鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


あのころの気持ち。

3月26日
桂川あちこち 11:30~18:00 曇
釣果 ヤマメ5

うーん、いったいどうしたもんだろう?

桂川と笹子川の合流点にできた深い流れ。
その流れを前にして考え込んでしまった。
今日はあちこち移動を繰り返して、ここが3ヶ所目。
朝からがんばっているのに、魚の姿すら見ていない。
ホントにルアーなんかで魚が釣れるのか?

最初は大淵の連続している梁川地区の本流。
鉄工所(かな?)の裏の細い道を通り抜けて
遥か下を流れる川まで下っていく。
どう狙ったらいいのかもよく分からないままキャスト。
薄く緑色に濁った水はまるでスプーンを吸い込んでしまったかのようで不安になる。
魚からの反応がないことが、その不安をさらに煽る。

しばらく根を詰めて続けていたが、疲れてしまったのでお昼ご飯。
ルアーにからみついてくる藻をはずしながらの釣りだったので
手がなんか臭い。おにぎりも臭い。


次に向かったのは真木川。
前回もボウズ。
今回もこのままでは良くない予感がする。
どこか自分を見失っている気がするので
去年楽しい釣りができた川に行って、自分を取り戻そうという作戦だ。

だけども山の中はまだまだ春遠し。
ちょっと釣ってみたが、水も冷たくルアーを追ってくる元気はなさそう。


本格的にスランプに陥ってきた。
どこに行ったらいいのか……目的地も定まらないまま本流に戻ってきた。
普段はいったん釣り始めたら、その日はその川のみで過ごす。
たとえ状況が悪かったとしても、それも含めて『出会い』だと思っているからだ。
移動を続ける今日は、やはりどこか上手くいっていない。

そろそろ夕暮れが近づくころ
下流のプールで一人のフライマンがライズ待ちをしていた。
釣り人同士挨拶を交わすのはマナーだけど
声をかけるときは、ちょっとドキドキする。にこやかな返事。良かった。
『いやー全然ダメですね』という、決まり文句も
今日に限ってはものすごい説得力。

『あ、ライズしてますよ』
『ルアーならあそこまで届くんじゃないですか?』
『え?いいんですか?』
『もちろんですよ、どうぞどうぞ』
いいのかな。

後ろから見られながらだったので、ちょっぴりやりにくい。
いいところを見せようとスプーンを遠投するも
ライズを沈黙させただけだった。
先週、シンキングのミノーでよく釣っていた人がいたとの情報をもらったので
ひとつ下のプールでミノーにチェンジ。
アレキサンドラを派手にトゥイッチさせると
銀色の輝きが水底から浮き上がってきた。
c0062039_2336562.jpg

何時間もオランダ人のように川をさまよって
やっと釣り上げた魚。放流魚でもうれしい。
一匹釣れればこっちのもの。同じようにルアーを動かしてぱたぱたと連続で釣った。

その昔、来る日も来る日も一匹も釣れないことが
あたりまえの頃があった。
今日やっとの思いで釣った魚は、そんなころのキモチを少しだけ思い出させてくれた。
これでしばらくは迷わずに歩いていける。

桂川も以前よりちょっとだけ好きになった。


ヒットルアー  アレキサンドラ50S
[PR]

by masuturi | 2006-03-26 23:50 | 釣行記2006

限りなくボウズに近い。ブルー。

3月19日
中津川あちこち 8:30~18:00 曇/雨
釣果 ボウズ!


中津川漁協の年券は買ったことがない。
なぜって一万円もするからだ。
この券一枚あれば鮎釣りもできるよ、と言われてもそんなものに興味はないし。鮎のようにナワバリ争いしたくないし。
だけども中津川漁協の主力商品はその鮎なので、釣り人も多いのに(多いから?)鱒類には力をあんまり注いでくれない。
丹沢ではたいした釣果を聞かれないが、ここに集う釣り人だけがことごとく下手っぴってのは、ちょっとありえないだろう。
放流が少ないか…魚が育たないか…はっきり言って丹沢は釣れない。

そう言うわけで今までは日釣り券で過ごしてきた。
しかし今年の自分はちょと違う。丹沢の年券を買ってしまおう。
これは今年一年を、この水だけはキレイな釣れない川で過ごすっつー、自分なりの宣言だ。


馬渡橋に車を停めて年券を買う……え?年券使えるのって4月からなの?漁協のやろー!(逆うらみ)仕方がないので日釣り券も追加で購入。
だいぶ減水しているトロっとした流れに向かう。
深みを中心にゆっくりと釣り上がって行く。
釣り人は多いものの、見慣れている渓流に比べれば
川も大きいのでそれほど気にならない。
挨拶をしながらすれ違って行く。

2時間ほど釣りしていくと
なんだかどこかで見たような場所に出ていることに気がついた。
あれ?ここは去年ボウズをくらったトコロ。
解禁早々、縁起でもないところに来ちゃったなぁ。
もちろんアタリのひとつもない。
偏光グラス越しに見える巨大な魚影は気になるが
その正体はどうやら錦鯉のようだ。
お腹がすいたなぁと思ったら、お昼の時間になっていた。


午後からはがらっと気分を変えるために、ダム上まで車を走らせる。
takiさんの釣行記に布川は人気がなかったとあったのを思い出し、そこに向かう。
久しぶりに来てみたら、駐車スペースを通り過ぎてしまい
青宇治橋まで行ってしまった。

朝こそ晴れ間が差していたものの、空はどんよりと曇っている。
今にも降りだしそうだが、川へと下りる。
ダム下とは違って清冽な流れ。ちょっと水が冷たすぎるか。

昨年の台風で崩壊した布川を上っていく。
以前に広く堆積していた土砂はすっかり洗い流され
ところどころには魅力的な深みもできている。
壊すのも創るのも、自然の力はすごい。
魚はいないけど。

以前に倒木のあった堰堤のプールも復活していた。
倒木はどこへ?ここは浚渫したのか?よく分かんない。
そこを乗り越え、大洞のキャンプ場跡まで来たところで
とうとう雨が降り出した。
c0062039_4351359.jpg

キャンプ場跡は朽ちかけたバンガローが
藪の中に点在している場所。
ホッケーマスクの猛者がひょっこり現れそうで、なんだか苦手だ。
ゴロゴロゴロ!と雷まで鳴り響き始めた。
余計な演出してくれちゃって。

赤い橋の下にあるゴルジュまで来たところでストップ。
以前は通れたのだが、ずいぶんと深い通らずになっている。
あたりも薄暗くなってきたので、仕方なくここから引き返すことにする。
帰りの足どりは、これまた重い。


結局、一匹の魚も見ることなく終わった。
今年丹沢でやっていけるのかなぁ。もう年券買っちゃったよ。
ところで、なんで素直にボウズとしなかったのかと言うと
キャンプ場跡で木に引っ掛かっていたDコンを拾ったからですね。
まぁ、魚じゃないけど…まるっきりのボウズでもないっつーことで。
五分刈りくらいか。
野球部みたいだな。
[PR]

by masuturi | 2006-03-21 05:36 | 釣行記2006

北陸慕情。

3月12日
朝霞ガーデン 8:30~14:30 晴
釣果 ニジマス20


果たしてどちらがシルファーの持ち主にふさわしいのか。
その雌雄を決するために(うそ)シロさんが、北陸の地からやって来ました。
そんなことしないでも、ロッドを両側から引っ張り合って
先に手を放したほうがホントの持ち主な気もするけど、もしも折れちゃったら
男二人泣くと思うのでやめとこう。
そのかわりに釣りで勝負だ。

電車でのんびり朝霞に到着、地図を片手に釣り場に向かう。
うわ、ホントに住宅街の真ん中だ。
釣り場のすぐ隣まで家が張り出していて、住民たちは心なしか迷惑そう。
フトン釣ったら怒られるかな。


そんなことを考えながら歩いていると
水色のロッドを持った青年を発見。うん、きっとそうだ。
初めてお会いしたシロさんには、魅力的な北陸の渓流のお話をしてもらった。
今頃の川はまだ腰まで雪に埋もれていること。
そこに自分のつくった道だけがあること。
1シーズン通して、自分以外の釣り人に出会うことがないこと。
そんな川もあるなんて、日本は広いなぁ。


ますさんやfukuさんとも並んで釣りをしているうちに
そろそろのどが渇いてきたので、お互いのプライドと珈琲を賭けて勝負。
今まであんまり釣れていなかったのに、とたんに空気が変わる。
やばい、本気だ。
と思う間もなくシロさんがそっこーで釣る。なんて勝負強さ。

次にヒットしたのは自分。
やほーい!と喜んでいると、春一番に飛ばされてきたコンビニ袋が
ラインにからみつく。あららとバレ。
恐るべし住宅地での釣り。北陸の風はそんなもの運んでこないだろうに。


ヒットルアー  マーシャルトーナメント1.2g 0.9g  アレキサンドラ50S
[PR]

by masuturi | 2006-03-15 22:50 | 釣行記2006

ちょこっとだけ解禁。

3月4日
狩川 6:00~9:00 晴/曇
釣果 ヤマメ4

今年の解禁はひさしぶりの狩川にしよう。
近くの寺で祖父の七回忌があるので、それのついでの釣りだ。
むしろ釣り9:法事1くらいの割合なんだけども
すっぽかすわけにもいかないので、朝方だけのちょこっと釣行。
仏事の前に殺生もどうかと思ったが、自分の信じたことをやれ
っつー祖父の言葉を逆手にとって、でかけてしまおう(一応リリースするし)。

解禁後最初の土曜日だし、人出は多いだろうと覚悟して向かったが
どういうわけだか林道に車は一台も停まっていない。
川入橋も無人だったので、そこから釣り上がって行く。
踏み跡を下っていきながら、心は弾む。自然と足どりも早くなる。ついには小走りに。

川の水は少ないが、そんなことは気にしない。
昨夜の雨は、このあたりでは雪だったようで川原にうっすらと積もっている。
活性は低そうだ。
だけども、そんなことは気にしない。

ミノーを結んで一投目。
今年が始まる。


ミノーを追ってくる魚もいないまま
いつ見ても異様な姿の黒白ダムまで来てしまった。
時間もあまりないけど、ここで小休止。頭を休める。
ミノーで釣りたかったけども
スプーンに切り替えて、流れのゆるいところを狙おう。
c0062039_4255961.jpg

淵の底までスプーンを沈めて
ゆっくりと流してくると待望のアタリ!
ロッドをかるーく曲げたのは小さなヤマメ。
c0062039_4351941.jpg

体にまとわりついた冬の名残を払い落とそうとするかのように
ぴょんぴょんと飛び跳ねた。


ヒットルアー ピュア3.5g 
[PR]

by masuturi | 2006-03-05 02:44 | 釣行記2006