鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

それから十年。

9月30日
大洞川 5:30~16:00 曇
釣果 イワナ3 ヤマメ3

秩父イワナが釣りたい。
当初の予定では、前日から山中に入り
小屋で一泊するつもりだった。
だけども寝坊したり、渋滞に巻き込まれたり
リールを忘れてしまったり、また渋滞に巻き込まれたり。
やっと秩父にたどり着き、蕎麦で一息ついたときにはすでに4時をまわっていた。

今日はもう釣りは諦めて、どっか行ってみようか。
秩父事件のクライマックス、椋神社なんてどうだろう。
ここで軍律五箇条を読み上げた瞬間。
現在までも含めて、日本で最も自由が間近に感じられた瞬間だったろうなぁ。
c0062039_20385875.jpg

実は以前にも椋神社に来たことがある。
大学の実習で秩父に来たのだが、途中で抜け出して
かねてから念願の『聖地』を訪ねたのだ。
あれから十年の歳月が過ぎた。

境内をそぞろ歩きながら、ふと考える。
この十年で自分は何が変わったのだろう。
あの時と何も変えることが出来ず、ただ時間だけが過ぎ去ったのではないだろうか。
なぜか焦る。
取り残されたような気持ちに陥る。

そんな自分を無視するかのような中学生のカップルがやってきた。
自転車を停めヘルメットをはずすと、神社にある水飲み場へ。
二人で水を飲み、腰を並んで下ろすと
なにやら楽しそうに話している。

21世紀になって5年が過ぎようとしていると言うのに
時間が止まったかのような、あまりにまぶしい光景。
二人を驚かすのもためらわれたので、そっとその場を離れる。

だけども、なんだかやる気がでてきた。
明日のために、今夜は道の駅の駐車場で早めに床につく。


待ちきれずに、3時半に起床。
車止めまでひたすら林道を走る。
ライトには次々に動物たちが映し出される。
大きな角を持った鹿、猪の親子、あの小さな白いのは穴熊か。
夜の林道は彼らの領域だ。

まだ暗い車止めで夜明けを待つ。
山際はようよう白くなりゆくが、川の様子は分からない。
そうこうしているうちに続々と車がやってくる。
ええい!もう待ちきれん!と釣りを開始。
c0062039_2263291.jpg

谷は深いけど、歩きやすい川。
水量も豊富で、普段自分が釣りしている川の倍ほどの規模。

魚はミノーと距離をおいて、ゆっくりと少しだけ追ってくる。
とても釣れそうに思えない。
川原に濡れた足跡が目立はじめたので
いったん林道に上がり、上流へと移動する。
c0062039_2236667.jpg

20分ほど歩いたところから
再び川に下りていく。
再会した川はずいぶんと小さくなっていた。
…と、思ったら川に流れ込む沢だった。
だけどこれくらいの規模の方がイワナ釣りらしくていいなぁ。
小さな落ち込みにポンとmogミノーを投げ込む。
スッと黒い影が近づく。

ドキドキしながらルアーを回収。
今の魚は確かに黒かった。
しかもこの日初めて見たやる気のある魚。
ようやく秩父イワナに会えそうだ。

規模の割に落ち込みは深く、流れは速い。
もう一度mogミノーを投げ入れるが
あっという間にバルサミノーは流されてしまう。
もっと重いシンキングミノーにも反応は一度だけ。
50センチ四方の小さなポイントにかれこれ20回以上もキャストを繰り返した後
最後の足掻きでスピナーを結んでみた。
キリがないので3回だけで終わりにしよう。
一投目……二投目…突然、ガツンと衝撃。
c0062039_094566.jpg

全体的に濃い体色。
おなかや斑点は想像していたようなオレンジ色ではなく
もっと茶色っぽい色合い。
言ってみるならば朱色。
まさに紅いイワナだ。

ホントはじっくり眺めていたいけれども
狭い沢なので魚を入れておくプールが作れない。
あわてて撮影をしようと思ったら、飛び跳ねて流れに戻ってしまった。
手元に残ったのはピンボケの写真が一枚きり。

すぐにもう一匹。
今度はもっと鮮やかな紅さだったけれども
こいつもすぐに川の中へ。

結局、この日魚が釣れたのはスピナーだけだった。
秋の釣り、しかもイワナの釣りはミノーが一番だと思っていたので少々…どころか、とても驚いた。
スピナーは水生昆虫をイミテートしたルアーだと言われている。
しかしスピナーを虫だと思っているのは、人間だけなのじゃないだろうか。
魚はただ回転するブレイドに警戒し、威嚇しているだけなのかもしれない。
そうだとしたら、秋こそスピナーの威力が最も発揮できる季節になる。
c0062039_0333382.jpg

いくつも続く堰堤を前に、そろそろ終わりにすることをを考える。
最後にもう一匹イワナ。またもスピナーで。
今度のイワナはだいぶ色が薄いな。


さぁ、よく遊んだ。帰ろう。
と思っても、林道は遥か頭上だ。
何十メートルもガレを登らなければ辿り着けない。
鹿の足跡が続いていたので、ここなら登れるんじゃないかと決心する。
他の場所は垂直に切り立った壁そのものだし。
ひたすら登り……
汗だくになってやっと林道……そう思ったら
c0062039_0402697.jpg

道がなかった。

今から十年後、今日と同じように釣りをしていられるだろうか。
体力はずっと落ちているだろう。
そう考えると、いつか行きたいと思っている源流釣行だって
そろそろ行けるようになっておかないと、時間はあまり残されていないぞ。

きっと十年なんてあっという間だ。
『いつか』も急がなければ。


ヒットルアー  ニアキス
[PR]

by masuturi | 2006-10-02 00:55 | 釣行記2006
<< 雨上がりの夜空に。 感謝の気持ち。 >>