鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新緑の森。

6月10日
山梨の川 8:30~17:00 晴
釣果 ヤマメ1 イワナ4

ミッキーさんはすっかり渓流釣りとはごぶさただ。
東京砂漠に渇いた魂を、管釣りでなんとかうるおして息を吐いている状態。
一刻も早くマイナスイオンが必要だ!
だけども北海道で育ったミッキーさんを満足させられる川なんて……『あの川』しかない。
ということで、飽きもせずに今日も向かう。
昨日の雨はすっかり上がり、良い一日が待っていそう。
c0062039_1165695.jpg

川に降り立つと、いくぶん増水しているものの、水は透明で清冽。
もしも自分が魚だったら、こんな水に住みたいものである。

ミッキーさんにも合格点をいただけたようだ。
なぜだか今日に限って魚の機嫌が悪く、なかなかルアーをしっかりと噛み付いてくれるのはいないけれど、久しぶりの渓流そのものを楽しんでいただいているようだ。
c0062039_118432.jpg

実は今日の朝、ミッキーさんにお気に入りのルアーをいただいてしまった。
イトウクラフトの蝦夷だ。
使ったことのないルアーだったので、どんな動きをするんだか
非常に楽しみだったのだが、失礼ココに極まれり。
車の屋根に置いてきてしまった。

心優しく自分の蝦夷を貸してくれたので
落ち込み下のプールにキャスト。
すぐにイワナが飛び出してくる。
次回の釣行では必ず使うぞと
釣れたイワナに誓うのでありました。
c0062039_124528.jpg

ミッキーさんの本州渓流デビューは、釣果だけ見れば特筆すべきことはないかもしれない。
しかし水と森と少しばかりの魚と獣の匂いと、梅雨の間際の晴れ間とその光に照らされる谷間の苔と、そしてなによりミッキーさんの穏やかな人柄に、救われた日だった。
c0062039_1251891.jpg

『うしろすがたのしぐれてゆくか』
しぐれこそ降っていないけれど
新緑の光の雨の中に消えてゆく釣り人の後ろ姿。
自分もいつの日かひっそりとこの中に消えてゆきたい。


ヒットルアー  蝦夷50S アレキサンドラ50S 
[PR]

by masuturi | 2006-06-13 01:39 | 釣行記2006 | Comments(16)
Commented by ヒロ at 2006-06-13 20:32 x
masuturiさん こんにちは。
某ミノースクールで何度かごいっしょさせていただいた、ヒロと申します。わかるかな?
そのミノースクールの“ぬし”さんから、こちらmasuturiさんのブログのことを聞き、のぞきにまいりました。
そしたらなんと!この写真は!僕も10日にこの川に入りました!しかもその10日が、この川のデビュー戦だったのです!
もっといろいろお話し(書き込み)したいのですが、具体的な地名などは、ひかえたほうがよいでしょうから・・・
某掲示板のmasuturiさんの書き込みにメルアドを見つけたのですが、そちらにメールしてもよいですか?
Commented by taki at 2006-06-13 21:21 x
美しい渓流です。
かなり山深いのでしょうか。

どなかたミノースクールを開催しているですか?
いいことですね。
例えば僕のスキーなんか太古の昔から始めて未だにボーゲン。
マナーとかの話もされているのでしょうね。
そういうのが増えるといいな。
Commented by JIMO at 2006-06-13 22:01 x
なんか、いいペースで釣行されてますね~。今週は行けるかなあ。。。
Commented by masuturi at 2006-06-13 22:23
ヒロさん、こんばんわ。
書き込みありがとうございます。
なんと、ヒロさんも同じ日に行かれていたのですね。
素敵な川だったでしょう。デビュー戦の結果はいかがでした?

メールもお待ちしていますね。
いろいろと語らせてください。
Commented by masuturi at 2006-06-13 22:30
takiさん。
そうです山しかありません。
そして森に生えている木の太いこと。
丹沢の木ももっと太くなるといいのに。

ミノーのスクールはスカジットデザインの皆川さんが開催してます。
管理釣り場でしか釣りしたことない方も
そこで渓流デビューをしてるようですよ。
それで川を取り巻く環境に目を向けてくれるようになれば、なによりですね。
Commented by masuturi at 2006-06-13 22:32
JIMOさん、この川一度行くと夢中になって釣りしてしまい
その後二日間は体中が痛むという、魔の川です(笑)。
なので今週はオヤスミです。梅雨ももうすぐですね…。
Commented by ミッキー at 2006-06-14 00:17 x
こんばんは。。。
今回はありがとうございました。

マイナスイオンをたっぷりと浴び、綺麗な魚の姿を拝めましたたので、しばらくは東京砂漠に耐えられそうです。

釣行にチョコレートって良いですね。
あれからかなり食べてます。
(体が求めてるようなので、どうやら思った以上に疲れたようです。)

でもやっぱり自然は良いですね。
体は疲れても心が癒されました。。。
Commented by mog at 2006-06-14 21:54 x
『うしろすがたのしぐれてゆくか』・・・・
masuturiさん、決して、世捨て人にはならないでね。
Commented by masuturi at 2006-06-15 00:10
ミッキーさん。
チョコと釣りの相性はいいですよ!
疲れた体を甘く癒してくれます。
左腕はもう元に戻ったころでしょうか?生き馬の目を抜く街で、ネコちゃんを守り抜いてあげてください。
Commented by masuturi at 2006-06-15 00:23
mogさん、まだまだ世捨てるには油っけが多いですよ。
魚だって、女の子だって釣り上げたい年頃(思春期)真っ只中です。
Commented by みや at 2006-06-15 22:47 x
緑がきれいな渓ですねぇ。
心が洗われるような場所とはこんなイメージですな。

うちの上司(50代間近)もこの前「おれ、まだ思春期だから」と言ってカラオケでKATTUN歌ってました。
思春期って難しい年頃なんですね・・・
Commented by masuturi at 2006-06-16 22:22
うは、キツい!
まるで自分を見ているようだ……。

そうだ!こうなったら上司と、いつでも2人で1つでいようか。地元じゃ負け知らずだし。
Commented by at 2006-06-18 00:08 x
こんばんわヨコハマの☆です。

写真綺麗ですね、やっぱりイワナ師ですね!

蝦夷は重さがあるので、わたしのロッドではうまく扱えません。
今は少しバッドの強いロッドを物色中です。

できればカーディナルを使いたいので雰囲気のある
イトウクラフトのロッドがいいんですが・・・
お金貯めないと!
Commented by masuturi at 2006-06-20 00:34
こんばんわ。
やっぱりいつもの携帯とは写りが違いました(友人のデジカメ)。
おかげで写真コンテストも優勝(イワナ部門)。
ああ、これでますますイワナイメージが…。

SSSはその繊細さが魅力でもあり、難しさでもありますね。
イトウクラフトのロッドはどんな感じなのでしょうか。
なんだか棒!みたいなイメージがあって、こんどはバットが硬すぎやしないかと、取らぬ狸を心配してしまいます(笑)。
Commented by TABO at 2006-06-20 11:40 x
優勝おめでとう御座います。masuturiさんのセンスなら当然ですね。
Commented by マスツリ at 2006-06-23 11:30 x
ありがとです!
TABOさんと行ったときのイワナでした。
そのときの他の写真も現像できたので、お渡ししたいのでメールいただければ
と思います。
<< 狐と狸と大狸。 釣り仲間。 >>