鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ゴルジュを越えて。

4月22日
葛野川 10:00~16:00 晴/曇
釣果 ヤマメ14

釣り用語というのは面白い。
通ラズなんてのは、ラズの部分だけカタカナで
そこを見つめていると、大和朝廷とはまた違った
山の文化を勝手に連想してしまう(そういう意味ではカタカナ名前の沢は大好きだ)。

ゴルジュも面白い。
両岸が切り立った高い崖になっている場所を
ちょうど廊下に見立てて、ゴルジュ(フランス語で廊下の意)と呼ぶんだけど
なんでいきなりフランス語?
それまで、ちょっと野暮ったい言葉で話していたのに
ここだけいきなりオサレ風味。なんだかちょっぴり微笑ましい。


葛野川の上流部は、そのゴルジュがひたすら続く。
川の規模そのものは大きくないのだけど
川原なんて気の利いたものはないので、遡行がタイヘン。
よいしょ、と気合を入れなきゃ釣りに行けない。
c0062039_25598.jpg

ゴルジュって木が覆いかぶさっていることも少なく
渓流では数少ないルアーを遠投できる場所だ。
シンキングのミノーをぶーんとすっ飛ばす。
しばらくすると強い流れに押されて、手元には転げながら戻ってくる。
c0062039_215790.jpg

今度もミノーは転がってきたが、大きな影も一緒について来た。
イワナのポイントから、まるでイワナのような出かた。
岩盤の影から、ギラっと鈍く褐色の光が浮かび上がる。
うわ!尺イワナだ!
興奮しながらも、竿をためてじっと待っていると
やがて疲れきって流されてきた。

ん?
んん?
体一面に散りばめられているパーマーク。
イワナだとばっかり思っていたソレはヤマメだった。
メジャーを当ててみると37センチ。
ああ、なんかもうよく覚えていないや。
c0062039_2224837.jpg

長く伸びた体に比べて、やけに大きな頭。まるでうわばみのよう。
一日のほとんど陽も満足に当たらないこの谷底に
いつからいたのだろう。
本流育ちとはまったく違うその体つきからは
環境の厳しさばかりがうかがえる。
c0062039_355069.jpg

フワフワと夢の中のよう。地に足が着いていない感じ。
再びヤマメを見る。
もっと眺めていたい。
今までにこの川でどんなことがあったのか聞いてみたい。
だけどもお別れの時間だ。
そっと針をはずすと流れの中に消えていった。

もう今日は、これ以上の魚は釣れないだろう。
このまま帰ろうか。
珍しくそんな殊勝なこと考えていたけど
はっと気づいてみると、深い谷底なので退渓できる場所がない。
c0062039_255378.jpg

結局そのまま4時間ほど釣りしながら、ようやく出てこられた。
その間もずいぶんと釣れたけど、頭のどこかがぼうっとしたままだったから
うれしさもどこか飛んでいる。

あの魚についても考えることができたのは
ようやく帰りの車の中だった。今までで一番大きなヤマメだ。

初めて騙されたであろうショックからは、そろそろ立ち直ったかな。


ヒットルアー  D-ダイレクト D-コンタクト ジェイドMD
[PR]

by masuturi | 2006-04-23 03:10 | 釣行記2006 | Comments(28)
Commented by taki at 2006-04-23 09:49 x
すごいすごい!37センチのヤマメなんて釣ってみたいな。うれしさがピークに達すると呆然としてしまうというのが本当のところかも。。思い出に残る1尾でしたね。おめでとうございます!
Commented by TABO at 2006-04-23 10:37 x
masuturiさん、おめでとう御座います!いるんですね~こんなのが。かなり険しそうな谷ですが単独ですか?masuturiさんすごい。
Commented by みや at 2006-04-23 14:25 x
どーも、おしゃれな釣り人、みやです(嘘八百)
なるほど。ゴルジュというのは、仏蘭西語でしたか。
FLYの本よんでると、何語かわからん単語がいっぱいありますけど、そんなにほひを持つ言葉ですね。
一度でいいから、そんな言葉を駆使して会話してみたいものです(笑)

37cmヤマメさん、すげぇー。
運気が上昇しているのがみえます(笑)
Commented by masuturi at 2006-04-23 18:11
takiさん、こんにちわ。
ありがとうございます。
あれだけ大きくなると魚と言うよりも
なんだか小動物みたいでした。噛まれたら痛そう。

Commented by masuturi at 2006-04-23 18:15
TABOさん、ありがとうございます。
丹沢以外の川で釣ると、自分が上手くなったかのような錯覚に陥られますよ(笑)。一度お出かけしてみてください。

谷の写真はフンイキを出すために険しそうなところばかり選んでみました。実際は一人でも大丈夫なトコロなんです。
Commented by masuturi at 2006-04-23 18:20
みやさん……いや、でもマジでみやさんはオサレ釣り人だと思いますよ。
自分なんか釣り行く時は、古着に見せかけた
ホントの古い服で全身をコーディネートですから。

奈良子のところを曲がらずにガマンして、もうちょっと直進するとヤマメパラダイスが待ってますよ。シルブブレ?(←ご希望に応えて)
Commented by masuturi at 2006-04-23 18:31
ここでひとつ、調子に乗ってるついでに
えらそーなこと言わせていただくと…

大物釣った時ってどうしてもオレ最高!オレ最強!と、なりがちですが
それはちょっと違うんじゃないかなぁというのが自分の気持ちです。

一番すごいのは、厳しい環境でいくつもの難関を乗り越えて
そこまで大きくなった魚。
いったいどれだけの知恵と強さを持っているのだろう。

二番目にすごいのは、その魚を育てた川。魚をとりまく環境。
三番目は、その知恵ある魚を見事に騙したルアー。

釣り人なんてのは、ただその場所に居合わせただけの傍観者。
別にその釣り人じゃなくても、代わりはいくらでもいるただの立会人。

だから『ボロンコンポジットのバットパワーで大物も楽に寄せてきたぜ』と道具自慢なコレクターや『老獪な大物相手にはハイスピード・ジャークで狂わせてやる』と自信過剰な腕自慢にはなりたくないなぁ(なるための金も自信もないけど)。
Commented by mog at 2006-04-23 18:33 x
masuturiさん、やったじゃないですか。
それにしても凄い。おめでとう御座います。
私も年に何回か行くんですが、川に下りるまでが大変なんですよね。
最近はついつい民家の階段を拝借してしまいます。
Commented by masuturi at 2006-04-23 18:44
mogさん、ありがとうございます。
そうですね、もう川に下りるまでが大変。
そして登ってくるのがまた大変。

mogさんは、どのあたりに行かれるのでしょうか?
民家の階段、そんなうらやましいアイテム
どらえもんでも出せなそう。
Commented by ルアーマン at 2006-04-23 23:17 x
お久しぶりです!
私も先日同じ川で少し釣りをしましたが、意外なところで意外なほどいいところが見つかったと思える川でした。
 
尺オーバーすごいですね!!
 
私も今度行く時はがんばりたいと思います。
Commented by at 2006-04-23 23:17 x
こんばんわヨコハマの☆です。

相変わらず渋いっすね~、晩秋ヤマメのようですね。
こんな細い流れにおっきなヤマメって、東北の渓流みたいですね。

昨日、釣友が真木川でイイ釣りしてきたようで、興奮しておりました。
最近行ってないなぁ~、桂川方面。
以前は「ヤマナシ」なんて、会社でアダ名付けられていたのになぁ~。

暫くは本流の☆で宜しくお願いします!
Commented by masuturi at 2006-04-24 00:30
ルアーマンさん、おひさしぶりでございます。
里川風のお気楽な下流部とは違って、中流域からは谷も深くなりますね。ホントに意外な感じです。
川に下りてみると、淵などの大場所が続くので魚も残ってます。
今度はぜひそちらへもどうぞ!
Commented by masuturi at 2006-04-24 00:39
☆さん、こんばんわ。
そう言われてみれば、アゴがしゃくれていて婚姻期みたいなやる気が
感じられますね。人間だったら暑苦しかったんだろうな。

本流は釣れない時間をいかに耐えるかが大変そうですね。
がんばってください!
疲れたらたまには渓流のマイナスイオンを浴びに来てくださいね。
Commented by t-fuku at 2006-04-24 12:57 x
遅くなりましたが、
いいヤマメですね!おめでとうございます!
居る所には居るんですね~

私も30オーバー狙ってますが、今年はまだまだです。
Commented by JIMO at 2006-04-24 21:05 x
出遅れました~!おめでとうございます!
暗い渓のヤマメは小さくても獰猛な面がまえでカッコいいです。
私もこんなの釣りた~い!けど、とりあえず本流のおちょぼ口を狙います!
Commented by mog at 2006-04-25 18:07 x
マス釣り場の上流から入り、小学校を超えて行くと、左手に民家の階段が出現します。一度お試しあれ。途中、厄介な場所がありますが、右側で巻けます。
Commented by シロ at 2006-04-25 22:57 x
オォ!とんでもない山女!しかもD-ダイレクトで。。凄いです!

ゴルジュ、よし覚えました♪ちなみに通ラズとはどういう意味ですか?
Commented by masuturi at 2006-04-26 02:54
t-fukuさん、こんばんわ。
今回は出来すぎです。たまたま自分に立ち会う順番が回ってきただけのことでしょう。
次は鬼怒川でfukuさんの番ですよ。
Commented by masuturi at 2006-04-26 02:58
JIMOさん、こんばんわ。
口がでかくて、野生の凄みを感じさせていました。
ヘビを食べるって伝説もあながち嘘じゃないかも…なーんて思わせてくれる顔つきですね。
本流のおちょぼ口って、まさか!尺ウ○イ!?
Commented by masuturi at 2006-04-26 03:07
mogさん貴重な情報ありがとうございます!
もうmogさんだかどらえもんだか、mogさんだかどらえもんだか分からないや……。
上和田の小学校ですよね?あの辺りは一度も行ったことがないので、次回はぜひとも行ってみたいと思います。
早くGWにならないかなー。
Commented by masuturi at 2006-04-26 03:12
シロさんこんばんわ。
D-ダイレクト、自分のタックルだとどうしても負けてしまって、思い通りに操れないもどかしさがあるんですけど、良いルアーなのかもしれません。

通ラズってのは、滝でも深い淵でも何でもいいんですが障害物があって
これ以上進めないところを言います。
圧倒的多数の敵に追われたときに『ここはオレにまかせて、おまえらは先に行け!』と言ってくれる仲間は大抵やられてしまうので、通ラズにはなってくれません(分かりにくい例え)。
Commented by JIMO at 2006-04-27 00:52 x
 >まさか!尺ウ○イ!?
ブーッ!尺上ニ○イです。(笑)
Commented by nari0 at 2006-04-27 16:53 x
masuturiさん、おめでとうございます!すごいです!!!
読みながら自分が体験したような気になり鳥肌がたってしまいました。
葛野川何度か行きましたが、水も綺麗し、近くなのに遠くにきたような
気になれる大好きな川です。その川でそんなデカイ魚が!
いやー、しかし迫力あります。。
Commented by masuturi at 2006-04-28 00:46
これからはJIMOさんじゃなくて
NIG○Iさん(一応伏せ字)と呼ばせていただきます。
Commented by masuturi at 2006-04-28 00:52
nari0さん、ありがとうございます!
いやー、なんともうれしいコメントをいただいてしまって!

近くなのに遠い感じ……本当にそんな気にさせる川です。
川沿いに走っている道路が高い高いところにあるので、さらにそんな気になるんでしょうね。
Commented by NIG○I? at 2006-04-28 22:33 x
いや~まだまだこの名前は私にはもったいないですよ。
まだ九州では釣ってないですから。
今シーズン、10本釣ったら襲名しましょうか?(笑)
Commented by sagaminokami at 2006-05-04 17:52 x
masuturiさん、こんにちは。
相州足柄の相模守です。

今般、幣サイトにて、貴ブログへリンクを設定させていただきました。
つきましては、ご迷惑でなければ、相互リンク承認につき、よろしくお願いいたします。
Commented by masuturi at 2006-05-07 18:50
sagaminokami さん(何故にアルファベット?)こちらこそ、よろしくお願いします。
<< 再出発。 無くし物をした日。 >>