鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

海の日だけど山に行く。

7月16日
神ノ川 9:30~18:30 晴/雨
釣果 イワナ10


友達の結婚式に出席する彼女を素早く送り届ける。
両目から迸る『アタシも結婚したい光線』を優雅にかわして、川に。
冗談じゃない。
昨日の雨で川の様子が変わっているはず。
イワナも動き出しているはず。
コッチだって手から光線が出るくらい忙しいのだ。


神ノ川はほとんどが砂礫に埋もれ、その流れは浅く、速い。
隠れ場所がないので、イワナはまるでヤマメのように、流れの中に入っている。
しかしその分ヒレが大きく育ち、引きもヤマメのようにグイグイと強く激しい。
イワナのくせに、けしからんのである。

そんな川だから通常のミノーでは通用しない。
シンキングミノーのお腹に、さらに板重りを追加。
その姿は、まるで敵陣に突撃するヨロイをまとった騎士のようだ。

ルアーがそうなると、ウエダの柔らかロッドでは扱いにくくなってしまう。
しかし今日はこの竿で行こう。
先日mogさんにいただいた、mogミノーをどうしても使ってみたいのである。
軽量なバルサミノーには、この竿の相性がいい。
c0062039_2230547.jpg

砂地にくっきりとついた足跡が
先行者の存在を雄弁に語ってくれる。
いかにも!という大場所からは魚は出てこない。
びっくりするような浅瀬。
小さな石裏のポケット。
mogさんの丹念にポイントを探る釣り方を思い出しながら
それを真似して釣りあがっていく。
小さくても力強いイワナが追いかけてくる。
c0062039_23495258.jpg

いくつ目かの堰堤の下で大きなアタリ。
轟々と流れ落ちる水の下に潜りこんでしまい中々出てこない。
ピンと張ったラインの先から、ブルブルと震える信号を送ってくれているが
水流の激しさにふと不安になる。
せめてmogミノーだけでも無事に戻ってきてくれよ。

やがて力尽きた魚体は水に押し負けて流されてきた。
ひょろりと長い尺イワナ。
口元には輝くmogミノー。
c0062039_23501060.jpg

ふっと花の匂いがただよう。
そんなときは見上げると、崖の途中に山百合。
うだるような下界とは無縁の
山の夏はこれからが盛りだ。


ヒットルアー  mogミノー D-コンタクト 
[PR]

by masuturi | 2006-07-17 22:13 | 釣行記2006
<< 夏山へ。 小天狗、山中で大天狗に出会う。 >>