることは分かっているので、なるべく意識の外に追い出すようにする。
だけど下の様子はやっぱり気になるなぁ。
チラ。
おおお高いー。
こんなとこで死にたくねー。
c0062039_12472798.jpg

やっとの思いで越えてみると、堰堤の上は相変わらずの丹沢的風景。
砂と礫で川は埋まりつつある。
さすがに川沿いの足跡も少なくなり、魚影も増えてきた。

流れがゆるく、ほかより少しだけ深くなっている場所はイワナの付き場だ。
ミノーを引いてくると、何度も何度も執拗にまとわりついてくる。
がぶりと噛み付いた。すぐにはずれる。
足元での出来事なので一部始終がよく見える。
フッキングが甘かったかな?と首をかしげながら、ひとつ上のポイントへ。
せっかくのイワナだけど、またもすぐにはずれる。
今度は強くアワセすぎて身切れ。自分でもはずれた理由がよく分かる。
手ぶらで戻ってきたミノーを確認してみると
針先が曲がっていてほとんど役に立っていない。
そう言えば今年は恒例の解禁準備をしていないので、ルアーの針は昨シーズンからそのままだった。
躊躇なく食いついてくるこのサイズだと釣れるんだけどなー。
c0062039_18264093.jpg

とりあえずはうちに帰ったらルアーの針を取り替えよう。
それから再出発だ。


ヒットルアー  D-コンタクト ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-05-07 18:47 | 釣行記2006