鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小天狗、山中で大天狗に出会う。

7月8日
山梨の川 6:00~18:00 晴
釣果 ヤマメ7 イワナ7


川に降り立ち、釣りの準備を始める。
いつものことだが、この時間はなかなかにもどかしい。
大急ぎでラインを結んで、隣にいるmogさんのタックルをひょいと見る。
柔らかく長めのロッドに、リールにはPEライン。
その先には自作ミノーが銀色に輝いている。
一目見ただけでも、曲者の香りがぷんぷんとする。

そしてその予感は
釣りを始めてすぐに現実のものとなる。
キャストがすごい。
自分だったら何度も投げて、その度に少しずつ距離を測るぎりぎりのポイント。
結局どうしても投げ込めずに、最後は岩にぶつけて、その反動でぽとりと落とす。
そんなところにも平然と投げ込む。
しかも見ていると失敗がまるでない。
TABOさんは自分のキャストを針の穴を通すようだと評してくれたが、とんでもない。
mogさんと比べてしまうと、せいぜい車の車庫入れだ。それも軽。

誰もいない渓流で、他の釣り人と出会うことなく
いつの間にか高くなっていた天狗っ鼻を、へし折られてしまった。
c0062039_2115056.jpg

それだけのキャスティング技術があるのに、ポイントには身を伏せそっと近づく。
見落としてしまいそうな小場所も、丁寧に探っていく。
それを感心しながら、ただ眺める。
つくづく魚じゃなくて良かった。


まぁ、いつものようにへろーっと投げて
それでも釣れてしまうイワナには、それこそいくら感謝してもしきれないのである。
c0062039_0121699.jpg

入渓点を間違え、崖の中を汗だくになって登ったり下ったり。
うっそうと茂る木々の奥までは風も吹いてこない。
すっかり疲れ果てて、林道を帰る。

釣りの帰り道ってのは、大抵が薄っすらとした後悔と共にあるものだが
たくさんの収穫があった日は足どりも軽い。
おまけにお土産までいただいてしまった。
mogさん、オリジナルのミノー。
背中の微妙なうぐい色が実に素敵。
c0062039_21261099.jpg

午後からは場所を移して釣ってみた。
竿先には、もちろんmogミノー。
だいぶ減水しており厳しい状況だったが、ヤマメが数匹。
ぬめぬめと動くミノーに惑わされていた。


ヒットルアー  mogミノー アレキサンドラ50S チップミノー4S
[PR]

by masuturi | 2006-07-11 00:12 | 釣行記2006
<< 海の日だけど山に行く。 狐と狸と大狸。 >>