鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ルアーフィッシングという生き方。

10月14日
丹沢の川 5:30~18:00 曇
釣果 イワナ7

今日は丹沢の最終日。
どうせ川は人でいっぱいだろうと
ある種、諦めた感覚で車を走らせる。
車止めにはすでに4台。
用意を整えているうちにも、次々に後続が到着してくる。
急き立てられるようにあわてて林道に足を踏み出す。
今日は雰囲気だけでも楽しめればいいだろう……いくらそう言い聞かせても、やっぱり心は落ち着かない。
c0062039_1983518.jpg

すっかり秋の丹沢は肌寒く、リュックの底にしまいっぱなしだった上着なぞ、久しぶりに取り出して着込む。
今年の釣りはいろいろな出来事があった。
時間があっという間に通り過ぎていったのも頷けるというものだ。

河原でタックルの準備をしていると、ガサガサと崖を下りてくるのは初老の男性。
嫌な予感。
『…釣りですか?』
『いや、わたしは山登り』
現金なもので、それを聞いた途端に表情もやわらぐ。
どこまで行かれるんですか?お気をつけて、なんて言葉まで口をついて飛び出す。
c0062039_19263782.jpg

冷たく透き通った水を前に、焦燥は似合わない。
もっとおおらかな気持ちで臨まなければ、大切なものを見失ってしまう。


別に、大きな魚を釣りたいわけじゃない。
たくさんの魚を釣りたいわけでもない。
そんなことのために山まで来ているつもりはない。

そりゃ魚が釣れればうれしいけど、釣れなくても楽しい。
ルアーフィッシングとは釣りであって、釣りでない。
目的は魚を釣ることではなく
魚を釣ろうとする過程であり、その過程で出会う困難や感動だ。
自分にとってそれは生き方そのものだ。

お金だってたくさん稼げればいいのだろうけど
それだけじゃ人生はちょっと寂しい。
生きること、幸せを求めることってのは
試行錯誤を繰り返すことそのものだ。

そして小さな魚が、自分の人生に彩りを添えてくれる。
c0062039_2034582.jpg

いくつもの滝を乗り越えて進んでいく。
沢は幾筋にも分かれ、流れは細くなっていく。
しかし、そんな流れにもイワナはしっかりと息づいている。

ピンと張り詰めた体はいかにも美味しそうだ。
だが今日一日さえ生き延びれば、あと半年は安心して暮らせるのかと思うと
どうしても持って帰ることはできなかった。
c0062039_20543271.jpg

まるで何かに魅入られたかのように
ふらふらと山の奥へ奥へと吸い込まれていく。
二俣を右に行ったつもりが、知らず知らずのうちに左俣を選択していたらしい。
なんだか見たことのない景色が続いていたが、そのときは気づかなかった。

やがて轟々と前方から音が響き渡ってくる。
見上げるほどの大きな滝が行く手を遮っている。
c0062039_213058.jpg

規模も雰囲気も十分の滝壺にルアーをキャストするが、魚はただの一匹も出てこない。
しかし、今ここで釣りをしているという
その事実だけで満足しておこう。
この続きは、また来年のお楽しみだ。

さあ、これから長い長い下山が待っている。
c0062039_21273792.jpg

たった今下りてきた山に向き直ると、帽子を取ってそっと一礼。
『ありがとうございました』
誰にも聞こえないように、口の中だけでつぶやいた。


ヒットルアー  アレキサンドラ50S  ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-10-15 21:27 | 釣行記2006 | Comments(18)
Commented by at 2006-10-15 22:10 x
今年の釣りは色々と有ったようで、とにかくお疲れ様でした。
終わってしまいましたね~、短かったようで寂しいです。

さあ、気が早いですが来年はどうしましょう?
わたしは、本流でスーパーヤマメを釣りたいです。あと
サクラマスを釣りに行きたいです。ヨネシロとか。
そのうち渓流にも戻ってきますが。
Commented by masuturi at 2006-10-15 22:57
来年ですか?
そりゃーもちろんヤマトイ……あぶねー!!鬼に笑われるとこだった!
ここはひとつ謙虚に、無事に怪我なく釣りから帰ってこられることにしておきましょう。
Commented by TABO at 2006-10-16 11:33 x
masuturiさんのその心構がイワナ達に通じてイワナ達も寄って来てしまうのでしょうかね。しかし休み無の3時間・・・、一人で行ってしまうところが凄いです。来年はヤマト間違い無ですね。
Commented by mog at 2006-10-16 19:02 x
masuturiさん、おつかれさまでした。
川岸に立って半分。思い通りの所に投げれて7割。思い通りにルアーを流せて8割満足感を感じます。残りは、魚が思い通りに反応してくれれば・・・これって、ルアーで魚を追いかけてる人しか味わえない醍醐味ですね。釣果を問わず楽しめるって、幸せを感じます。
でも、周りは数やら、大物の話を聞きたがるんだよな~・・・
Commented by masuturi at 2006-10-16 20:06
TABOさん、そんなプレッシャーを…。
幻は、幻のままだからこそ貴いんです(と、早くも予防線)。

距離こそ遠いものの、穏やかな流れでした。
来年は『幻の大滝』見に行きましょう!
Commented by masuturi at 2006-10-16 20:13
mogさん、こんばんわ。
そうそう、それなんですよ。魚を釣ることよりも、釣りに行けるだけでもう十分。そのうち釣竿すら持っていかなくても……さすがに、そりゃないか。魚を釣るって目的がなければ、あんなに山なんて登れないです。
まぁ、この醍醐味は我々の胸のうちに大切にしまっておいて、景気のいい話を聞かせてやりましょう。
Commented by taki at 2006-10-19 06:47 x
レイアウトが変りましたね。
オフに入り、僕もヌケガラ状態です。
masuturiさんの行った川、少し見当がつきましたが、
あの川で釣り人の姿を見なかったのには驚きです。
ひとりしんみりと釣ることができて満足だったのではないですか?
「ありがとうございました」
わかるなぁ~
Commented by miya at 2006-10-19 21:36 x
お、ブログ衣替えですね!
趣味なんてものは傍からみれば?なものですが、当人からしてみればいたってマジメ。
むしろ理解してくれないほうが楽しいくらい(笑)
でもいろんな人や、自然に支えられていることも忘れずに感謝。
そんなルアーフィッシングという生き方にボクも一票です!
Commented by masuturi at 2006-10-19 23:06
takiさん、こんばんわ。
見当がついてしまいましたか、流石です。
あれだけ人入りの激しい川で、最終日に自分ひとりだけ。
ついつい『俺の川だ~!!』とはしゃいでしまいました…しんみりしてないですね。
そのかわりに、釣りが楽しかったぶんだけ、帰りの林道歩きはしんみりしてしまいました。時間だけはたっぷりあったので今日一日のできごと、しいては今年一年のことを思い出しながら……。
Commented by masuturi at 2006-10-19 23:12
みやさん、おばんです。
醍醐味を理解してくれない人が多ければ、川に来ない人も多くなり…うお、釣りし放題!
でも一方でこの楽しさを大勢の人に知ってもらって、できれば川にも目を向けてもらいたいという気持ちもあるんです。
フクザツな男心です。
Commented by シロ at 2006-10-21 22:11 x
こんばんは、masuturiさん。

最終日に初めて他のフライの方に出会いました。あ、僕の他にも釣り人がいるんだぁって嬉しかったです(^^;)
ルアーマンにはまだ。。


来年はmasuturiさんも手取に応募しませんか?
待ってますよ♪
Commented by masuturi at 2006-10-22 22:30
おお、ついに他の釣り人に出会えたんですね(笑)。
やっぱり最終日はみんな出かけるんだなぁ。
ルアーマンはなんだか話しかけにくい人多いですよ(含俺)。ヒゲ、サングラス、妙にガタイいい……中には熊と見まごう人も(笑)。


手取に応募…って鮭釣りですよね!?
あんなに大きな魚だとちょと怖いな。
尺イワナぐらいがちょうどいいんで、山の中に連れてってくださいな。
Commented by シロ at 2006-10-22 23:12 x
こんばんは、masuturiさん。

本物でなく熊っぽいなら全然オウケイです(笑)

>鮭
僕のタックルを釣具屋さんに話たら笑われてしまいました。。
ラインのポンド数を倍にして下さいとの事。渓流では4lbを使っていたので、鮭用に8lbを用意していたのですが16lb位が標準ですよと。
8lbの太さにビックリしていたのにその倍とは(^^;)
>尺イワナ
まだ出会った事がありません(笑)そんな僕で宜しければ喜んでご案内します!とっておきの渓へ♪

Commented by masuturi at 2006-10-24 00:13
まわりの釣り人に迷惑をかけなさそうだったら
8lbでも十分上がりそうなもんですけどねー。

とととっておきの渓!?その言葉の響きだけで、もう(笑)。
Commented by KAI at 2006-11-15 11:06 x
こちらでははじめまして、R30、Kei流から流れてきました、
多摩ナマ KAIです。
釣りに出る行為が私の中でも大切です。
その前の道具の整理もすごい好き、
わくわくします(笑)
その流れの中で魚が出ればなお良し、
出なければ次回に持ち越されます。
自分が魚をつれる状況の釣り場に感謝ですね?
Commented by masuturi at 2006-11-16 22:28
KAIさん、はじめまして。
お名前は某所(ってほどでもないですね)で何度もうかがっておりました。
遠足の前の日と同じで、釣りの前日はなかなか眠れません。
用意をしているうちに、リールの汚れが気になって…手入れをしているうちに、もうこんな時間!よくやる失敗です(笑)。

でも釣りに出る行為ってのは、それくらい大切なんですよね。
その大切な川に今週末は久しぶりに会いに行ってきます。
Commented by シロ at 2006-11-26 22:13 x
masuturiさん、こんばんは。

12月10日に桂川に行くので用事が終わり次第、僕も奈良子にお邪魔しようかと思っているのですがmasuturiさんは何時頃まで居られる予定ですか?
Commented by masuturi at 2006-11-27 23:05
え?え?なんで桂川??
と思ったら、ドットコム大会の決勝なんですねー。すごい。
シロさん来ていただけるなら、いつまでも待ってますよ。
詳しくはメールください。masuturi@mail.goo.ne.jp
<< 【釣行記じゃないけど】お願い。 雨上がりの夜空に。 >>