鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オールド・タックル。

9月5日 
11:00~14:00  曇
釣果 イワナ10匹くらい

オールドタックルに味があるのは分かる。
釣りにくくても、これで釣ってみたいという気持ちがそれだろう。

この日はそんな気分だったので、ミッチェルで洒落込もうと思ったら予備のラインがなかったので
我が家の最新鋭タックルで挑むことにした。
c0062039_9542859.jpg

リアル4が登場してずいぶん経ったみたいだけど、うちで一番新しいリールはエアリティ。
別にトーナメント系に執着があるわけじゃないんだけど、山岳渓流ではラインの収納機以上の働きを要求していないので、ついつい新しいものを買いそびれたままでここまで来てしまった。
ドラグもあるし、ハンドルも巻ける。まだまだ現役。
イグジストが奇抜なスタイルにモデルチェンジした現在、これも世間的には「オールド」と呼ばれるのだろうか。



c0062039_9545227.jpg

何せ久しぶりの渓流なものだから、気持ちがふわふわ落ち着かない。
足元もそぞろで落ち着かない。

標高の低い沢だからなのか、石という石が苔で覆われていてよく滑る。
後でこれが大変な事態を引き起こすことになるとは思わなかった……。
c0062039_9552898.jpg

一足早い秋の長雨で沢の水は増水中。
普段だったら細く頼りない流れも良い具合になっていて、これはもう期待せざるを得ない。
c0062039_9553739.jpg

ちょっとしたボサ下とか、開けた浅いプール。
餌釣りで狙いにくいところにルアーを投げ込めば、イワナが出てくる。
なかなかの大物なんかも釣れちゃったりするんだけど、写真撮影まで付き合ってくれるのは可愛らしい子。
もたもたと用意するカメラに「遅っそーい!!」と言ったとか、言わないとか。
c0062039_9555930.jpg

こんな倒木の下を狙いたいけど、うまくルアーが入らないので…。
c0062039_9561044.jpg

上流からフローティングミノーを流し込んでやれば、やっぱり可愛らしいイワナが飛びつく。

かなり上まで来たし、魚も十分に釣った。そろそろ戻ろう。
沢を下り始め、小滝に差し掛かった。
「あの辺りから降りようかな」視線を足元から外した瞬間だった。
降りてからのことを考えていて、視線だけでなく思考も空白だった。

もう何が起こったかも分からないくらいの勢いで転落した。
苔を踏んで滑ったのか、それとも浮き石だったのか。思い返しても分からない。
そのままゴロタ石に叩きつけられ全身を激しく打った。
起き上がるなんて、とんでもない。
痛みの次は、震えと悪寒が襲って来たので、身をよじって仰向けになるのが精一杯。

しばらくしてようやく息を吹き返し、体のチェック。
額は石でやられたようだ。
左手は小指が腫れ上がり曲げられない。
右手は手のひらをざっくりと切り、そこから血と共に茶色の粘液城の物体がはみ出ている。

何だこれ?
最初は体液が血と混ざってこんな色になったのかと思っていたが、しばらく引っ張っているうちに正体に気が付いた。
ヒルだ。
ヒルが傷口に潜り込んでいるんだ!

あわてて掻き出してみたものの、鳥肌が止まらない。
丹沢の鹿の足元には、ヒルが傷口を広げて何匹もその中で暮らしている「ヒル溜まり」があるらしい。
鹿も大変だなと、変なところで同情する。自分は片手が使えないまま、急勾配のこの沢を降りていかなければならないのに。

c0062039_9563061.jpg

後日、痛みが引かないので病院へ行ったところヒビがいってました。
全治6週間。
今季はこれで終了かな。

壊れやすくて、能書きが多い。
そのくせ実釣能力はたいしたことない。
何だ、一番のオールドタックルは自分じゃないか。


ヒットルアー Reconquista
[PR]

by masuturi | 2014-09-18 15:17 | 釣行記2014 | Comments(20)
Commented by シロ at 2014-09-18 21:52 x
 お大事に〜と言いつつも、最後の一行は笑っちゃったよ。

 そういう自分もちょっと前に丹沢某沢でおっきな岩に乗ったらそいつが転がって......大事には至らなかったけど、怖かったな〜

 自分の場合は年のせいでは全くなく、むしろ若気の至りだと思ってるけど(笑)

 幸い、命さえ残れば、ある程度のケガまではほっといたって自然に治るのが生き物なんだから、いくらオールド臭が漂い出して来たとしても道具とは根本的に違うよ。

なんて慰めはいらないよね〜

 来シーズンは夜露死苦!!
Commented by ルアーK at 2014-09-18 22:44 x
傷口に蛭・・、想像しただけでも鳥肌ものですね・・。

わたしは車をブツけて、修理費に鳥肌たちました(笑)
Commented by papachan at 2014-09-19 02:05 x
masuturiさん、こんばんは!
大丈夫ですか?
命あってのなんとやら、帰ってこられてよかったです。
お大事にしてください。
オールドタックルはいつまでも使えるからこそ、夢と感動を与え続けるのですから。
Commented by masuturi at 2014-09-19 02:21
>papachanさん
コメント修正させていただきました。
ギプス生活にもだんだん慣れてきたところです。怪我をした場所が指だったのは不幸中の幸いでした。足はもちろん、腕をやられていたら帰るのは大変だったろうと思います。
オフの間にメンテナンスを施して、いつまでも使えるように仕切り直しますね…。
Commented by masuturi at 2014-09-19 02:31
>シロさん
丹沢の浮き石(特に雨後!)は本当に怖いよね。
足元からも、頭上からも。
それに比べればかすり傷みたいなものだから、まぁ良かったかな。

ただギプス部分は風呂に入れないから、隙間から濃厚なオールド臭が漂いだしているのが問題なのです。
Commented by masuturi at 2014-09-19 02:39
>ルアーKくん
あれ?新車やっちゃった!?

ヒルの入っていた傷口は意外なことに治りがよく、他の傷よりも綺麗になりました。もしかしたらヒルの有効活用できるかも…まずはKくんでお試しを。
Commented by リンゴ at 2014-09-19 23:30 x
思わず「痛!」と声が出てしまいそうになりました。自然を相手にしているときは油断禁物ですね。お大事に。
Commented by taki at 2014-09-20 08:52 x
源流ブログに対して強い憧れを持っている若者が多いでしょ、今回彼らの神であるmasuturiさん(本人激しく否定、でもマジ)が身を持って注意を促してくれたような。あなただから帰還できたのだと思います。綺麗な奥様と天使のためにお気をつけて!
Commented by masuturi at 2014-09-21 09:40 x
>リンゴさん
当たり前の話だけど、石は体より硬いと改めて思いました。
痛かったけど致命傷じゃなくて良かったです。
Commented by masuturi at 2014-09-21 09:45 x
>takiさん
死んでしまって本当の神さまにならずに済んだのは幸いでした。
渓流釣りを始めて25年。熊に出会っても滝壺に飛び込んでも怪我しなかったのに、数ヶ月ぶりに行ったら骨折なんて、人生ってこんなものなのかもしれませんね。
もうちょっと人生を続けるためにも、慎重にいきます!
Commented by TABO at 2014-09-21 14:04 x
良かった~本当に良かった(>_<)
masuturiさんですらこういう事になる事も有るのだから、注意して臨みます。
ヒルにしたらパラダイス状態だったのでしょうね。
Commented by 相模の釣師 at 2014-09-21 15:15 x
痛々しいですね・・・ちょっとした油断が事故を招く
明日は我が身と自分自身も気を引き締める事にします。
早く骨くっつけて下さい・・・・小菅イベントも楽しみにしてるんだから♪
Commented by mabo6483 at 2014-09-21 23:04
こんばんは
  なんだか大変な目にあってたんですね・・・小指の怪我の原因がこんな内容だったとは・・・(汗)
久しぶりの山への訪問で山の神様の機嫌が悪かったんでしょう
やはり、masuturiさんは頻繁に山に修行しに行かなきゃダメってことですね(笑)
なにはともあれ無事生還でなによりです。 
来季はお互い怪我なく楽しみたいですね
Commented by masuturi at 2014-09-22 09:12
>TABOさん
TABOさんのイメージの中の私は、まだ中年と呼ぶにはいささか躊躇われる様子だと思います。が、現実は厳しく!あのころより体重は10キロ増!!
もう少し体を動かすようにします…。

傷口にヒルが潜り込むと治りが早いです。
オススメです(笑)。
そう言えば傷口をウジに食べさせる治療法ありますよね……。
Commented by masuturi at 2014-09-22 09:16
>相模の釣師さん
素敵なヘルメットもかぶったほうがいいのかなと、額を打って思いました。たいして使ってないくせに、頭は打つと不安になりますね。

今回は、小菅のイベントと別にやるのかな。そろそろ詳細が発表できると思います。
Commented by masuturi at 2014-09-22 09:29
>まささん
我が家の荒ぶる女神様は、釣りに行かないので機嫌がよいのですが…(笑)。
転んだときに咄嗟に対応できなかったのは、久しぶりの釣りでの疲労も影響あったと思います。怪我なくするためにも最低限のトレーニングは大切だなと痛感しました。
Commented by てぃも山 at 2014-09-22 10:48 x
大丈夫でしょうか?
私も転倒やらと常に隣り合わせで冷や冷やさせられています。

私のタックルに投入されているレコンキスタはご存じの某支流では大活躍です。
機会がありましたら他のカラーを購入させてください。

怪我をされはしたようですが大事に至らず何よりです。
お大事になさってください。
Commented by masuturi at 2014-09-24 09:33 x
>てぃも山さん
ご心配いただきありがとうございます。
ギプスに慣れた今は、子どもから臭いと言われる以外はそれほどの支障もなく生活しています。

今年は久しぶりに支流に行こうと思っていたのですが、それもかなわなくなりました。代わりと言っては何ですが、レコンキスタ連れてってください~。
そうそう11月末に展示会をやる予定です。都内開催なのですが、お時間がありましたらお出でください。魅惑的なミノー(私のじゃな
い)がそろってますよ~。
Commented by てぃも山 at 2014-09-24 19:11 x
了解いたしました。
レコンキスタ連れて行きます!

ギブスって臭いですよね。すいません。
展示会、都内への用事をそこに合わせられればと模索中です。
Commented by masuturi at 2014-09-25 09:42 x
でもその臭いが自分にだけは不思議と落ち着くんですよ(笑)。
もうすぐお別れかと思うとちょっと寂しい……。

そうそう希望のカラーがあったら教えてくださいね。普通じゃないやつでもいいですよ(笑)。
<< Photo gallery 8 Photo gallery 7 >>