鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

続・夏山へ。

7月29日
内河内川 5:00~16:00 晴/雨
釣果 ヤマメ5 イワナ15


復旧工事の車は一晩中出入りを繰り返しており(ごくろうさまです)
翌朝になってもガードは堅い。
ヤマトイワナって一度でいいからお目にかかりたかったけれど、今回は諦めよう。

昨日に引き続いて、林道沿いになっている別の川へ。
車中泊で重い体を引きずるように歩いていく。
しかし、この林道があるとないとでは気持ちの上で余裕の持ち方がまったく違ってくるのだから、贅沢は言ってられない。
c0062039_243833.jpg

しばらく歩いた最初の橋から入渓。
ダム工事の影響か、水はうっすら白濁り。
だけど、大石下の落ち込みを狙うと、早くもイワナの追跡。
『もも、もしかしてヤマ…』と、実に心臓に悪い。
c0062039_2463369.jpg

釣れたのは見事なまでに純粋なニッコウイワナ。
そりゃこんな下流にヤマトイワナがいるわけないと、頭では分かっているものの
もしかしてという気持ちは抑えきれない。
イワナが釣れるたびにドキドキする。
だけど、ムダに疲れて精神的によくない。
なんだか釣れた魚よりも他のことに気が回ってて楽しくない。

せっかくの夏山だ。
くどくどと考えていないで、思い切り水と魚を楽しもう。

c0062039_313637.jpg気持ちを切り替えるためにもひとまず休憩。
湧き水があったので
南アルプスの天然水を無駄使いしてやろう。

川で食べると、ただのインスタントラーメンもご馳走。
こればかりは、いくら高級中華に外車で乗り付けても
決して食べることのできない味なのである(たぶん)。
c0062039_335231.jpg

増水によって、普段釣れるであろうポイントとは別の場所からイワナが出てくる。
比較的流れのゆるいところからはイワナ。
ヤマメは一足早く、流れの中に復帰しているようだ。

やがて川にある石の一つ一つが大きくなり連爆帯が始まる。
自分の身長よりも高い石を、両手両足を使ってやっきになってよじ登る。
その先にはさらに高い石。
その石も越えると、さらに上から水は落ち込み
目の前には青い淵が広がっている。
c0062039_323630.jpg

次々にイワナが追いかけてくるが、取り込めるのは中型まで。
いったん激しく複雑な流れに乗られてしまうと、尺クラスは引き寄せられない。
c0062039_215220.jpg

比較的ひらけた場所で釣ることができた28センチ。
今回はこれが最大。
顔は幼さが残るけど、この勾配で鍛えられた引きはサイズ以上に強い。

川を流されながらも右に左にと渡り
いくつもの滝を夢中で高巻く。
ふっと我に返って上を見上げると、まだまだ遙か先まで大石が連なっている。
c0062039_320572.jpg

実際に遡行しているときは夢中になってしまって、写真を撮ることなんてどこへやら。
一息ついたときに思い出したように撮影。
ホントはもっとずっと厳しい。

だんだん釣りよりも、川を遡っていくことが楽しくなってしまい
この先はどうなっているのか?
あの石の上はなにがあるのか?
勢いよく登っていく。
ひょいひょいとリズム良く歩いていくと、おっと流木。
踏んづけて乗り越えてやるぜ!

ぎゃー!!
流木と思ったら鹿の死体だった。
ぎりぎりで気がついたけど
水にふやけた鹿の色合いは、流木に実にそっくり。
釣り人のみなさん、お気をつけあれ。


小さなダムまでやって来た。
もう足も上がらないし、さっき大物もバラした。
そろそろ現実に帰る頃合だ。
さぁ、梅雨明けの暑い東京が待っている。


ヒットルアー  mogミノー D-コンタクト アレキサンドラ50S 
[PR]

by masuturi | 2006-07-31 21:12 | 釣行記2006
<< 滝を見に行く。 夏山へ。 >>