鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Photo gallery 4

埼玉にお住まいのNさんより釣果報告いただきました。
c0062039_2042448.jpg

激戦区の河川での山女魚、おめでとうございます。
小さな川にもかかわらず4台も車が停まっていたとは、これはまたスゴイですね。自分だったら心が折れて撤退確実です…。

写真も山女魚のヒレがすっと立っているのがいいですね。撮影に時間をかけると山女魚はすぐにヒレが寝ちゃって、そうなると写真の生命感は落ちるし、山女魚だって可哀相ですからね。
短時間で構図を決めてぴしっと撮るのも、釣りの腕前の一部だと思います。
c0062039_21494914.jpg

そしてタックルと一緒の写真がかっこいい~!
ちょっとミノーだけ見劣りしちゃうくらいのリール(2501cと言うらしいです)とロッドですね。
このベイトタックルで2gのミノーを投げるのは大変だろうなぁ。
Nさん、ありがとうございました。
[PR]

by masuturi | 2014-05-17 21:53 | Photo gallery | Comments(12)
Commented by N at 2014-05-18 14:52 x
Masuturiさん、掲載ありがとうございます。
小さな魚ですみません。
また、写真やタックルをほめてもらって、とてもうれしいです。
これからバンバン、レコンキスタに活躍してもらいます!
Commented by かぶお at 2014-05-19 23:49 x
多くの方に使って貰えてますね。
フィードバックして進化したレコンキスタに期待です(大きなプレッシャー (笑))
Commented by masuturi at 2014-05-20 07:43 x
>Nさん
お写真ありがとうございました。
釣れる魚の大きさなんて人知を超えたところにあるのですから、お気になさらず。
それよりも文中に書かせてもらったとおり、写真をきれいに撮ってもらったことがうれしかったですよ~。しかも超シブいタックルと同席なんて緊張しちゃいます(笑)。

これから暑くなるにつれてミノーへの反応が良くなると思います。もうしばらくお付き合いくださいませ。
Commented by masuturi at 2014-05-20 07:53 x
>かぶおさん
ご購入いただいただけでなく、しっかりと使って釣果をあげてもらっているのは制作者冥利につきるってもんです。
自分では山岳渓流で使いたい要素を詰め込んだつもりだったのですが、果たしてそれは本当なのだろうか、自分の思い過ごしじゃないだろうかと疑いの日々でもあったので、それをくみ取っていただいてるのはすごくうれしいです。

関係ないけど「かぶおさん」と入力しようとしたら、「かぶおっさん」になってしまい、嗚呼年を取ったなー……と寂しくなりました(笑)。非道いですね。
Commented by まさ at 2014-05-20 22:06 x
ベイトタックルってかっこいいですねぇ~♪
 扱いが難しそうなイメージですけど・・・どうなんでしょ?
そしてレコンキスタもまた美しい~
 いい写真ですね。   
Commented by N at 2014-05-20 23:30 x
>masuturiさん
ありがとうございます。こちらこそ、お付き合いいただくき、いくつもの魚を呼んでもらう予定です。

>まささん
おほめいただき、ありがとうございます。
ベイトはスピニングより距離の調整は容易だと思います。
スピニングは人差し指でフェザリングしてキャスト距離を調整すると思いますが、ベイトはそもそも親指でサミングするのが前提なので入り込んでしまえば、扱いやすいと思いますよ。
Commented by masuturi at 2014-05-23 11:07 x
>まささん
最近流行(?)のベイトフィネスと違って、このゴツいタックルは難しそうですよね~。こいつでたった2gのミノーをキャストしてしまうってスゴイですね!(Nさんは「扱いやすい」なんて仰ってるけど)
Commented by masuturi at 2014-05-23 11:15 x
>Nさん
我々スピニング派にはやっぱり未知の領域ですよ~。
同じ事を友人に言われ、タックルを借りてみたのですが感想は「ゴツっ!重っ!そして飛ばない!」でした。
タイミングが難しすぎて、ルアーはたいして飛ばずに、そうこうしているうちにバックラッシュしてしまうという何とも情けない結末でしたよー。
Commented by N at 2014-05-23 17:41 x
>masuturiさん
わたしのタックル、たしかに軽やかな感じはしないですね・・・
でも、中身はそれなりにいじったりしていて、実はひつじの皮を
かぶったオオカミ的なところもあったり、なかったり。
所詮、アマチュアの楽しみですから、好きなように好きなタックルや
好きなルアーで遊ばせもらっています。
もちろん、釣れないより、釣れた方がいいですけど!
Commented by masuturi at 2014-05-28 07:44 x
見た目はオールドでも中身はチューンって、それぞれの良いとこ取りされているんですね。それは快適に遊べそう(もちろん使いこなす腕があってのことでしょうが)ですね。

渓流釣りってどんなに頑張っても1mもある魚が釣れるなんて事は決してないし、一日30匹も釣れば十分すぎて飽きてしまうので、釣果に走るとすぐに行き詰まってしまいます。
そんなときに活路を見いだしてくれるのが、何でどうやって釣るのかという、ある種ジコマンゾクの世界だと思うんですよ。当方のジコマンゾクの固まりが、Nさんの釣りに花を添えてくれるとうれしい限りです。
Commented by sora at 2014-06-12 12:29 x
カッコイイ〜!
タックルも、レコも!(´ー`)
Commented by masuturi at 2014-06-15 23:09
>soraさん
開高を彷彿させるタックルは文句なしに格好良いのですが、さすがに隣に並んでしまうと見劣りが……。自分では結構いい感じになってきたかなーと思ってたんだけど、「本物」の前にはまだまだでした…Oh!。
<< Photo gallery 5 Photo gallery 3 >>