鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリップフラップの見分けがつくのは、ちょっとした特技だった。

1月17日
フリック 7:30~16:00 曇
釣果 ニジマス2 ヤマメ3 イワナ10 ブラウン1

実社会で役に立ったためしないけど。

と言うわけで、新しく購入したシルファー(経緯の分からない人間は前回のはなしを読むこと)を流れの中で使ってみたくなってしまった。
しかし今は禁漁期。
こっそり渓流に入りこんでハヤ釣りのフリとかしてみようかとも思ったけど
モラルと小心がダブルで邪魔するんで断念。
渓流タイプの管理釣り場で、どこかいいところはないかなーと思い
フリックに行ってみることにする。

フリックは布川の上流にあるので、気合いを入れて早起き。
釣り場に着くまでに、目前に迫った今シーズンの為に下流の様子をいろいろと見ておこうという作戦だ。布川堰堤の上に突如出現したプールなんてどうなってんだろ?

しかし宮ヶ瀬湖を越えて、ヤビツ峠にぬける道を右折しようと思ったところで思わぬ事態が!
なんと塩水橋が工事で通行止めになっている。
こりゃまいった。
今から行く先を変更するにもリヴァスポはちょっとなぁ…と躊躇。
いっそ塩水橋のところに車を止めて歩いていこうかとも思ったが、秦野の方からぐるっと大回りしていくことにする。うへー。
c0062039_1243665.jpg

ヤビツ峠までやって来たが、空は(と言うか下は)あいにくの天気で秦野の市街は見下ろせない。そこから細いうねうね道をもう少し進んだところがフリックだった。


車から降りると『チチチチッ』と鳥の声が聞こえる。
あたりは山霧の薄いベールに包まれており、それ以外の音は聞こえてこない。
遠くで鹿が歩いている。
ひんやりと湿った空気に、身体が凛となる。
この感じ、久しぶり。丹沢の朝だ。
c0062039_1252064.jpg

釣り場の様子は全体的に浅く、高原状になった上流域でよく見られる渓相。
魚の活性は高く、淵尻で餌を待っている。
いそいそとシルファーをセットし
こりゃカンタンに釣れそうだ、と一投目。
猛烈にルアーを追ってくる。が、あと一歩の距離が縮まらず。
すぐにもう一度ルアーを投げる。ところが今度は一匹も追ってこない。
澄んだ水とも相まって、かなりシビアな感じだ。

『チップミノーはちょこちょこカワイイなぁ』
『お、リッジってよく飛ぶ』
『ジェイドは良いルアーのような気がするんだけど…』
一投ごとに少しずつ感覚を取り戻し
そのたびに何か小さなことを思い出す。
そうしてやっとイワナが釣れた。

そんなことをしているうちに気がついたんだけど
Vストリームはなかなか難しい。
グラス製のブランクは魚のアタリを吸収してしまって、流れの中では釣り人まで伝わりにくい。
なんだか違和感を感じて『んん?なんだ?』と思っていると、魚がくっついている。
柔らかい竿に追い合わせは必須だが、魚がかかっていることにびっくりしてしまってそれどころじゃない。大物にもずいぶんと逃げられた。
だけども、その柔らかさは魚のほうにも作用しているようだ。
釣り人がぼんやりしている間、魚もぼんやりと待っていてくれる。
慣れるまでには少々時間がかかりそうだけど、のんびりとやっていこう。
それがグラスのペースなのかも。
c0062039_13153524.jpg

ところどころには、こんな大場所もあって飽きさせない。
丹沢名物の不法投棄までそのまんまなのは、ちょっとどうかと思うが
なかなか好印象だ。大物もずいぶんと入っているようで、尺ヤマメも釣れた。

受付前から遡行してゆき、堰堤をふたつ越えたところで
突然キャンプ場に出てしまった。
ええ?こんな狭いの?と、今度は釣り下って行く。
用心深い魚たちはなかなか出てこない。
あとで分かったことだが、メインの釣り場はむしろ受付より下流側で
かなりの広さがあった。なんとも残念。


自分の場合、渓流釣りと管理釣り場はまったく別物とある意味割り切って釣りしている。
したがって普段行くところは池の管理釣り場が多く、自然の渓流そのまま『のような』をうたい文句にしている渓流風釣り場とは、なんだかあんまりご縁がない。
c0062039_12505883.jpg

なんだけどもこんなにいい貌のヤマメが釣れるんだったら、また来年行ってみようかな。


工事の期間だけ唐沢林道のゲートが開いていると教えられ
帰り道はちょっとだけ近道。
林道マニアのあなた!普段は通行できない唐沢林道を味わういい機会ですよ。
落石ごろごろしてるんで十分気をつけて。


ヒットルアー チップミノー4S ツインクル45SD ピュア3.5g 
[PR]

by masuturi | 2006-01-17 20:04 | 釣行記2006 | Comments(18)
Commented by taki at 2006-01-18 21:50 x
masuturiさん、雪は無いねー。凍えるんじゃないかと思って躊躇してましたがそうでもないみたいね、楽しんでこられたようでよかったです。ヤマメの顔なつかしいなー。
Commented by masuturi at 2006-01-21 13:37
なんの因果か、書いたものがバグッてハニーになってしまったので
もう一度書き直してました…お返事遅くなってゴメンナサイ。

なんだかんだ言って楽しかったです。
タイミング悪い今日の雪で、しばらくは行くのも一苦労になりそうですねぇ。
Commented by みや at 2006-01-21 15:32 x
先ほど違う名前で投稿しちゃいました・・・すみません。
(また同じこと書こうにも忘れた…汗)
シルファー難しそうですね~でもあのロッドで久々にミノーイングしたくて、うずうず、そわそわの毎日です。
久々の休みなのにこの雪…本日の王禅寺アンリパ展示会参戦は断念。
明日、ならごのシルファーデビュー予定ですが、道が心配…
Commented by マスツリ at 2006-01-21 16:54 x
王禅寺でそんなイベントがあったんですね。ネットに繋げないと、すっかり情報にうとくなってます。
今日はオヤスミ。明日は雪には十分気をつけて行ってきてください。
Commented by TABO at 2006-01-21 21:09 x
masuturi さん、こんばんわ。
ロッドを車の屋根に置き去りにてしまった時はtakiさんのページでお世話になりました。
フリック&唐沢林道の情報有難う御座います。
あそこを車通れる機会なんてなかなか無いと思うので私も様子を見に行ってみますね。
Commented by マスツリ at 2006-01-21 23:10 x
TABOさん、こんばんは。
その節はどうもです。ご覧いただいていたとは、うれしーかぎりです。
整備されていない唐沢林道はきっと雪の中。気をつけてくださいね。
Commented by mog at 2006-01-21 23:47 x
masuturi さん、こんばんわ。
このところ、すっかり釣りから遠ざかっていました。
新しい竿って、凄くワクワクするんですよね。
お店に何度も通い、やっと決心して。
家に着くと、いつグリップのビニールを剥がそうか2~3日悩みます。
Commented by マスツリ at 2006-01-22 01:33 x
そうなんですよね、ワクワクです。特に今回は数年越しの想いだったので、ひとしおでした。
それなのにコルク部のビニールはすぐにビリビリッと。風情なしです。

これでブンスイレイの出番はまた減っちゃったなぁ。
Commented by JIMO at 2006-01-22 11:20 x
Vストリームいい感じですね。
ちっこい魚は釣れちゃった風のようですが、違和感なく食わせることができるってことですね。
今シーズン楽しみですね~。
Commented by マスツリ at 2006-01-22 20:32 x
JIMOさん、こんばんは。
食い込みはばっちりでした。
同じ柔らか系でも、しゃっきりイナセな江戸っ子のウエダに対して、魚を柔らかく受け止めてくれるはんなり京女風のシルファー。
今年はそれぞれ性格の違う相棒と冒険に行ってきます。
Commented by ねこます at 2006-01-22 21:16 x
masuturiさんこんばんは。
フリップフラップ懐かしいですね。たしか1曲45分の
プログレ級の良く解らないシングルを出していたのは
覚えています。ウゴウゴルーガにもでてたかな?

綺麗な山女ですね。今年は渓流デビューを目指します。
マナーとか教えてください。。
Commented by マスツリ at 2006-01-24 15:37 x
あーそう言えば、ウゴウゴにもちょっとだけ出てましたね。
よく覚えてるなぁ。

マナーの基本は自分がやられたら嫌なことをやらない、です。
ますねこさんなら大丈夫ですよ!
Commented by JIMO at 2006-01-24 20:41 x
 >渓流マナー
ほとんどどっちが先だ!的なことですよね。
自分は車を先に止めた者勝ちだと思っていますが、早くウェーダーを履き終えた者勝ちだと思っている人もいるので、その場合は特別ルールで彼の勝ちにしてあげています。(苦笑)
でも他の魚を釣っている人に出くわした場合はどうしてよいかわからないので、
そのまま引き返すか、ポイント壊さないようにを遠回りして近づいて先行して良いか聞くようにしています。
Commented by マスツリ at 2006-01-24 23:45 x
臆病な渓流魚相手の釣りでは、先行者に絶対の権利がありますからね。
以前、里川で釣ってたときに護岸の上から『この先入れてもらいますねー!!』と叫び声。見上げるとドタドタと走っていく釣り人。
…そうです。
その先には堰堤があったのです。
特別ルールをムリヤリ適用されてしまいました(笑)。
Commented by ねこます at 2006-01-26 18:06 x
マスツリさん JIMOさんありがとうございます。

渓流のマナーは先行者がいたら、違うところに行くルールなのですね。渓流の知識を貯えなくてはいけませんなぁ。。
Commented by マスツリ at 2006-01-26 19:32 x
最近ではルアーは移動が多いことが知られてきたのか
先行者の後ろでぽけーっと立ってると(無言のプレッシャーを与えながら)
先に行かせてくれることも多いです。
そんなときはなんとなくうれしくなります。

あとは…
挨拶。
川で会ったらコンニチワ。

釣り上がる。
基本は下流から上流に上っていく。
鮭のように。

入漁券を買う。ゴミを捨てない。小さい魚はリリース。
ああ!常識ばかりだ……こんなこと、なんで守れないやつがいるんだろ。
Commented by シロ at 2006-01-26 21:16 x
ほんとにっ!!
Commented by ねこます at 2006-01-27 22:01 x
人として基本的な事を守ればいいのですね。
渓流デビューこっそりがんばります。

ありがとう!!
<< それ、もしかするとトゥイッチ? トンビがくるりと。 >>