鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

狐と狸と大狸。

6月24日
山梨の川 11:00~18:00 晴/曇
釣果 ヤマメ2 イワナ9


ヤマメとイワナは良く似ているけど
その性格はかなり違う。
狡猾で動きも素早いヤマメは狐のイメージ。
あっという間に岩陰に隠れて、人間は何もいない水面に向かってルアーをぽちゃぽちゃ。
人を化かす。

一方イワナはのん気なものだ。
ルアーを追いかけてくるうちに滝壺に転落などよくある話。
時には浅瀬に乗り上げてしまって、あわてて跳ね回る。
魚のくせに、どうにも泳ぎっぷりがたどたどしくて
見ているとハラハラと母性本能を刺激されてしまう。
その愛嬌あふれる貌はまるで狸だ。

ところで自分はそんなのん気な、水の狸が可愛くてしかたない。
今度はどんなおとぼけを見せてくれるんだろう…そんなことを考えると楽しみで仕方がない。
流行り(?)の言葉で言えば萌え系か。
そう言えば、女の子もタレ目の狸顔がタイプだったな(ココで『お前、狐顔も好きじゃねーか!』と的確すぎる突っ込みが入る)。

恵みの梅雨で川はほんのり増水。
崩れやすい崖を、汗だくになりながら降りてゆく。
釣りに行っていない間に、体の中に溜まったオリのようなものが
汗と一緒に吹き出ていく気がする。
重く澱んでいた体も蘇る。

一投目から小さなイワナがぷるぷると竿を振るわせてくれる。
久しぶりに持ち出したシルファーも、今日に限っては機嫌がいいらしい。
c0062039_23511538.jpg

その後もサイズはなかなか上がらないものの
次々にイワナが釣れる。
ミッキーさんにいただいた蝦夷で、豆狸の見本市が開けそうだ。

キラキラと小さくても可愛いイワナ。
虫ならぬ、うお愛でる山男だ。


幾重にも連なる山が日を隠し、そろそろ終了の刻限が近づいてくる。
いい具合にヨれた流れにミノーを乗せてくる。
すぐにぐぐぐっと重くなる。突然走り出す。
夕方になり、ヤマメたちの活動が再開したようだ。
流れの中で暴れているのは、案の定ヤマメ。なかなか良い型だ。
このサイズだと相当の手ごたえが……あれ?ヤマメの引きをグラスロッドがぼわんぼわんと吸収してしまい、思いのほかあっさりと寄せてきてしまった。
c0062039_22312930.jpg

尺には少し届かないけれど
お腹の斑点のおしゃれ具合は、それを補って余りある。


やがて日が落ちる。
狐たちが動き始めるこの時間は、まさに逢魔が時。
願わくば、夕闇迫る渓谷で『誰そ彼』と問うことのなからんことを。


ヒットルアー  蝦夷50S アレキサンドラ50S 
[PR]

by masuturi | 2006-06-25 00:21 | 釣行記2006 | Comments(25)
Commented by masuturi at 2006-06-25 00:30
おまけ
帰りに、ちょっと気になっていたポイントを見ていると『ぽちょん』とライズ。
すぐにタックルを準備して投げ入れる。
ギラリ!ギラリ!と夕日を浴びながら蝦夷を追ってくるのは大イワナ。目測で45センチくらい。
噛み付いたとたんにリールが反転。ドラグがうなる。
少し寄せては走られ、少し寄せてはまた走られ。
なんとか、だましだまし足元まで寄せてきたら
ひょいと目が合った。
そのとたん猛烈なダッシュ。あっという間に岩陰に入り込まれそうになるが、それを止める術がない。
ぷつんと軽くなる竿先……ミッキーさん、ごめんなさい。
狸も大きくなると、人を誑かすのか。
Commented by taki at 2006-06-25 07:33 x
普段、放流と天然のどちらが釣れてもうれしいと思っていますが、やはり野生的な魚体は見るのもしびれます。masuturiさんの技術をもってしても逃走した大イワナ、きっとダイナマイトバディだったろうね。
Commented by ミッキー at 2006-06-25 09:38 x
ありゃ!?
やられちゃいましたか…
ルアーロストはつき物ですが、次回までに大イワナから外れてるといいですね。
蝦夷はまだストックがありますので、次回お会いした時にお渡ししますよ。
それで又リベンジしてください(笑)。

お聞きしたいのですが、この間振らせていただいたインターボロン、何フィートのモデルだったのでしょうか?
お店には新モデル(かなり柔らかく感じました)しかなく、長さと硬さで迷っていまして…
Commented by TABO at 2006-06-25 10:40 x
やはり、まだまだ大きいのがいるんですね。45オーバーですか・・・夕方の薄暗い渓で大イワナが暴れる姿が目に浮かびます。
masuturiさん、かなり上流まで行かれましたね~、写真の滝、かなりお洒落ですね。
Commented by masuturi at 2006-06-25 16:09
takiさん。
masuturiさんの技術を持ってしても…って、とんでもない誤解ですよ(つまり下手)。
特に岩陰に潜られちゃってから大慌てでした。結局ぐいっと強引に引っ張って、って文字を打ち込んでいるだけで悔しさが蘇ってきます。なんで川を渡って反対側に行かなかったんだろ、って今だからこそ思います。
ああー、悔しいなぁ!!
フックを折られるのも、さぞ悔しかったことでしょうねー。
お互い必ず出直しましょう。
Commented by masuturi at 2006-06-25 16:15
ミッキーさん。
当日は増水気味の流れだったので、蝦夷はダウンでがんばってくれました。
自分のルアーワレットの中は薄べったいルアーばっかり。ダウン向きのルアーが無かったので、大助かりでした。ありがとうございました。
ストックなんてそんな……良かったので、次は自分で買ってきますよー。

そうそうインターボロンは5.6ftのモデルでした。
軽くて楽チンです。
新モデルはウエダ風のティップで、柔らかいですよね。ミノーは動かしにくそう。しかし柔らかロッド好きな自分としては、結構気になっています(笑)。
新モデルの5.3ftは旧モデルよりちょっと硬めな感じだったので、これも面白そうですよ。
Commented by masuturi at 2006-06-25 16:20
TABOさん。
滝は二股に分かれていてとても良い感じだったのですが、なにせ辺りは薄暗くなりつつある山奥。できれば夏の陽光あふるる下で見たかったです。

いや、フライマンたちってよく『イブニングだー』とか言いながら、夕方の川に入れるな。自分には無理な世界です。早く梅雨明けして、太陽の光の中で釣りしたいです。
そのときにはまたお付き合いください。
Commented by 裏川探検隊 at 2006-06-25 18:39 x
こんばんは。シルファー久しぶりにお使いになられたようですが、如何ですか?masuturiさんもVグラスを購入されたみたいで、参考にしてみたいと思って。まだ半額で在庫はあるみたいですし。結局利点はバラしにくさと投げやすさ、に尽きるのでしょうか。
Commented by JIMO at 2006-06-25 22:28 x
新しい蝦夷はダウンもいけるのですか?前のはもう・・・まったくでしたけど。
今回の釣行のお供はシルファーだったんですね。
私はなかなか連れて行けないのでかわいがってやってくださいな。(笑)
Commented by masuturi at 2006-06-25 22:43
裏川探検隊さん、こんばんわ。
シルファーの良いところ……正直言って『カッコ良さ』くらいしか思いつきません(笑)。
確かにバラしにくいですけど、うーんウエダSSの方がやり取りしやすいかな。投げやすさ、コレはないです。ひゅるーん、と味のある飛び方を見せてくれるので、楽しくはありますけどね(笑)。
JIMOさん、どこか利点はありますか?
Commented by masuturi at 2006-06-25 22:47
JIMOさん。
新しい蝦夷は意外と太め、むしろダウンの方が調子良かったです。
今日釣具屋に行ったら、バルサ蝦夷なるものが売ってたので買ってみたけど、なんかカッコ悪い顔立ちで不安です(笑)。
シルファーは当分、冬までお留守番。シロさんが北陸で使ってくれることでしょう。
Commented by mog at 2006-06-26 21:23 x
黄昏時に終わりを告げるヤマメ。
羨ましい限りですね。
最近、欲求不満と、虚脱感で黄昏を迎える日々です。
Commented by JIMO at 2006-06-26 21:33 x
masuturiさん、こんばんは。裏川探検隊さん、はじめまして。
 >JIMOさん、どこか利点はありますか?
う~ん・・・。優しい気持ちになれます。(笑)
「採ったどー!!」って言うより、「おおっ・・・お前が釣れたか。」って感じ。意味がわからんですね。(笑)
でも結局のところ、これがこのロッドの良いところだと思います。
 >バルサ蝦夷
大人気で品薄みたいですよ。
Commented by ヒロ at 2006-06-26 22:24 x
masuturiさん、こんばんは。
やはり美しい川ですね。渓相も、そして魚も。
その色彩に魅了されます。
バルサ蝦夷、使い心地を聞かせてくださいね。
自分にはまだ敷居が高いかな。値段もちょっと高いけど(笑)
もっとキャストの修行をせねば。
Commented by masuturi at 2006-06-26 23:12
mogさん。
だけどもその欲求不満があるからこそ、また釣りに足が向くんじゃないでしょうか。

今回の黄昏はホントに虚脱感でした。
うーん、虚脱感と言うよりは単なる悔しさのカタマリだったかも。
おかげで帰りの林道の早いこと。
考えているうちに、いつの間にか着いちゃってました(笑)。
Commented by 裏川探検隊 at 2006-06-26 23:17 x
masuturiさん、JIMOさんアドバイスありがとうございます。そしてJIMOさんはじめまして。
バラしにくさぐらいしか直截的なメリットは無い、ということですか。でもVグラスはいいですよね。やはりこのロッドで釣りたい、と思えるのが最大の取り得だと思います。
SSは本当にいいロッドですね。丹沢に通うようになってからとみにそう思えます。
Commented by masuturi at 2006-06-26 23:18
JIMOさん。
優しい気持ち…それがありましたねぇ(笑)。
ガンガン釣りまくるのとは対極にある竿ですね。
お前が釣れたか、ってたとえニ○イでも
優しい気持ちになれるってことですか?流石だなー。真似できないなー(笑)。

バルサ蝦夷、あの顔立ちで大人気ってことは
動きがさぞかし良いんでしょうね。楽しみです。
Commented by masuturi at 2006-06-26 23:21
ヒロさん。
キレイな川が一番ですね。
どんなに大きなニジマスが釣れても、洗剤の泡がブクブクと浮かんでいるようなトコは苦手なので、余計にそう感じるのかもしれません。

バルサ蝦夷の値段はチップと同じくらいでしたよ。
蝦夷の方が大きいから、コッチの方がお得かも(笑)。
Commented by masuturi at 2006-06-26 23:27
裏川探検隊さん。
そうですねー、良い意味で自己満足な竿だと思います。
もともと堰堤下に張り付いたまま…みたいな釣りをするわけでもないルアーマンにとって、自己満足は最後の砦なので。
だけどもSSGSの方が使い勝手は遥かに良いですよ(笑)。
Commented by シロ at 2006-06-27 23:32 x
こんばんは、masuturiさん。

すっかり乗り遅れてしまいました。。
オサレーなヤマメ羨ましー限りです!
ヤマメとイワナの行動時間の違いは考えた事が無かったのでなるほどぉと思いました。も少し早起きor遅くまでやってみます♪

>シルファー
うーん。。コメントし辛いですね(^^;)
SSGS&SVVSそれぞれ本当に良いロッドだと思います。ですがスタイルと言いますか、ベクトルが全然違う方向を向いていますので賛否両論あると思います。
シルファー=SSGS、シルファー=SVVSでは無く両方シルファーとしてリリースしたあたり飯田さん達の考え方が良く表れているのかなぁと感じる今日この頃です。

SSGSが大好きですが今のマイブームはSVVSですッ♪
Commented by マスツーリ at 2006-06-29 16:35 x
行動時間の点でもイワナは一歩遅れてしまう……そんなところも魅力的です。ドジでノロマな亀?
どっちもシルファーという見方は面白いですね。なるほどと納得してしまいました。
Commented by at 2006-06-29 20:46 x
バルサ蝦夷いいですね~、私も欲しい!

グラスロッドにバルサミノー。ちょっとしたブームになっているかも。
いつもお決まりの連続トゥイッチで、目が三角に!
これでは釣りと言うより「狩り」ですよねぇ~。

わたしものんびりタックル手に入れよう!
Commented by みやーん at 2006-06-30 21:29 x
ごぶさたでございます。
久々にシャバに戻ってきました。
ヤマメの写真、かっちょえぇですねぇ。

シルファー盛り上がってますな!
最近、コイツに手も触れてもいないフトドキモノです。
久々に明日は休み。使ってみますかね。
Commented by masuturi at 2006-07-02 23:55
☆さん。
グラスロッドにバルサミノーだと、10年前の川に来たような気分になれます。魚もその時くらい釣れればいいのに!
のんびりタックルは少しだけその時計の針を巻き戻してくれました。

だけどもトゥイッチって、心地よいものだから
依存症気味にねってしまいますよねー。ひょいひょいひょい…釣れた!
ああー、トゥイッチしたいー!
Commented by masuturi at 2006-07-02 23:57
みやーんさん(?)。
某所にお出かけになったそうじゃありませんか!
どうでした?型ぞろいのヤマメが釣れてるといいんですが…。
シルファーも持っていったのかな?
<< 小天狗、山中で大天狗に出会う。 新緑の森。 >>