鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雨上がりの夜空に。

10月9日
丹沢の川 10:00~18:00 晴
釣果 イワナ10

せっかくの三連休は雨上がり。
少しは水が引いてきたであろう最終日に、山へ向かう。
c0062039_2151538.jpg

予想以上に水は多く
川の規模は倍くらいに、ふくれ上がっている。
いったい水量自体はどのくらい増えているのだろう……轟音が谷間に響く。

ところがこんな釣り日よりなのに
川に人影は見当たらない。
キレイに整えられた砂地についた足跡は鹿のヒヅメだけ。
まだ禁漁じゃないよな?と思わず不安になって辺りを見渡すと、不意に秋風。
c0062039_22283518.jpg

takiさんのサスペンションフックを取り付けたミノーを、流れのゆるいところに放り込む。
すぐにイワナが気づいて追いかけてくる。
速い流れに乗ったイワナの取り込みは難しい。
うかうかしていると落ち込みに巻き込まれてしまうし、強く寄せれば身切れする。
しかし、このフックは素晴らしい。
流れの中からイワナをするすると引きずり出してしまう。
c0062039_2343057.jpg

流れが速すぎて、どうしてもイワナが追いつけないときは
そっと上流に回りこんでミノーを一ヶ所で躍らせる。
やがて魅入られたかのように、透き通った川底から浮かび上がってくるイワナ。

どんどんと川を遡って行くと、山の稜線が近づいてきた。
川の流れは細くなり、釣りの終わりを予感させる。
秋の日暮れは早いので
帰りのことを考えると、そろそろ心細くなってくる。
c0062039_22294593.jpg

夕闇の空は美しい。
日没を迎えた、まさにその瞬間。
山は暗闇に沈み込んでいるが、空は一瞬だけ青く輝く。
都会のネオンにはかき消されてしまう、儚く暗い輝きだ。
この広い空の輝きを見ているのは、この山にいる自分だけ。
とても贅沢な時間だ。


ヒットルアー  mogミノー D-コンタクト  ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-10-10 23:30 | 釣行記2006 | Comments(13)
Commented by みや at 2006-10-11 10:02 x
おはようございます~
台風(低気圧?)一過の連休の空、きれいでしたねぇ。
帰り際にふと見上げた空の月光が眩しいくらい。
無闇に思索的になってしまう秋の夕暮れ。貴重な時間です。
Commented by masuturi at 2006-10-11 13:26
そうですねー、特に秋はもの悲しい。
釣りに行った前日が長年の友人の結婚式だったこともあって
今回はよけいにしみじみしてました。遠くまで来たなぁって。
Commented by taki at 2006-10-11 21:17 x
秋と禁漁が一度にやってくるので、淋しさ倍増です。
シーズンが早く感じられるのは充実していた証拠なんだけど、
今年は特に梅雨が長かったでしょ、そのぶんアッと言う間に秋が来た気がします。
夕闇の空を見上げてフッとため息をつくmasuturiさんを想像できます。
みんな同じ気持ちだな、きっと。
フッ~
Commented by TABO at 2006-10-11 22:18 x
masuturiさん

イワナ10って・・・・   フッ~
Commented by マスツリ at 2006-10-12 15:56 x
takiさん。
そう言われてみれば、今年は長雨に悩まされましたっけ。
なかなか暑くもならず……ほんの数ヶ月前のことなのに、なんだかずいぶん昔のことに思えてしまいます。

釣りが面白ければ面白いほど、その終わりは寂しい。釣りをしていても寂しい。
丹沢の釣りも、いよいよ今週でおしまいですね。フー…。
Commented by マスツリ at 2006-10-12 15:57 x
TABOさん、雨でイワナが動いていただけですよ。
水がひいたら、またすぐに釣れない丹沢です。フー!
Commented by mog at 2006-10-12 18:38 x
丹沢は西も東もいまだ増水でした。
フとしたことから、、イワナの塩焼きを頂きました。
自分で釣ったイワナを食べるのは初めてです。
お腹に味噌を入れて・・・イワナがこんなに美味しいとは知りませんでした。フー・・・

渓魚の旬ってあるのかな?
Commented by taki at 2006-10-12 20:54 x
マスツーリさん、mogさん、僕もやってみたいです。お腹に味噌を入れて焼けばよいのですか?普通のハ〇マルキとかでOKですか?我が家では、ずいぶん前のヤマメとイワナがコチンコチンになって保存されております。
Commented by mog at 2006-10-12 21:17 x
takiさん、どうもです。
我が家には、赤だししかないので、ネギのみじん切りと、みりんを混ぜてお腹に詰めました。赤だしだと、日本酒のつまみにピッタリです。
ハ○マルキとかだと、ご飯に合いそうですね。

機会があれば、来年、イワナご飯に挑戦しようと思います。
masuturiさん、もう一回レシピ教えてね。
Commented by masuturi at 2006-10-12 22:49
渓流魚の旬……初夏あたりのイメージなのです。
今の時期は卵に栄養がいってしまって、身はやせていそうですね。

イワナご飯は炊飯器の中に米一合あたりに、イワナを一匹(18センチくらい)と酒を20cc、醤油を少し(ほんのり色づくくらい)入れます。
あとはスイッチをいれて普通に炊くだけ。
炊き上がったら、身をほぐしてご飯に混ぜてやれば……そりゃー、もう!

だけどもやっぱり一番は塩焼きかな。
Commented by TABO at 2006-10-12 23:19 x
イワナにみそ、いいですね~。こんなことなら私も冷蔵庫にストックしておけばよかったです。でもやっぱり新鮮生が一番ですかね。
Commented by mog at 2006-10-13 18:41 x
いろんな食べ方がありますね。
以前、餌釣り師のおじさんは、ヤマメを甘露煮にして、お正月に食べると言ってました。昔ながらの保存食だそうです。

きっと、知られざる逸品とかあるんでしょうね。
食べる為に釣ってる訳じゃないけど、興味はありますね。

Commented by masuturi at 2006-10-15 21:46
ヤマメはもったいなくて塩焼きにしかできません(笑)。
これからは管釣りで息を繋いでいく日々。
だけども魚はたくさん食べられるようになりますね。
<< ルアーフィッシングという生き方。 それから十年。 >>