鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

限りなくボウズに近い。ブルー。

3月19日
中津川あちこち 8:30~18:00 曇/雨
釣果 ボウズ!


中津川漁協の年券は買ったことがない。
なぜって一万円もするからだ。
この券一枚あれば鮎釣りもできるよ、と言われてもそんなものに興味はないし。鮎のようにナワバリ争いしたくないし。
だけども中津川漁協の主力商品はその鮎なので、釣り人も多いのに(多いから?)鱒類には力をあんまり注いでくれない。
丹沢ではたいした釣果を聞かれないが、ここに集う釣り人だけがことごとく下手っぴってのは、ちょっとありえないだろう。
放流が少ないか…魚が育たないか…はっきり言って丹沢は釣れない。

そう言うわけで今までは日釣り券で過ごしてきた。
しかし今年の自分はちょと違う。丹沢の年券を買ってしまおう。
これは今年一年を、この水だけはキレイな釣れない川で過ごすっつー、自分なりの宣言だ。


馬渡橋に車を停めて年券を買う……え?年券使えるのって4月からなの?漁協のやろー!(逆うらみ)仕方がないので日釣り券も追加で購入。
だいぶ減水しているトロっとした流れに向かう。
深みを中心にゆっくりと釣り上がって行く。
釣り人は多いものの、見慣れている渓流に比べれば
川も大きいのでそれほど気にならない。
挨拶をしながらすれ違って行く。

2時間ほど釣りしていくと
なんだかどこかで見たような場所に出ていることに気がついた。
あれ?ここは去年ボウズをくらったトコロ。
解禁早々、縁起でもないところに来ちゃったなぁ。
もちろんアタリのひとつもない。
偏光グラス越しに見える巨大な魚影は気になるが
その正体はどうやら錦鯉のようだ。
お腹がすいたなぁと思ったら、お昼の時間になっていた。


午後からはがらっと気分を変えるために、ダム上まで車を走らせる。
takiさんの釣行記に布川は人気がなかったとあったのを思い出し、そこに向かう。
久しぶりに来てみたら、駐車スペースを通り過ぎてしまい
青宇治橋まで行ってしまった。

朝こそ晴れ間が差していたものの、空はどんよりと曇っている。
今にも降りだしそうだが、川へと下りる。
ダム下とは違って清冽な流れ。ちょっと水が冷たすぎるか。

昨年の台風で崩壊した布川を上っていく。
以前に広く堆積していた土砂はすっかり洗い流され
ところどころには魅力的な深みもできている。
壊すのも創るのも、自然の力はすごい。
魚はいないけど。

以前に倒木のあった堰堤のプールも復活していた。
倒木はどこへ?ここは浚渫したのか?よく分かんない。
そこを乗り越え、大洞のキャンプ場跡まで来たところで
とうとう雨が降り出した。
c0062039_4351359.jpg

キャンプ場跡は朽ちかけたバンガローが
藪の中に点在している場所。
ホッケーマスクの猛者がひょっこり現れそうで、なんだか苦手だ。
ゴロゴロゴロ!と雷まで鳴り響き始めた。
余計な演出してくれちゃって。

赤い橋の下にあるゴルジュまで来たところでストップ。
以前は通れたのだが、ずいぶんと深い通らずになっている。
あたりも薄暗くなってきたので、仕方なくここから引き返すことにする。
帰りの足どりは、これまた重い。


結局、一匹の魚も見ることなく終わった。
今年丹沢でやっていけるのかなぁ。もう年券買っちゃったよ。
ところで、なんで素直にボウズとしなかったのかと言うと
キャンプ場跡で木に引っ掛かっていたDコンを拾ったからですね。
まぁ、魚じゃないけど…まるっきりのボウズでもないっつーことで。
五分刈りくらいか。
野球部みたいだな。
[PR]

by masuturi | 2006-03-21 05:36 | 釣行記2006 | Comments(14)
Commented by 裏川探検隊 at 2006-03-21 08:25 x
こんにちは。釣れても釣れなくても、味のある釣行をmasuturiさんはなされますね。私も今年は丹沢や、いままで行ったことのない場所へ行きたいと思います。腕試しにもなりますし。
Commented by みや at 2006-03-21 10:34 x
masuturiさん、おばんです。

丹沢…キレイが一番ですよ、渓は。
乱獲して喜ぶのはまだまだコドモですな。
オトナは黙々とキャストする喜びを味わうのです。

オトナは決して落ちてるルアーを拾ってはいけません(笑)
Commented by JIMO at 2006-03-21 20:51 x
お疲れ様です。Dコン良かったですね~。
私も今日行ってきましたが、ルアーは落ちてなかったし、まだ山菜にも早いし・・・でもキャストの練習にはなりましたよ。

ん? ネタばれ寸前か?
Commented by masuturi at 2006-03-21 22:20
>裏川さん
味のある釣行……なんかうれしいです。根が単純なものだから、すぐうれしくなっちゃう。きっと渓流魚だったら3月までの寿命だっただろうな。

丹沢は表も裏も人でいっぱいですが、もうちょっと暖かくなったらぜひお出でください。きっとルアーも有ります。
Commented by masuturi at 2006-03-21 22:23
>みやさん
同日に乱獲をしておいて(それもホームではないはずの桂川下流で!)なにを仰る。
キャストするだけで楽しい→FFマンの常套句→フライ=オトナの釣り。
おお!全てつながった(笑)。今年は鮎師に続いてフライマンまでも敵にまわしそうな勢いです。
Commented by masuturi at 2006-03-21 22:27
>JIMOさん
寸前どころか丸出し……。
でもキャストが上達したと思えば。うーん…そんな上達よりも、釣れちゃって釣れちゃって『こんな釣りしてたら、釣りが下手になるなぁ』とか言ってみたいものですね。
Commented by mog at 2006-03-22 00:54 x
今年の中津はイマイチのようですね。
私はもう少し道志で遊んでます。
道志はいいぞ~ 魚がいっぱいだぞ~
人もいっぱいだけど。
Commented by t-fuku at 2006-03-22 08:49 x
>年券
いまでもアユと同じってところ多いですよね。
>中津
放流していない分、1尾の価値は高いですね。
>小渓流
は1年で、流れが変わることが多いですね。その分、楽しみも増すのかと思います。
>Dコン
ラッキーですね(笑)私は先日、ヘブン5gをなくし、バイト5gを釣り上げました。。。
Commented by マスツリ at 2006-03-22 13:06 x
>mogさん
釣り人の嗅覚は川鵜とおんなじ。
人気が少ないところは魚も少ないです。

でもでも、今年はこういった釣りがしてみたかったんですよ。
道志は人が多くて……夏になったらキャンプ客でさらに多くて。
でも魚が多いのは素直にうらやましいなぁ。
Commented by マスツリ at 2006-03-22 13:14 x
>t-fukuさん
いや、実はfukuさんの鬼怒川釣行を拝見して
大物ねらいに本流域に行ったんですよ。
…見事に空振りましたが。
ほとんどジグなヘブンは、なかなか重宝しますね。
逆わらしべ長者として、これからもがんばってください(笑)。←忠さんファンの方ご容赦を。
Commented by TABO at 2006-03-23 16:00 x
masuturiさん、こんにちは。
先日はコメント入れて頂いて有難う御座います。
なんか恥ずかしくてまだtakiさんには話してないんですよね(笑)
masuturiさんは何で分かっちゃったんだろ。。

でも、丹沢は渋いですよね先週私も布川に行きましたがさっぱりでした
危なかったし(笑)
もう少し経てば変わりますかね

布川のDコンはもしかして私のかもですよぉ(笑)ロスト頻繁ですから^^
Commented by masuturi at 2006-03-23 22:25
TABOさん、釣り人の嗅覚を見くびってはいけません。
そろそろtakiさんも現れる頃でしょう(笑)。

もう少し雨が降って、水が温むと面白くなりそうなのですが
基本的にはこのままだと思います。
そんな場所です(笑)。
Commented by taki at 2006-03-24 06:49 x
くんくん、あれ?なんかにおうぞ。。。

1日に行ったとき僕もキャンプ場辺りで終了しましたが赤い橋より上はどうなんだろう?丹沢は釣れませんが、なぜか放流される日にはその場所が.com、年券買った人には密かに知らせてほしいよ。

業務連絡、TABOさん、
うちへよってください。
Commented by TABO at 2006-03-24 12:52 x
恐るべし、釣り人の嗅覚。
絶妙のタイミングでtakiさんも現れてるし。
お二人を見習って拙者も修行を重ねます。
<< あのころの気持ち。 北陸慕情。 >>