鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

オールド・タックル。

9月5日 
11:00~14:00  曇
釣果 イワナ10匹くらい

オールドタックルに味があるのは分かる。
釣りにくくても、これで釣ってみたいという気持ちがそれだろう。

この日はそんな気分だったので、ミッチェルで洒落込もうと思ったら予備のラインがなかったので
我が家の最新鋭タックルで挑むことにした。
c0062039_9542859.jpg

リアル4が登場してずいぶん経ったみたいだけど、うちで一番新しいリールはエアリティ。
別にトーナメント系に執着があるわけじゃないんだけど、山岳渓流ではラインの収納機以上の働きを要求していないので、ついつい新しいものを買いそびれたままでここまで来てしまった。
ドラグもあるし、ハンドルも巻ける。まだまだ現役。
イグジストが奇抜なスタイルにモデルチェンジした現在、これも世間的には「オールド」と呼ばれるのだろうか。



c0062039_9545227.jpg

何せ久しぶりの渓流なものだから、気持ちがふわふわ落ち着かない。
足元もそぞろで落ち着かない。

標高の低い沢だからなのか、石という石が苔で覆われていてよく滑る。
後でこれが大変な事態を引き起こすことになるとは思わなかった……。
c0062039_9552898.jpg

一足早い秋の長雨で沢の水は増水中。
普段だったら細く頼りない流れも良い具合になっていて、これはもう期待せざるを得ない。
c0062039_9553739.jpg

ちょっとしたボサ下とか、開けた浅いプール。
餌釣りで狙いにくいところにルアーを投げ込めば、イワナが出てくる。
なかなかの大物なんかも釣れちゃったりするんだけど、写真撮影まで付き合ってくれるのは可愛らしい子。
もたもたと用意するカメラに「遅っそーい!!」と言ったとか、言わないとか。
c0062039_9555930.jpg

こんな倒木の下を狙いたいけど、うまくルアーが入らないので…。
c0062039_9561044.jpg

上流からフローティングミノーを流し込んでやれば、やっぱり可愛らしいイワナが飛びつく。

かなり上まで来たし、魚も十分に釣った。そろそろ戻ろう。
沢を下り始め、小滝に差し掛かった。
「あの辺りから降りようかな」視線を足元から外した瞬間だった。
降りてからのことを考えていて、視線だけでなく思考も空白だった。

もう何が起こったかも分からないくらいの勢いで転落した。
苔を踏んで滑ったのか、それとも浮き石だったのか。思い返しても分からない。
そのままゴロタ石に叩きつけられ全身を激しく打った。
起き上がるなんて、とんでもない。
痛みの次は、震えと悪寒が襲って来たので、身をよじって仰向けになるのが精一杯。

しばらくしてようやく息を吹き返し、体のチェック。
額は石でやられたようだ。
左手は小指が腫れ上がり曲げられない。
右手は手のひらをざっくりと切り、そこから血と共に茶色の粘液城の物体がはみ出ている。

何だこれ?
最初は体液が血と混ざってこんな色になったのかと思っていたが、しばらく引っ張っているうちに正体に気が付いた。
ヒルだ。
ヒルが傷口に潜り込んでいるんだ!

あわてて掻き出してみたものの、鳥肌が止まらない。
丹沢の鹿の足元には、ヒルが傷口を広げて何匹もその中で暮らしている「ヒル溜まり」があるらしい。
鹿も大変だなと、変なところで同情する。自分は片手が使えないまま、急勾配のこの沢を降りていかなければならないのに。

c0062039_9563061.jpg

後日、痛みが引かないので病院へ行ったところヒビがいってました。
全治6週間。
今季はこれで終了かな。

壊れやすくて、能書きが多い。
そのくせ実釣能力はたいしたことない。
何だ、一番のオールドタックルは自分じゃないか。


ヒットルアー Reconquista
[PR]

by masuturi | 2014-09-18 15:17 | 釣行記2014
<< Photo gallery 8 Photo gallery 7 >>