鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

狐と狸と大狸。

6月24日
山梨の川 11:00~18:00 晴/曇
釣果 ヤマメ2 イワナ9


ヤマメとイワナは良く似ているけど
その性格はかなり違う。
狡猾で動きも素早いヤマメは狐のイメージ。
あっという間に岩陰に隠れて、人間は何もいない水面に向かってルアーをぽちゃぽちゃ。
人を化かす。

一方イワナはのん気なものだ。
ルアーを追いかけてくるうちに滝壺に転落などよくある話。
時には浅瀬に乗り上げてしまって、あわてて跳ね回る。
魚のくせに、どうにも泳ぎっぷりがたどたどしくて
見ているとハラハラと母性本能を刺激されてしまう。
その愛嬌あふれる貌はまるで狸だ。

ところで自分はそんなのん気な、水の狸が可愛くてしかたない。
今度はどんなおとぼけを見せてくれるんだろう…そんなことを考えると楽しみで仕方がない。
流行り(?)の言葉で言えば萌え系か。
そう言えば、女の子もタレ目の狸顔がタイプだったな(ココで『お前、狐顔も好きじゃねーか!』と的確すぎる突っ込みが入る)。

恵みの梅雨で川はほんのり増水。
崩れやすい崖を、汗だくになりながら降りてゆく。
釣りに行っていない間に、体の中に溜まったオリのようなものが
汗と一緒に吹き出ていく気がする。
重く澱んでいた体も蘇る。

一投目から小さなイワナがぷるぷると竿を振るわせてくれる。
久しぶりに持ち出したシルファーも、今日に限っては機嫌がいいらしい。
c0062039_23511538.jpg

その後もサイズはなかなか上がらないものの
次々にイワナが釣れる。
ミッキーさんにいただいた蝦夷で、豆狸の見本市が開けそうだ。

キラキラと小さくても可愛いイワナ。
虫ならぬ、うお愛でる山男だ。


幾重にも連なる山が日を隠し、そろそろ終了の刻限が近づいてくる。
いい具合にヨれた流れにミノーを乗せてくる。
すぐにぐぐぐっと重くなる。突然走り出す。
夕方になり、ヤマメたちの活動が再開したようだ。
流れの中で暴れているのは、案の定ヤマメ。なかなか良い型だ。
このサイズだと相当の手ごたえが……あれ?ヤマメの引きをグラスロッドがぼわんぼわんと吸収してしまい、思いのほかあっさりと寄せてきてしまった。
c0062039_22312930.jpg

尺には少し届かないけれど
お腹の斑点のおしゃれ具合は、それを補って余りある。


やがて日が落ちる。
狐たちが動き始めるこの時間は、まさに逢魔が時。
願わくば、夕闇迫る渓谷で『誰そ彼』と問うことのなからんことを。


ヒットルアー  蝦夷50S アレキサンドラ50S 
[PR]

by masuturi | 2006-06-25 00:21 | 釣行記2006
<< 小天狗、山中で大天狗に出会う。 新緑の森。 >>