鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

それ、もしかするとトゥイッチ?

1月28日
奈良子FF 7:30~15:00 晴
釣果 ヤマメとイワナ10匹くらい 

そう言えば他の人の釣りって見る機会がない。
渓流では山岳ゲリラのように人との接触を嫌うし
そもそもルアーで釣っている人間をあまり見かけない。

トゥイッチ。
こいつが問題だ。

今までの釣行記であたりまえのように『トゥイッチ、トゥイッチ』書いてきたが
自分が今まで一生懸命に振っていた竿は、ホントにトゥイッチだったんだろうか。
うーん、なんだか不安になってきたぞ。

ちょうどそんな時、チップミノーの製作者である皆川さんが
ミノーイングのスクールを開催するとのこと。タイミングいい。
ここはひとつ参加してみて、他の人の釣りを見てみよう。


よく晴れた空は放射冷却を引き起こし
日差しとはウラハラに実に寒い。
山梨の奥まで来たことにちょっとだけ後悔を覚えながらスクール開始。

まずは皆川さんの釣りを観察。
流れのゆるいプールの底に溜まったイワナを狙うとのこと。
しかもミノーで。
トゥイッチを入れる際の竿の振る間隔
リールを巻く、止める間隔。
そんな手元の動作ばかりを見ていたら、いつの間にかイワナを釣ってた。
しまった!見逃した!
なな何しに来たんだか。

その後スクール参加者の前で、一人づつ実際に釣りをする。
『それ、もしかするとトゥイッチ?』と喧嘩十段芦原カラテなこと言われちゃったらどうしよう。
くずひろいのリヤカーでも引っ張るか、と押忍のココロで向かったところ
とりあえずトゥイッチ風だったようです。
なんだかホメられてしまいました。


谷間の釣り場は日が暮れるのも早く
最後はポンドで釣り。
放流もあって、これがまたよく釣れる。
イワナとヤマメだけ魚篭に入れておいたら
なんと魚篭に穴が空いていたため、全部逃げられてしまう有様。
すっかり夕飯は塩焼き気分だったので
気持ちもお腹も凹んだまま戻りません……。

しかし、奈良子のポンドで意味もなく強気になってしまい
翌日に桂川FLに出かけてしまったのでした(嗚呼…)。
当然のように釣れませんでした。


ヒットルアー チップミノー4S
[PR]

by masuturi | 2006-01-28 22:54 | 釣行記2006
<< もうひとつの『禁漁』。 フリップフラップの見分けがつく... >>