鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

釣り仲間。

6月3日
山梨の川 6:30~17:00 晴/曇
釣果 ヤマメ4 イワナ10

今日はTABOさんと釣りにいく大切な日だ。珍しく早起き。
待ち合わせにもすんなりと余裕の到着……と思ったら、ウェーダーが干しっぱなしだったのを思い出し、大慌てで逆戻り。
ちょっぴり遅れて到着するも、心優しく迎えてくれるTABOさんでした。

二人でテクテクと林道を歩いていく。
いつもなら動物やら山の何かやら
人外の気配で満ち満ちているのだが、二人でいると心強い。

さて…釣れるかな?
こんな山の中までわざわざ人を呼びつけておいて
もしも釣れなかったらどうしよう。切腹?切腹なの?

しかし自分のそんな勝手な心配も、すぐに吹き飛ばされた。
淵に向かって飛んでいく、TABOさんのミノー。
リトリーブしてくると、その後を追ってくる一陣の矢。
キラキラと初夏の陽光に輝くイワナ。
『いやー、これで気が楽になりました』と、言われた。
あれ?同じこと思ってた?

その後も小粒ながらも、ぽんぽんとイワナが釣れてくる。
ヤマメもたまには釣れてくる。
バラしたって気にしない。
また釣ればいいんだし、いっそ釣らなくたっていいのである。
気持ちに余裕があるだけで、なにもかもが上手くいく。


崖で足を滑らせ、滝にビビりながらも進んでいく。
やがて壮大なゴルジュが口を開けて待ち構えていた。
左側がえぐれているようだったので、なんの気なしにルアーを通してみる。
『バクッ!!』と、まるで音が聞こえるかのような、大きな一噛み。
ラインが走る。
岩屋へ戻る気だ。そうはさせるか!

あまりに太った体。
井伏鱒二の『山椒魚』が頭に浮かぶ。
c0062039_1513848.jpg

自分のことのように喜んでくれるTABOさん。
どうもありがとう。
今日一緒に来れて本当に良かったです。


ヒットルアー  D-コンタクト アレキサンドラ50S 
[PR]

by masuturi | 2006-06-06 02:05 | 釣行記2006
<< 新緑の森。 岩魚日和。 >>