鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

夏と旅 その2

8月13日 
6:00~18:00 晴
釣果 イワナ 年の数くらい


うーん、どうにも体が重い。
年のせいなのか、窮屈に体を折り曲げて車の中で寝ても、疲れが全然取れない。
おまけに偏頭痛。
昨日はたいして釣れなかったし、頭は痛いしで、ああこんなところまで来るんじゃなかったなーと望郷の念にかられる。今ごろ我が子はどうしているだろう(寝てます)。

一向に気は進まないまま、まぁせっかく来たんだし川の様子だけでも見てみるかと車を走らせる。
ガタガタとダートを越えて、さらに歩いて行けば
こんな水の流れ!
c0062039_0342113.jpg




これを見て気持ちが奮い立たなけりゃ釣り人じゃない。
さらに近くによってみると、この透明度!!
c0062039_0492998.jpg

もうなんだか、これだけで嬉しくなってしまう。

しかしこの透明度は岩魚たちの警戒心も強くしているようで、減水と相まってなかなかルアーに反応しない。
岩陰にこっそりと隠れて様子をうかがっているので、その岩にこすりつけるくらい近くでルアーを動かすと電光石火で食いついてくる。
c0062039_2123509.jpg



釣れる岩魚は白い斑点が残るハイブリッドが多いけど、背中の青さは輝いているかのよう。
c0062039_2124502.jpg

気持ち良く晴れた長野の空と、どこまでも澄んだ水の色が生んだ青い岩魚。
そして差し色のオレンジがよく映える。
こんなのがポイントごとに控えているのだ。

ヤマトイワナのDNAがそうさせるのか、日当たりの良いプールに出てぼ~っとしているようなお人好し(魚好し?)はいない。水際から2歩も3歩も下がって半分河畔林の中に体を潜めても、気配を感じているのかまだ出てこない。
大岩の作り出すプールがあればその下に回り込んで、水面の見えない大岩の下から竿だけ出して、勘でルアーを動かしていく。
または大きく回り込んで、二つくらい上の落ち込みから顔だけ出して、10mくらい下の水面でルアーを踊らせる。
ここまでやるとさすがに岩魚も出てくるんだけど、もう一つ難点があって、それは沢の流れがとても強いのだ。
軽いミノーはあっという間に流されちゃうので、重めのミノーをっとワレットの中を探すんだけど、肝心のそれが無い。普段は水の少ない丹沢で何一つ不自由のなかった自作ミノーも、今日はもう少しだけ重さが欲しくなる。

ザンマイやくらちゃんミノーといったMDタイプのミノーで水を噛ませて、少しでも流れの中で滞空時間を作り出す。これでほんのちょっとだけ岩魚がルアーを捕らえるタイミングが作りやすくなった。

……ああっ!出てくるだけで、鼻先のところでルアーを見切る魚たちに翻弄されて、つい力んで投げてしまった。朝から何度も岩に打ち付けられたリップは、次々に限界を超えて脱落していく。
だけどこの貴重な犠牲のおかげで、荒れ川で有名なこの沢の流れが少しだけ理解できたかも。
表層を泳ぐ自作ミノーでも釣れ始めた。
c0062039_2205560.jpg

これはかなり純血っぽい(甘い?)。
c0062039_058573.jpg

これは青さが海のサバみたい。
c0062039_21242581.jpg

たまにはスプーンで。

こんな感じで良く釣れるんだけど、大半の岩魚は写真撮影を許さないで帰って行く。
荒れ川で育った岩魚は全身が筋肉でパンパンに張っていて、釣り上げてからも普通の岩魚のように「早く撮影すませちゃって~」とは堪忍してくれないのだ。
いつまでもバチャバチャと暴れている。

バーブレスフックには、この足元でのバチャバチャが最も苦手な状況となる。
釣れた!
 ↓
カメラ、カメラ…(バチャバチャ)
 ↓
あれ?もういない!
撮影場所も限られるので、この繰り返しばっかり。
今日だけはネットを持ってくれば良かった~と心底悔やむことになった。

おまけに岩魚がヒットしたときも引きが強いので、これは尺岩魚だろ!と勘違いさせてくれることばっかり。
釣り上げてみると期待していたより確実に二回りは小ぶりなサイズ。
だけども水に磨かれた青い魚体は、唯々美しい。


いつの間にか頭痛は消し飛んでいる。
重たかった体も、岩から岩へ軽々と飛び移っていけるようになった。
この景色で、この水の中で一日過ごす。
なんだ、遠くまで来て良かったんじゃない。
c0062039_212414.jpg


ヒットルアー  いろいろ
c0062039_4292623.jpg

(こんなに、やらかしてしまった)
[PR]

by masuturi | 2013-08-27 03:57 | 釣行記2013 | Comments(22)
Commented by 相模の釣師 at 2013-08-27 07:51 x
MASUTURIさんには珍しく、こんなにリップを折っていたんですね
遠距離からのキャストで仕方なかったんですね
我々は前日の釣果からくる余裕ってやつで普段の距離から
キャストしたせいで二日目はイマイチでしたよ~

HWのTAKIミノーが欲しくなった場所でもありましたね

その3気になりますね(笑)
Commented by シロ at 2013-08-27 18:49 x
ウチにカミさんとタメってことは.....
24匹!スッゲー!!

えっと、イイネ!のボタン何処だ??
でも、意外と苦心してるんだなー
見習わなきゃなー

Commented by papachan at 2013-08-27 19:56 x
masuturiさん、こんばんは!
いい夏を過ごしてますね~。
あの白っぽいヤマト(もどき?)が釣れるところといったら…、たぶんあそこだろうな。
ちくしょー、行きてなぁ。
Commented by ルアーK at 2013-08-27 20:53 x
自分のレベルで釣れる魚が釣れればいいかな・・なんて思ってましたが、やっぱりそれが多いほうがいいかな。なんて、masuturiさんを見ていたら思った夏でした(笑)
遠征中は、『子供』と会いたくてホームシックになりますね~(も・・もちろんかみさんもですよ。汗)
Commented by かぶお at 2013-08-27 23:29 x
美白なベッピンさんですねぇ。
夏の過ち起こさないよーに(笑)
Commented by masuturi at 2013-08-28 02:50
>相模の釣師さん。
他にも一番気に入ってたミノー(前にちょっとだけ使ってもらったヤツ)もロストしたし、ワレットの中がどんどん寂しくなる日でした。
水が透明でオープンな場所が多いから、結構厳しいですよね、こういう川。のべ竿で釣ったらもっと大変なんだろうな。

そう言えばtakiさんの激重ミノーはどうなったのかな?
Commented by masuturi at 2013-08-28 03:02
>シロさん。
っげ、現実を見よう……。20代は遙か遠く……もう…戻ってこな…。涙でディスプレイが見えません。

意外と気を使ってるでしょ。
でもルアーだからできるやり方だよね。テンカラでやろうと思ったら石や木になりきる覚悟でのぞまないと。
Commented by masuturi at 2013-08-28 03:07
>papachanさん。
なんだか世の中には出発前夜に釣行が取りやめになった人もいるらしいから、掲載どうしようかな~なんて躊躇したんですけどね。
papachanさんが出かけたら、こんな感じだったんだろうなー。
岩魚だらけだったんだろうなー(masuturi節)。
Commented by masuturi at 2013-08-28 03:15
>ルアーKくん。
釣果至上主義じゃないけど、魚釣りに来てるんだから、魚は釣れた方が面白いよね。
「この景色の中でキャストができる……それだけで満足した私はパイプをくゆらせた」なんてのはフライマンのために取っておいてあげましょ(笑)

そう言えば子どもの顔は何度も浮かんだけど、嫁さんの顔はついぞ一回も浮かばなかったなー……あれ?
Commented by masuturi at 2013-08-28 03:17
>かぶおさん。
普段見ることのない、真っ白な岩魚でした。
もう一泊追加して……なんて過ちを犯しそうになったけど、振り切って帰ってきましたよー。
Commented by taki at 2013-08-28 12:29 x
きったないイワナも惚れ惚れするけどブリーチ(古)したようなイワナもそそられますね。
Commented by masuturi at 2013-08-28 21:02
>takiさん。
ここまで白いのは丹沢では見かけませんからね。新鮮でした。
長野辺りだとまだ中学生なんかはブリーチ使うのかな(偏見)。
Commented by まさ at 2013-08-28 22:16 x
こりゃ頭の痛さも身体の重さも消えますよ。。。キレイすぎです
 そして尻上りに釣果も・・・
ヤマトイワナ・・・純血、混血いろいろいわれますが俺はまったくわかりません(汗)  でもこんなキレイな渓相でこんなキレイなイワナが釣れてくれれば幸せですねっ しかも、ハイプレッシャーの中で。。。いいなぁ・・・
Commented by 相模の釣師 at 2013-08-29 09:59 x
ブリーチ・・・?オキシドールじゃない?
へたすりゃビールだったり(笑)

昭和の話です
Commented by TABO at 2013-08-29 19:03 x
私もmasuturiさんのようにフィールドで色々工夫できればも少しつれるようになるんだだろなー
でもどこをどう工夫していいのかがわからないからどっちにしても無理か(笑)
それにしても水もイワナも綺麗です!!
Commented by masuturi at 2013-08-31 02:02
>まささん。
そうなんですよ、行く前はヤマトが良いなーハイブリッドはちょっとなーなんて思ってたのですが、実際釣りしてみるとどの岩魚も可愛らしくて、心が洗われるようでした。
ちなみに釣果の尻上がりは、これで打ち止めです(笑)。
Commented by masuturi at 2013-08-31 02:03
>相模の釣師さん。
あれ?東京ではブリーチって言ってたよ。
お前、どこ中だよ~。
Commented by masuturi at 2013-08-31 02:08
>TABOさん。
でも自分の工夫も適当にやってるだけですよー。しかもそれが合ってるのかどうか、結局の所は分からないし。
今回は綺麗な水の綺麗な岩魚が釣れたんで良しとしましょうか。
Commented by リンゴ at 2013-09-03 20:38 x
こんなに青い岩魚は、初めて見ました!
実際は、さらにきれいな青い岩魚なんでしょうね。釣れる場所ばかり求めてしまいますが、こういうテクニックを駆使して釣り上がる場所をそのうち挑んでみたいなあ
Commented by くらちゃん at 2013-09-06 12:03 x
年の数って!、すご過ぎ。
リップ了解です。
なかなかタイミング合わず同行できないので修理遅れちゃいますが、お好みあれば、前回比で大きめ、小さめたまわります(笑)
次回はミノーだけじゃなく僕も連れてってくださ~い。
Commented by masuturi at 2013-09-09 07:42
>リンゴさん。
普段は日も差さないようなところばっかなので、こんなに青いのは自分も初めてでした。いやー、実にきれい。まだまだ奥があったので、早くも来年が楽しみです。
Commented by masuturi at 2013-09-09 07:45
>くらちゃん。
ん?シロさんも言っているように24匹だから、まぁまぁってぐらいじゃない。いやー自分の若さがうらめしいわ。

長野は行くと楽園だけど、行くまでがめんどくさいです…。
<< 夏と旅 その3 夏と旅 その1 >>