鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

海の日だけど山に行く。

7月16日
神ノ川 9:30~18:30 晴/雨
釣果 イワナ10


友達の結婚式に出席する彼女を素早く送り届ける。
両目から迸る『アタシも結婚したい光線』を優雅にかわして、川に。
冗談じゃない。
昨日の雨で川の様子が変わっているはず。
イワナも動き出しているはず。
コッチだって手から光線が出るくらい忙しいのだ。


神ノ川はほとんどが砂礫に埋もれ、その流れは浅く、速い。
隠れ場所がないので、イワナはまるでヤマメのように、流れの中に入っている。
しかしその分ヒレが大きく育ち、引きもヤマメのようにグイグイと強く激しい。
イワナのくせに、けしからんのである。

そんな川だから通常のミノーでは通用しない。
シンキングミノーのお腹に、さらに板重りを追加。
その姿は、まるで敵陣に突撃するヨロイをまとった騎士のようだ。

ルアーがそうなると、ウエダの柔らかロッドでは扱いにくくなってしまう。
しかし今日はこの竿で行こう。
先日mogさんにいただいた、mogミノーをどうしても使ってみたいのである。
軽量なバルサミノーには、この竿の相性がいい。
c0062039_2230547.jpg

砂地にくっきりとついた足跡が
先行者の存在を雄弁に語ってくれる。
いかにも!という大場所からは魚は出てこない。
びっくりするような浅瀬。
小さな石裏のポケット。
mogさんの丹念にポイントを探る釣り方を思い出しながら
それを真似して釣りあがっていく。
小さくても力強いイワナが追いかけてくる。
c0062039_23495258.jpg

いくつ目かの堰堤の下で大きなアタリ。
轟々と流れ落ちる水の下に潜りこんでしまい中々出てこない。
ピンと張ったラインの先から、ブルブルと震える信号を送ってくれているが
水流の激しさにふと不安になる。
せめてmogミノーだけでも無事に戻ってきてくれよ。

やがて力尽きた魚体は水に押し負けて流されてきた。
ひょろりと長い尺イワナ。
口元には輝くmogミノー。
c0062039_23501060.jpg

ふっと花の匂いがただよう。
そんなときは見上げると、崖の途中に山百合。
うだるような下界とは無縁の
山の夏はこれからが盛りだ。


ヒットルアー  mogミノー D-コンタクト 
[PR]

by masuturi | 2006-07-17 22:13 | 釣行記2006 | Comments(16)
Commented by TABO at 2006-07-17 23:15 x
masuturiさん、またまた尺イワナですかぁ。引き気味のアングルですが立派なイワナだとわかります。先行者のも釣ってしまうんですね。
masuturiさん!そろそろおめでたい日が近づいているようですね。
Commented by masuturi at 2006-07-17 23:49
おめでたい日……それともホントは人生の墓場なのでしょうか。
少なくとも確実に分かっていることは、今までのように釣りに行かせてはもらえないってことです(泣)。

ところでTABOさんも神ノ川行ってみますか?
(丹沢にしては)釣り人が少ないので、なかなか良いイワナが釣れてしまいます。
相模漁協の年券で入ることができますよ。
Commented by TABO at 2006-07-18 13:24 x
>人生の墓場 そんな事ないですよー。楽しい事いっぱいですよ。釣行回数が減るかどうかはmasuturiさんのテクとセンス次第です(笑)
神ノ川行って見たいですね~!
Commented by 裏川探検隊 at 2006-07-18 19:11 x
こんばんは。
尺イワナ、本当に何気に釣ってしまいますね。
飄々としたスタイルがmasuturiさんの持ち味のように感じます。
イワナは一度釣ったきりで幾度かチャレンジしているのですが、なかなか
釣果に恵まれません。目に見えない「壁」のようなものを感じています。

Commented by masuturi at 2006-07-18 20:45
TABOさん、その相方のコントロールテクにまったく自信がないのです(笑)。釣りと同じでこれも経験がものをいうかなー。だけど餌を与えてこなかったからなー。
神ノ川について後ほどメールしますね。
Commented by masuturi at 2006-07-18 20:57
裏川さん、こんばんわ。
イワナはいるところにさえ行ければ、あっさりと釣れちゃうんですけどね。
けっして気難し屋ではない上に、夏の真昼間でも釣れてしまうので
ある意味これからがシーズンです。ぜひ再挑戦なさってください。


だけど46センチ山女のほうが、ずっとうらやましいなー。
Commented by みやーん at 2006-07-18 23:14 x
おひさしブリブリです。
おや?masuturiさんは、まだでしたか。ボクはてっきり既婚者かと…
もう、それだけ釣ったのだから、観念したほうがよいですよ(笑)

自分は、今から釣り行くよオーラを張り巡らせて、相方をけん制してます。
でも、道具は今みたいに買えないよな・・・(泣)
Commented by mog at 2006-07-18 23:21 x
masuturiさんこんばんは。
写真ありがとう御座います。
しかし、嬉しいですね。僕が作ったルアーで、魚が釣れた。しかも大物が。
自分で釣った以上に喜びを感じます。
実は、アレキサンドラと出会って以来、もう止めにしようと思ってましたが、また、作ってみようかなと思い始めてます。(笑)
いや~ホントにうれしいよ!ありがとね。
Commented by マスツーリ at 2006-07-19 11:52 x
生・涯・現・役

うわ、すげーアホっぽい。


みやさん、釣り吉三平のラストシーンって知ってますか?
あれだけ魚釣っておいて、最後のセリフが『もっとっもっと魚を釣りたーい!!』ですよ。
それに比べたら自分なんてまだまだ……。
Commented by マスツーリ at 2006-07-19 11:56 x
mogさん。
こちらこそ、ありがとうございました。
mogさんは謙遜なされているけど、綺麗にヒラを打つ
使いやすいミノーでしたよ。
神ノ川ではまだまだ本領発揮させてあげられなかったので
今度は真木川でも行ってみます。楽しみー。
Commented by taki at 2006-07-19 21:20 x
mogさんのは・・謙遜とはちょっと違うかもね。
いつまでたっても終わりが無い、納得できないんですよ。
だからmogさんも、まだまだmogミノーと結婚することができない、本当は大好きなのにね♪
Commented by at 2006-07-19 23:09 x
「海の日だけど山に行く。」そのとおり!(児玉清)

わたしも先日、久しぶりに表丹沢入り口?で釣りしてきました。
まあまあだったかな~、masuturiさんほどではありませんけど。

この雨、週末辺りにはイイ影響なんじゃないですか。
わたしはもう少し本流に行ってきます!

PS:私は結婚してから釣行回数が増えました。理由は
分かりませんが夫婦円満ですよ。
Commented by masuturi at 2006-07-19 23:56
takiさん。
なるほど、そんな気持ちなんですね。
逆に、満足しきったミノーが完成してしまうと、それは面白くないのでしょうか。それともやっぱり良いのができたほうがいいのかな。
自分もその長い旅路に参加したいです。
Commented by masuturi at 2006-07-20 00:00
☆さん。
雨は本流にも良さそうじゃないですか……少し降りすぎな気もしますが。

>釣行回数が増え
しっかりと後ろを守ってもらっているということですね。
うらやましーかぎりです。このー。
Commented by mog at 2006-07-21 18:22 x
あっちがうまくいくと、こっちがイマイチだったり、ホントtakiさんの言われる通りですね。きっと満足しきったミノーなんて、この世に存在しないものなのかもしれませんね。
masuturiさんも旅にでてみては?ある意味、釣りより面白いかもよ。
Commented by マスツーリ at 2006-07-22 13:12 x
搾取され続けている労働者階級なので
休日は短く少ないです……。釣りに行ったら一日がおしまい。
なのでオフシーズンなったら作ってみたいです。
ってあと2ヶ月しかないですね!うわわ。
<< 夏山へ。 小天狗、山中で大天狗に出会う。 >>