鱒釣日記


ルアーで鱒を釣ってしまう日々。
by masuturi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏と旅 その1

8月12日 
14:00~19:00  晴
釣果 イワナ2匹


夏である。
それも暑い夏だ。
c0062039_10413394.jpg

お盆に嫁さんと子どもが田舎に帰るという僥倖が訪れたので、ちょっと遠くまで行こう。
ふと、思い立った。
暑いし、岩魚がいいな。
涼しくて水が綺麗なところ…そんな場所に2、3日泊まり込んで岩魚を釣ろう。
久しぶりの車中泊の用意に戸惑いながらも、西へ向けて旅立った。



人気の蕎麦屋で2時間待ちを経験して、今日はもう遠くまで行けなそう。
長野当たりまで行きたかったけれど、急遽山梨の沢を初日の釣り場にする。
名水百選になっているらしくて、水が綺麗だったらそれでいいか。

ところが現地についてビックリ!
なんと一大観光地でした。
連日40度を超える気温の猛暑から逃れるかのように、川のあちこちには観光客の姿。
碧に輝く淵には水着の子ども達。
すげー楽しそう。

ちょっと場違いな思いも感じつつ、そそくさと身支度を調えて
山道から水遊びの少なそうな上流部へ向かう。
c0062039_10531145.jpg

山道から川を見下ろして、ちょっと不安になってくる。
確かに水は綺麗だけど、砂で埋もれていて餌はあるのかな?
それにこういう砂地に住む岩魚は、警戒心がすごいぞ、と。

悪いことに予感は的中。
大きな岩と落ち込みがテンポ良く続いていく、なかなかの渓相なのに
岩魚は一向に出てこない。
釣り人の足跡は砂地の上にくっきりといくつも残っているのに。

こんなときは絶対的な信頼をよせるルアーでいこう。くらちゃんミノーの出番だ。
その小粒なボディと言い、動きの安定性と言い、これじゃ釣れ過ぎちゃって「禁じ手」として普段は封印しているくらいのミノーなのだ。

ホラ、やっぱり釣れた!
小さいけれど綺麗な岩魚だ。

でも今まで魚影も見かけなかったと言うのに、こんなにあっさりと釣れてしまっては、これじゃ餌と一緒じゃねーか!と謎の憤りを発して、自作ミノーに付け替える。
うん、とたんに魚は遠のいた。
c0062039_17303914.jpg

プールには期待できないので、ひたすら岩陰へ岩陰へとミノーを投げ込んでいく。
せっかくの遠征なのに、なんでこんな修行のようなことをやってるんだろ。
普段行ってる丹沢だってもう少し優しい釣り場だ。

いい加減この川に見切りをつけようかと思ったところで、岩陰からぬっと唐突に現れた。
真っ白な砂の上に、一陣の黒い矢が走る。
そして水中で止めておいたミノーに、その矢が追いついた。
c0062039_10534326.jpg

岩魚を見たときは尺を超えているんじゃないかと期待したけど、残念ながらわずかに届かず。
頭の大きさの割に痩せているので、餌となる虫は少ないのかな。

これで勇気づけられて、さらに上流まで進んでみたけど
やっぱりさっきのはマグレだったみたい。
結局川を歩いただけでこの日は終わった。
きっとこんな川はみんなでやって来て、わいわい泳ぐのが正しい遊び方なんだろうな。


ヒットルアー  Reconquista  くらちゃんミノー
[PR]

by masuturi | 2013-08-22 19:13 | 釣行記2013
<< 夏と旅 その2 俺はルアーをやめるぞ!ジョジョ... >>