鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

風の本栖湖。

12月16日
本栖湖 8:00~17:00 晴/曇
釣果 ボウズ!

釣り人が一本の杭になる。

大きな岩を登ったり、せわしなくルアーを投げ入れたら
またすぐに登りだす。アア、イソガシイ。
渓流の釣りに慣れてしまっている自分には、とうてい杭にはなれそうもない。
一人だと確実に挫折するのが分かっているので
ヒロさんに湖へと連れて行ってもらう。
目的地は本栖湖。
冬の本栖湖。


覚悟して車を降りたが、意外にぽかぽか暖かい。
風が吹いていないので、透き通った湖面は遥か奥まで見通せる。
魚はどこにもいない。

きっと目の届かないところには、魚がいると信じてみよう。
遠くまでルアーを飛ばしたいけれど、短いロッドしか持っていない。
管釣り用のロッドが一番長い6ft。
ロッドに期待が出来ないぶん、ラインを2lbまで落として飛距離をかせぐ。
3gの小さなスプーンを、えいやっとキャスト。
お!意外と飛んでいく。魚がかかったら不安だけども(結果的にその不安は杞憂に終わった)。
c0062039_22182259.jpg

まったくアタリがないので、大きく場所を移動。
そのとたん同行のmorningさんにニジマスがヒット。
全員のテンションが跳ね上がる。

ブルーバック。
言葉だけは聞いたことがあったけど、こんなものとは思ってもみなかった。
本当に青い。
ニジマスとは思えない、深く鮮やかな色合い。
惜しむらくは足元まで寄せてきたところで
バレてしまったことくらいか。


昼過ぎから急に日が陰り、同時に風が吹き始める。
先ほどまでの小春日和はどこへやら。
周囲は波が逆巻く、極寒の地へと一瞬にして様変わり。
しかし、その中でもぽつぽつと同行者にはアタリがある。

朝から晩まで、一日中ルアーを投げ続けたにもかかわらず
魚どころかアタリすらなかった。
二度と行くもんか!なんて思っちゃうんだろうな、と予想していたのだが
案に反して、また行きたくなっている。

きっと偶然に一匹でも釣れちゃってたら
なんだか『分かった』ような気になってしまっていただろう。
よっぽどの大物でもない限り、もう行かなかったかもしれない。
そう考えると、これはこれで良かったのかも。
[PR]

by masuturi | 2006-12-19 22:15 | 釣行記2006 | Comments(16)
Commented by けい at 2006-12-19 22:26 x
僕も行く予定でしたが・・・今回は僕が・・・。

決して寝坊したわけでもなく、風邪をひいたわけでもなく(爆)。

掃除してたんですよ。

次回はご一緒しましょう!!!
Commented by morning at 2006-12-19 23:32 x
こんばんは。
先日はお疲れ様でした。

当日話した本のタイトルなんですが、「山を上るイワナ」と「ペートリ・ハイル! あるいは妻を騙して釣りに行く方法」です。
前者の方を「川を~」とお伝えしてしまったような気がしていまして…。
どちらもお勧めです。機会がありましたらご一読を。

またご一緒しましょう!
Commented by 2 at 2006-12-19 23:45 x
masuturiさん、こんばんは。
本栖湖ですか。
小渓好きのオイラも
未知の世界です。
オイラが持っている最長ロッドは
masuturiさんよりも若干長い6.6f。
今年、禁漁になってから購入しました。
「こんだけ長けりゃ、
 本流だろうが、湖だろうが、へいちゃらだろう^^」
って思ってたけど、全然みたいです。
ミノーもね、7cmって
ありえないくらいデカイ(と思ってた)から
ラパラやらelfやらの
7cmを揃えて安心してたら
これまた^^;

最近、いろいろ違う世界が見えてきました。
来週、オイラも、湖デビューです。
本栖湖みたいな有名どころじゃありませんが…
Commented by masuturi at 2006-12-20 21:31
けいさん。
湖はなかなか手強そうです。
ぜひミノーで!
え?自分はスプーンとクランクですが、なにか?
Commented by masuturi at 2006-12-20 21:46
morninngさん。
あんなニジマス見たことありませんでした!
きれいでした。いいものを見せてもらいました。

本のタイトルもありがとうございます。
禁漁の今、心に溜まったオリを洗い流してくれそう。
ようやく仕事も落ち着きそう(願望)なので
年末に読んでみますね。
Commented by masuturi at 2006-12-20 21:53
2さん。
いつも下投げなので6ftでも持て余すかなぁ…と、湖に持っていったら短くて短くて頼りないこと。
へいちゃら気分が打ち砕かれるの、よくわかります(笑)。
風とか寒さとか、魚の姿が見えない不安とか
ふいに思い出す(ヒマだから)苦い過去の思い出とか
さまざまな魔物が湖では襲いかかってきますが
負けないでくださいね。

小渓流ってあまりに繊細だなぁ。
Commented by ヒロ at 2006-12-21 14:18 x
masuturiさん、ぜひまた行きましょう!
しつこく誘います(笑)

実は昨日の午後から、急に時間が取れたので
本栖湖、行っちゃいました。

3時間、杭になってキャスト続けましたが…
ボウズでした。

平日なので、他の釣り人にもほとんど会わず…
孤独だったっす。
いろんな魔物、襲ってきましたよ~(笑)

気に入っている吉田うどんのお店に寄れたので
ちょっとうれしかったけど。
Commented by masuturi at 2006-12-21 22:29
イキオイで長い竿買っちゃいそうです。
以前は竿なんて短くても長くても、リールに糸が巻いてあって
投げるんだから皆いっしょ、なんて瑞々しいこと言ってたのに。

また行きましょうね。
Commented by シロ at 2006-12-23 00:39 x
へー。シルファーって86や90もあるんだぁ。

(笑)

へー。鮭でも問題ないんだー。


あ、シーバスも行ってますがなにか?(笑)
Commented by TABO at 2006-12-23 17:14 x
かなり昔、私も湖に何度か行った事がありますが、とてもとても一人じゃ挫けてしまいますよね~。本栖湖はキャストしてても全く釣れる気がしませんでした。ブルーバックに出逢えただけでもステキなんじゃないでしょうか。
Commented by at 2006-12-23 22:14 x
こんばんわ!本栖湖厳しいですね相変わらず。
ですが、マイクロスプーンはレインボーの数釣りには非常に有効だと思います。

わたしは77と83でミノー7~13センチをひたすら投げています。
勿論狙いはブラウンですが・・・

昼頃になると何故か突風が吹き荒れる本栖湖ですが雨模様の日は無風なんです。
私も行きたくなりました。
Commented by masuturi at 2006-12-25 00:02
シロさん。
そんな悪魔のささやきを(笑)。
…でもすっかりシルファー見かけなくなっちゃいましたね。

さて、舌の根も乾かぬうちになんですが
長いロッド用の予算は、テレスコロッドに化けました。
これで来年は直登も高巻きもどんどんできそうです。
イワナとか釣れちゃったりして。
Commented by 裏川探検隊 at 2006-12-25 00:02 x
あー、なんだか文章を読んでたら私も行きたくなってしまいましたよ。
あのあまりにつれない(釣れない?)湖にそれでもロッドを携えて。
私が買った本流ロッドはまだそれに相応しい魚を釣り上げてはいないんです。
釣れる釣りばかりに目を向けてないで、本当に一度覚悟を決めてブルーバックを攻略しなくては・。
Commented by masuturi at 2006-12-25 00:08
TABOさん。
始めて30分くらいしたところで、ふと思ったんですよ。
『ああ…一人で来てたら、今この瞬間帰っていたな』って(笑)。

魚のライズってなんて素晴らしい(自分のやる気的に)と感謝しましたよ。やっぱり釣れる気しなかったけど。
Commented by masuturi at 2006-12-25 00:13
☆さん。
同行の方はアルフレッド使って、成果を出していましたよ。
自分も投げてみたのですが、風に吹かれてどんどん流されていく…。
使いどころのなかった大きいミノー(と言っても7センチ)も投げてみたものの、2lbではキャストだけでも怖くて。
次は使い慣れた渓流タックルで行こうと思いました。
Commented by masuturi at 2006-12-25 00:23
裏川さん。
もう少し…ホントにもう少しだけでいいから釣れれば(または釣れるんじゃないか、って気にだけでもさせてくれれば)本栖湖も、また違うんですけど。
だけどもそんな中で釣れた一匹は『相応しい魚』になる可能性大ですね。
自分は覚悟を決めたはずなのに、なぜか源流用ロッドを買ってしまいました(笑)。浮ついてます。
<< 巨匠と雛鳥。 桂川の釣り人。 >>