鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あのころの気持ち。

3月26日
桂川あちこち 11:30~18:00 曇
釣果 ヤマメ5

うーん、いったいどうしたもんだろう?

桂川と笹子川の合流点にできた深い流れ。
その流れを前にして考え込んでしまった。
今日はあちこち移動を繰り返して、ここが3ヶ所目。
朝からがんばっているのに、魚の姿すら見ていない。
ホントにルアーなんかで魚が釣れるのか?

最初は大淵の連続している梁川地区の本流。
鉄工所(かな?)の裏の細い道を通り抜けて
遥か下を流れる川まで下っていく。
どう狙ったらいいのかもよく分からないままキャスト。
薄く緑色に濁った水はまるでスプーンを吸い込んでしまったかのようで不安になる。
魚からの反応がないことが、その不安をさらに煽る。

しばらく根を詰めて続けていたが、疲れてしまったのでお昼ご飯。
ルアーにからみついてくる藻をはずしながらの釣りだったので
手がなんか臭い。おにぎりも臭い。


次に向かったのは真木川。
前回もボウズ。
今回もこのままでは良くない予感がする。
どこか自分を見失っている気がするので
去年楽しい釣りができた川に行って、自分を取り戻そうという作戦だ。

だけども山の中はまだまだ春遠し。
ちょっと釣ってみたが、水も冷たくルアーを追ってくる元気はなさそう。


本格的にスランプに陥ってきた。
どこに行ったらいいのか……目的地も定まらないまま本流に戻ってきた。
普段はいったん釣り始めたら、その日はその川のみで過ごす。
たとえ状況が悪かったとしても、それも含めて『出会い』だと思っているからだ。
移動を続ける今日は、やはりどこか上手くいっていない。

そろそろ夕暮れが近づくころ
下流のプールで一人のフライマンがライズ待ちをしていた。
釣り人同士挨拶を交わすのはマナーだけど
声をかけるときは、ちょっとドキドキする。にこやかな返事。良かった。
『いやー全然ダメですね』という、決まり文句も
今日に限ってはものすごい説得力。

『あ、ライズしてますよ』
『ルアーならあそこまで届くんじゃないですか?』
『え?いいんですか?』
『もちろんですよ、どうぞどうぞ』
いいのかな。

後ろから見られながらだったので、ちょっぴりやりにくい。
いいところを見せようとスプーンを遠投するも
ライズを沈黙させただけだった。
先週、シンキングのミノーでよく釣っていた人がいたとの情報をもらったので
ひとつ下のプールでミノーにチェンジ。
アレキサンドラを派手にトゥイッチさせると
銀色の輝きが水底から浮き上がってきた。
c0062039_2336562.jpg

何時間もオランダ人のように川をさまよって
やっと釣り上げた魚。放流魚でもうれしい。
一匹釣れればこっちのもの。同じようにルアーを動かしてぱたぱたと連続で釣った。

その昔、来る日も来る日も一匹も釣れないことが
あたりまえの頃があった。
今日やっとの思いで釣った魚は、そんなころのキモチを少しだけ思い出させてくれた。
これでしばらくは迷わずに歩いていける。

桂川も以前よりちょっとだけ好きになった。


ヒットルアー  アレキサンドラ50S
[PR]

by masuturi | 2006-03-26 23:50 | 釣行記2006
<< その先にあるもの。 限りなくボウズに近い。ブルー。 >>