鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小渓流にはバルサが似合う。

9月9日
真木川 13:00~18:00 晴
釣果 イワナ7 ヤマメ1

倒木やヤブに行く手を阻まれた小渓流で
ひっそりこっそり釣りをしたい気分。
午後から真木川にひっそりと降り立った。
c0062039_230527.jpg

こういった小さな川では、それに比してポイントも小さく儚い。
枝や葉に囲まれた30センチ四方の水面にルアーを投げ込む。
着水後すぐにルアーにワンアクション。
その間に食ってこなければ、やり直しだ。哀れルアーは引っ掛かってしまう。

そんなポイントには小さなバルサのミノーが最適。
浮力が強いバルサはバランスを崩してもすぐに元どおり。
今日はmogミノーの日だ。
c0062039_21301715.jpg

真木川は砂で埋もれている。
底石の見えない川で、一見魚は育てなそうに思える。
雲の真っ只中にいるので、湿気がひどく偏光グラスは使えない。
ところがよく見えないまま、油断してうっかり身を乗り出すと
浅場に浮いてた魚がさーっと姿を隠してしまう。
やる気のありそうだった尺イワナも岩陰にサヨナラ。

だけどもこれで今日の魚の居場所は分かった。
ぎりぎりまで距離をとって、そっとルアーを水面に置くように。
着水した瞬間にヒット。
何匹もの魚を走らせての成果だ。
c0062039_2291476.jpg

アジやイワシの背中が青黒く、お腹が銀色なのは保護色になっているためらしい。
海鳥が上から見たときは深い海に、大型魚が下から見上げたときにはきらめく陽光に。
生き残るために、背景に溶け込むようになっているとのことだ。

この川に住むイワナの背は白い色。砂の色。
見事に砂に溶け込んでいる。
ところがお腹は目が覚めるような、鮮やかな黄色だ。
いったいこのお腹の色には、どんな意味があるのだろう。
魚が居付いていることの主張だとしたら
これほど見事な宣言、ちょっとないぞ。


ヒットルアー  mogミノー チップミノー4S
[PR]

by masuturi | 2006-09-14 22:30 | 釣行記2006 | Comments(15)
Commented by TABO at 2006-09-15 18:13 x
不思議ですよね~魚達の色。ヤマメの赤青黄はなんででしょうかね。
Commented by mog at 2006-09-15 18:30 x
僕が、渓流でルアーを始めた頃、釣れる時はほとんどが着水後即ヒットでした。ミノーを泳がせて釣りたいとずっと思ってました。
今は、着水即ヒットはほとんどありません。
何かを忘れてしまったんでしょうね。
その答えが真木川にあるような気がします。
前回、ご一緒した時、退渓間際に思いました。

今日、送りましので、郵便屋さんの努力次第では、3連休に間に合うかも?




Commented by JIMO at 2006-09-15 21:31 x
雲の上まで釣りに行ってしまうのですね。

ああ・・あともう少しでシーズンも終わってしまうのに、
釣りエネルギーが切れてます。。。
Commented by masuturi at 2006-09-15 21:52
TABOさん。
なんで居付きイワナは黄色いんでしょうね。
どうせ水底について見えない部分なのに。見えないところにこだわるのが本当のおしゃれってことなんでしょうか(キレイにオチた?)。
Commented by masuturi at 2006-09-15 21:59
mogさん。
それはmogさんのキャストが上達してしまったからじゃないでしょうか。

小型ミノーって魚をイミテートしてるとは思えないんですよ。あれは虫みたい。
特に水面を意識している魚は虫だと思っているんじゃないかなーと。
なのでまるで虫が飛んでいるかのように、ふわーっとゆっくりキャストしてます。そして、そっと水面に落とす。気分はバッタかなんかで。
しゃーっと上手に素早くキャストしてしまうと、魚はかえってびっくりしちゃうんじゃないかな……勝手に思っているだけで、イワナは小魚だと思い込んで追っかけてきてるのかもしれませんが(笑)。

最後になりましたが、どうもありがとうございます!!大切にさせていただきますねー。
Commented by masuturi at 2006-09-15 22:03
JIMOさん。
秋の長雨で、関東ではすっかり雲は下りています。
そんな人跡未踏な山中へ、自分が行けるわけないじゃないですか(笑)。
北海道とかあまりにウラヤマシイ釣り環境で、かえってエネルギー切れてしまったのでしょうか。
夏の暑い間は乗り気になれないけど、もうすぐ禁漁って言われるととたんにあせってしまいますよね。毎年のことなのに。
Commented by 裏川探検隊 at 2006-09-16 20:12 x
シーズン終了間近になりましたね。相変わらずのイワナキラーぶりですね。
こういった小渓流では小さめのミノーがいいんですか。先日行った法行沢というのも似たような所で、また行くときにバルサミノーを従えて行きたいと思います。
Commented by masuturi at 2006-09-18 11:42
裏川さん、こんにちわ。
すっかり秋の装いで、雨の中の釣りは寒くなってきました。
魚は元気なんだけど。

マイクロスプーンでもいけそうな気はするのですが
魚はまったく興味をしめしてくれません。
光っていないとダメなのかな。
ウエダのロッドはバルサミノーを扱うにはぴったりのロッドですよ。
ぜひ使ってみてくださいね。
Commented by at 2006-09-18 23:55 x
わたしは真木川全くダメでした。やはり上流部テニスコート
周辺ですかね。

釣友は「真木川いいですよ~!」なんて言ってイワナ釣ってきますが
私は全く釣れません・・・
やっぱり相性とかあるのかな?
Commented by マスツリ at 2006-09-19 15:10 x
それよりも、もうちょっとだけ上流ですね。
藪はますますひどく、川は浅く、水面は少なくなっていきます。
その小さなポイントにうまくルアーが入ると
小さなイワナがぱくっと食いついてきます。
だけど一般的なルアーの醍醐味でないことも確かですねー。
本流釣りとは対象魚こそ同じものの、まったく別の魚を釣る感じになってしまいますし、好き嫌いは分かれるところだと思います。
Commented by miya at 2006-09-19 20:37 x
真木の上流、素敵ですねぇ。
自分も超幅狭ポイントでちっこいイワナに挑む釣りも好きだったりします。

そんな時使うのはダイビングビートルとかサムシャッドとか、リップの大きいミノーかな。
表層をちょこちょこやったりすると、まさに「ぱくっ」ときます。
あれは、やっぱり虫とかをイメージしているんでしょうねぇ。

時には深く、時には表層で・・・ミノーを使っているってる間隔もたまりません(笑)
Commented by masuturi at 2006-09-20 00:28
たまにクマの足跡があって、素敵さに拍車をかけています。

今さらながらだけど『ダイビングビートル』って名前からして虫ですね。
表層で使うと、魚がすっと出てくるのが見えるのがたまりません。
深く潜らせても……潜っても虫なのかな。
Commented by みや at 2006-09-20 10:22 x
そうか、ダイビーは虫ですね。
深く潜らせたとき…ゲンゴロウかなにか?
でも自分のダイビーは虫なのにパーマークがあるしねぇ。
怪しげな虫です(笑)
Commented by masuturi at 2006-09-21 22:51
うぶな山女魚に
悪い虫がつきました(笑)。

水路辺りで釣りするならそれもありかもねー。
Commented at 2006-09-27 23:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 感謝の気持ち。 滝を見に行く。 >>