鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

釣り仲間。

6月3日
山梨の川 6:30~17:00 晴/曇
釣果 ヤマメ4 イワナ10

今日はTABOさんと釣りにいく大切な日だ。珍しく早起き。
待ち合わせにもすんなりと余裕の到着……と思ったら、ウェーダーが干しっぱなしだったのを思い出し、大慌てで逆戻り。
ちょっぴり遅れて到着するも、心優しく迎えてくれるTABOさんでした。

二人でテクテクと林道を歩いていく。
いつもなら動物やら山の何かやら
人外の気配で満ち満ちているのだが、二人でいると心強い。

さて…釣れるかな?
こんな山の中までわざわざ人を呼びつけておいて
もしも釣れなかったらどうしよう。切腹?切腹なの?

しかし自分のそんな勝手な心配も、すぐに吹き飛ばされた。
淵に向かって飛んでいく、TABOさんのミノー。
リトリーブしてくると、その後を追ってくる一陣の矢。
キラキラと初夏の陽光に輝くイワナ。
『いやー、これで気が楽になりました』と、言われた。
あれ?同じこと思ってた?

その後も小粒ながらも、ぽんぽんとイワナが釣れてくる。
ヤマメもたまには釣れてくる。
バラしたって気にしない。
また釣ればいいんだし、いっそ釣らなくたっていいのである。
気持ちに余裕があるだけで、なにもかもが上手くいく。


崖で足を滑らせ、滝にビビりながらも進んでいく。
やがて壮大なゴルジュが口を開けて待ち構えていた。
左側がえぐれているようだったので、なんの気なしにルアーを通してみる。
『バクッ!!』と、まるで音が聞こえるかのような、大きな一噛み。
ラインが走る。
岩屋へ戻る気だ。そうはさせるか!

あまりに太った体。
井伏鱒二の『山椒魚』が頭に浮かぶ。
c0062039_1513848.jpg

自分のことのように喜んでくれるTABOさん。
どうもありがとう。
今日一緒に来れて本当に良かったです。


ヒットルアー  D-コンタクト アレキサンドラ50S 
[PR]

by masuturi | 2006-06-06 02:05 | 釣行記2006 | Comments(15)
Commented by 裏川探検隊 at 2006-06-06 21:07 x
そこは秘密の川なんでしょうか。こちらの方から言えば、裏側あたりですかね。自分もこういった秘境のようなものを見つけたいです。masuturiさんもきっと苦労して見つけたんでしょうね。
Commented by みや at 2006-06-06 22:09 x
こんばんはー
masuturiさんガイド役でしたか。
きっちり釣ってもらってますねぇ。流石です!
ガイド役のはずの自分だけが釣れてしまう時は…気まずいですから(笑)

んで、かっちり釣ってくれたTABOさんも、流石ですねぇ!
ガイドされているほうも、釣れないとガイド役に申し訳なくて、あせったりしますよね。
自分、よくガイド役の人に迷惑掛けてたりします・・・
Commented by masuturi at 2006-06-06 22:27
裏川さん。
苦労と言いますか……ある日、地図を眺めていて『んん?』と閃いたのです。
実際行ってみると、また開拓する楽しみが待ってました。
Commented by masuturi at 2006-06-06 22:35
みやさん。
『いやー、退渓するとこ間違えました』とか『この先はどうなってるのか分からないんですよー』とか、見事なガイドぶりでした(笑)。
だけども、TABOさんのおかげで楽しい一日になりました。

それと、人の釣りを見ているって勉強になりますね。
Commented by TABO at 2006-06-08 09:40 x
masuturiさん、こんにちは!
文章に私の名前が出てると何となく照れくさいですね(照)
しっかり、迫力のある良い画像を納めてますね~ さすが。
Commented by masuturi at 2006-06-08 22:25
こんばんわ。
TABOさんからいただいた画像以外に、自分で撮影した画像がなかったので、写真を取り込んでみました。顔が丸いですねー。

照れくさかったですか?TABOさんの釣行記なんか、最後まで読めませんでしたよ(笑)。かんべんしてくれー!って。
またご一緒しましょう。
Commented by ミッキー at 2006-06-08 22:30 x
こんばんは。。。

masuturiさんは釣りに加え、ガイドも上手なんですね。
プロデュース、お願いしたいです。(笑)
私は釣りの為(?)に教習所に通っているのですが、お暇が合えば八王子へはすぐ行きます!
ただ、私の道具は北海道使用…
パートーナーとなる竿を物色中なのですが、これだ!っていう出会いがないんですよね。
もしオススメなどございましたら教えてもらえますか?
(やっぱりシルファーっていうのかな…)
Commented by masuturi at 2006-06-08 22:44
ガイドはへっぽこですってー。
でも喜んでもらえると、自分で釣ったのとはまた違った喜びがありますね。
釣りに比べると、自分で釣らないだけボロは出にくいかもしれません。

オススメロッドは安くなっている(?)スミスの旧インターボロンです。
シルファーのSSGSも良さそうですね。
ご一緒できるようでしたら、自分のロッドを使ってみてください。
終日使ってみると、良いところが見えてくるかもしれません。
急なお話ですが、今度の土曜(明後日ですね…)は、いかがでしょう。
Commented by ミッキー at 2006-06-08 23:28 x
再度お邪魔します。

お誘いありがとうございます。
ですが現在道具がほとんど実家にあるという状況でして…
ある程度のものは代替が利くのですがウェーダーが一番の問題です。
ヒップウェーダーはあるのですが、流石に厳しいですよね?
ですので近々用意しておきます。
私はフライの方としか一緒に釣行したことがないのですごく楽しみです!

インターボロンは目をつけていたのですが、実物を置いてある店が無いんですよね…
デザインも旧モデルの方がかっこいいと思っていますので、よく探してみます。
Commented by masuturi at 2006-06-08 23:56
ヒップウェーダーって太ももまでのやつでしたっけ?
自分が行けるのは小さい川ばかりで、そんなに深く潜ることないので十分ですよ。
他の道具(特にロッド)はお貸ししますので、使ってみてください。
『非公開コメント』でメールアドレスを教えていただければ
追ってメールいたしまする。
Commented at 2006-06-09 00:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by シロ at 2006-06-09 23:05 x
こんばんは、masuturiさん。

2m位ありそうなイワナの画像ですね(^^;)
いつもカメラを持ち歩いているのですか??携帯ですか??
Commented by masuturi at 2006-06-12 03:01
小さな魚を大きく写すテクニックだけは達者です!

いつもは携帯の写真なんですよ。
ところが近所の釣り具屋で『魚の写真コンテスト(携帯不可)』が開かれる。
ああー、あの魚やあの魚、応募したかったなーと思い
前回だけ友人からデジカメを借りて釣り(というか撮影に)行ってきました。
それが↓の写真です。
今回は普通のフィルムカメラを持っていったので、出来上がった写真を取り込んで見ました。ちょっぴり平面的に見えるのはそのためです…。
Commented by taki at 2006-06-12 21:45 x
こんばんは、takiです。
釣りに誘うのって、パチンコに誘うのと似てます。
「絶対出るから、行こうよー」なんて誘っておいて自分だけ出てしまうとツライ。
それは釣りとは別かな。。
今回はお二人とも楽しんだようで、理想的な釣行でしたね。
そのポイントがいつまでも維持されることを願っています。
Commented by masuturi at 2006-06-13 01:47
takiさん、ありがとうございます。
まさに、この豊かな川あっての『特別な一日』でした。
takiさんの掲示板でも書かせていただきましたが、釣り人ってのは矛盾のカタマリな存在だと思います。
どんなに魚が好きでも、針で傷つけて魚の存在を確認せずにはいられない。
それはシングルフックにしてもバーブレスにしても、結局は魚を傷つけることには変わらない。
だけども釣り人であるがゆえに、魚のことは人一倍気にかかるし、できれば傷も小さくしたいと思っている…。
うーん、なんだか自家撞着をおこしてしまいました。

今度はtakiさんとTABOさんと3人で出かけましょうか。
のんびりとイワナが出迎えてくれそうです。
<< 新緑の森。 岩魚日和。 >>